« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の2件の記事

2007年4月28日 (土)

27日(金曜日)の日記 四ツ谷Diamond Clubと

なんだか気の抜けたような新宿の写真ですねぇ。

001_2 昼間、新宿にて5月のライブの打ち合わせ。

 以前からひそかに「やってみたいな」と思いつつ、頭の中に浮かばせたままにしていた曲があったんだけど、今日「やりませんか?」って提案されて、びっくりどっきり。もちろん「やります」って即答しました。

思いがけないこと。うれしなー☆ がんばろう。ますます楽しみです。

5月29日(火曜日)本郷三丁目 Gout(グー) http://jazz-gout.hp.infoseek.co.jp/ 19:30~ 3stage
渡邊恭一とザ・スインガーズ
渡邊恭一(Tenor Sax.Cl)
熊田千穂(Vocal)
吉原 聡 (Guitar)
小林航太郎(Bass)
田村陽介(Drums)

打ち合わせ後、Book 1stに寄り道。

一年半位まえに立ち読みした本の事を、ここ10日くらいやたら思い出す。「う~。なぜだ??」と思ってたんだけど、もう買っちゃう事にした。きっと欲しかったんでしょう。1年半位まえから。 

ボサノヴァについて書いてある、小さい本です。

003_4 

変わってこれは一昨日の写真。

忘れっぽいので、左手のここんとこがいつもメモ帳です。

Dreams   Music   Confessin'

て、書いてある。全部ばらばらに書いたのに、まとめて見てみるとなんか詩的じゃなぁい?と思って。 撮ったよー。

夜。四ツ谷3丁目にある

Diamond Clubhttp://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/5315/dc.htmlにてライブ。

Diamond Clubって名前だと「会員制?」なんて聞かれるんだけど、そんなことないです。すごく雰囲気のいい、ちいさなピアノバーです。 

今夜のピアニストは大森史子先生。 私が4年間、歌を教えて頂いた先生なのです。

基本的にはピアノとボーカルなのですが、信太郎くんが飛び入り。一度顔を出して以来、お店の方にも気に入ってもらえたようで最近私が出演する日はほぼ毎回信太郎くんが飛び入りしています。

今日もとても、勉強になった。

004_2

010_2

008_12

002_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

デュライトメイ Live at 銀座テーラースタジオ4/20(金)

4月20日(金)は銀座テーラースタジオにてライブでした。

前回3月に出演させて頂いた時もたくさんのお客様に入っていただきとても嬉しかったのですが、今回は前回を上回る密度で、ステージに立ったとたんに空気に圧倒され。。。。ました。

 「聞く体勢」ができている人たちの前に立つという事と、「聞く気はなくそこにいる」人たちの前で歌うという事、「同じだよ」という意見のほうが多いでしょうし、私もそう思います。

 でも、やっぱり違う(笑)

Duwrite Mayの活動的に、今その違いを一番強く感じる時期にいるのでしょう。舞台装置のように背景になる事と、真ん中に立つことの違い。どんなに小さな舞台でも最初から真ん中に立つことを信条にして活動していたなら、違う感覚・違う見方が養われたのかも。

でも、Duwrite Mayのゆっくりした進み方がきらいじゃないのです。

私自信はすごくせっかちな性格なんだけどなぁ。008_5

入り口に貼ってあるポスター。

テーラーの方がくださったので帰りにもらってきました。 

なんつって今回けっこうあばれましたDuwrite May。「スタンダードジャズな感じで」というオファーに反則しまくって、POPS/AOR/昭和の名曲/オールディーズ/怒られるの覚悟でしたが今のところは、まだ怒られてません(笑)

  「銀座テーラーにて販売している[Aramis]という香水にインスパイアされた曲を最後に1曲」というオファーがあり、I wish you love を選びました。

私にとって「香り」=「記憶」です。

[Aramis]は大人の男の人の香りでした。若い男の子にはまだ無理よって感じの。

MCでも話したんだけど、私の父は木材工芸の作家で、いつも作業着を着ていてスーツなんて礼服以外持っていないしもちろん香水なんてつけたこともないと思います。

 (だから私は男の人がスーツ着てるとかっこよく見えてしまう、スーツ姿に弱いって話をしたら女性陣がうんうんうなずいてくれました。やっぱそうだよねー?)

でももし父が香水をつけていて、私が子供のころからその香りを知っていたら、大人になって外にでてその香りと同じあるいは似た香りの人に出会った時、頭の中で父を思い出すより先に嗅覚から起こる体の感覚で「懐かしい」と感じてその人に親しみを持つでしょう。

 香りってそのくらい強いもの。そんなイメージです。

四季の移ろいのすべてにあなたを思いだすよ

あなたがさびしくありませんように、あなたの許に愛がありますように

降り始める白い雪を見たならきっととくべつに強くおもうでしょう

あなたがさびしくありませんように、あなたの許に愛がありますように

もう一緒にはいられなくても

そんな曲です。007_9

ご来場いただきました皆様、

ほんとうにどうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »