« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の4件の記事

2008年11月21日 (金)

BOMBON観て思フ。

Photo
Photo_2











気になってたので観ました。
やっとDVDプレーヤー買ったんです。ドンキで。PCでDVD観るのはもうイヤ~

仕事をしながらもすごい量の本を読み、映画を観、美術展等をまわる(そしてそれらのレビューをちゃんと残す!!!)みずゑさんのレビューにはすでにかなり前に登場してたね。この映画。


  dog父親の好みのおかげで、実家で今まで飼った犬はすべて猟犬だった私には、ボンボン(犬)もココ(おじさん)もまったく他人に思えなくて。
庭続きのとなりんちの事のように感じました。

そのせいもあってか
「ほんわかムービー」
「ココロあたたまる映画が南米から生まれた!」
「大人の寓話」
的なキャッチがなに一つピンと来ず。
(ていうかこれそういうのウリにしてる作品なんだろうかほんとに?)


searchアルゼンチンの南部パタゴニアの真っ青な空と乾いた土の上に描かれた物語は、日本人の私にとって超リアルでした。



む~~~~~~~despair
たぶんだけど、内容と宣伝がちょっとずれてるんじゃないかなって思います。



DVDのおまけに世界版の予告編と日本版の予告編が入っていたので両方見たんだけど、そのあまりの違いに驚いたeye


libra同じ映画なのに、予告編に使っているカットが90パーセントくらい違う!!!

日本版は
「ユーモラスな犬とツイてないかわいいおじさんが巻き起こす奇跡のストーリーpresent
ココロあたたまり、感動すること受けあいっheart01
てな感じの、女の子が好きそうなおしゃれ映画って感じ。


私も映画館でこの予告編を見て興味持ったんだけど、実際の作品を観たら
予告のイメージと全然違いました。


世界版は
(ナレーションがポルトガル語なのでわかんないとこ多いけど)
選んでる映像やその組み合わせ方は、正確に内容を伝えてると思った。
派手な話じゃないから、予告つくるの難しいだろうけど
でも「人間の大人のじっくりしたドラマ」だって伝えてると。
おなじことの繰り返しみたいに1センチ1センチ進む毎日が人生で、その中に時に何かドラマが起きても、それをも含んでもっと大きく流れていくのが生きるってことだって。








主人公のココは「ツイてないおじさん」なんかでは決してなくて。
こういう風に生きてる人いっぱいいるけどなぁ。。
ボンボンみたいな犬も、普通だよ。すばらしい犬。



ココ役のおじさんの顔というか表情があまりにいいんで
 「こういう顔を持った役者いるんだなぁ、よく見つけるなぁ」
と思ったら、実際にガレージで20年働いている素人さんなんだって。
(映画の中では20年勤めたガソリンスタンドを失業した設定)
リアリティを追求するため、監督がさがしたんだって。






うーん。taurustaurustaurus
ここまで予告が違うとちょっと驚いてしまうのでした。
きっと意図的なんだろうけど、私は世界版の予告見てもきっとこの映画に興味持ったなぁと思います。


いい映画だったよ。car
南米から入ってくる映画って、人間ドラマのいいやつが結構あるって印象があります。
知ってる役者が一人も出てこない映画って、なんでか安心したりします


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

アフターアワーズ&お客さんTJF

 楽しんじゃった記録日記ですdelicious

 新宿TJFといえば、3丁目の交差店にあるスターバックスなんです。私にとって。
TJFの度にHUB浅草のビラ配りしてたころからの思い出の場所。
若松店長と私の大事なポイントなんです。


その証拠に、二日目、ダークチェリーモカを頼んで待っていたら、スタバ前を店長が店内を覗きながら通りかかりました(笑)
「熊ちゃんいるかと思って」って、約束もしていないのにすごいよね。
うれしかったなぁcat

Photo_5

 













新宿TJF、出演時間以外はもちろんお客さんになって各会場をめぐってライブを聴き放題なわけで(o^-^o)
行きたいライブが同時に2箇所で行われてたりすると、もう仕方ないので半分聴いて移動とか、私も3丁目をずっとぱたぱた動いていました。

Photo_4

これは、出演者がつけているシール。
これがパスになって、どの会場にも出入りできます。


CATって、ジャズミュージシャンのことを表すスラングなんだって。
去年聞きました。
なんかかっこいいよね。(以前日記にも書いたけど、私猫系の人にあこがれがあるもんで・・・密かに超うれしいっすcatface










ああ・・書き上げたらきりがないんですが・・・
古川奈都子さん、右近茂さん、五十嵐明要さん、田辺信男さん、池野成秋さん、小林創さん、高橋伸寿さん、野毛陽子さん、、、、、、、、、、、、、、、、、書ききれない!!!!とにかく沢山の方の演奏を今年も聴きました。名前だけは知っていたけれど、演奏は始めて聴くとか、数年ぶりに聴ける方とか、TJFの時しか聴けないとか、TJFはほんとにありがたいイベントなのです。




今回、カメラ持ち歩いていたんですが、ほとんど写真なんて撮らずに聴いてばかりいました。
Photo_6 終わりのほうにはっと思って撮った一枚。

テナーサックスジャム at ピットイン
満員!

 







終了後は新宿2丁目九州男(くすお)にて
アフターアワーセッション!!毎年恒例ですが、私は今年初めて参加しました。

しかも2日間とも。


 いやぁ満員!聴く人演奏する人歌う人踊る人!

セッションリーダー古川さんの指揮のもと、九州男はさらなるカオスと化しましたbomb

Photo_7 Photo_8























まさかの組み合わせとかもばんばん発生するし、
昼間のライブを終えてさらに弾けたみんなが九州男にたくさんあるミラーボールの下、大盛り上がりでした。


エキサイティングsign03Photo_11 Photo_12

私も歌ってまいりました。
一日目にAll Of Me、
2日目にOn a slow boat to china













 

  うれしいことがありました。carouselpony
歌い終わって席に戻ったら、九州男のママが声をかけてきてくれたんです。

九州男は私にとっても思い出の場所です。
シャンソン歌手の青空令時さんと共演した「でらめちゃ音楽会」、3回ともここ、九州男が会場でした。


たしか3回目が開催されたのは今から3年以上前のはずです。

「歌を聴いて、あれっ?と思って振り向いたらあなただったのよ!
 久しぶりねぇ!!」
って。

   ママがいることに、私も気付いていたのですが、音楽イベントもたくさん開かれ毎日大勢の人が来るこのお店の人が覚えてくれているとは思ってなくて(少ししかお話もしていなかったし)、
でも私は一方的にでも覚えていたし、挨拶がしたいから帰りがけに声をかけてみようと思っていたんですが。。

「声が変わったわね!歌い方も!」

  うれしかった・・・apple
お店のスタッフの方にも、以前一度聞いたことがあって思い出したと言ってくださった方がいて、
驚いてしまいました。

Photo
九州男のママと。
私、すーごいうれしそう(照)
ちなみに酔ってませんよ(*^-^)













今年もTJF、楽しかったです。
今年もやはり、終わった後には落ち込みました。
素晴らしい演奏を立て続けに聴きすぎるためなんですが、それは同時にものすごい刺激であって感動であって。
今年も参加できて、とてもうれしいです。

一年前から準備をはじめ、本番前後は寝ずに活動してくださる主宰者、関係者の方々、スタッフとして絶大な力を発揮してくれる早稲田の学生さん。

ほんとに感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

2008秋・新宿トラッドジャズフェスティバル無事終了!!

こんにちは!

11月15・16日の新宿トラッドジャズフェスティバル、無事終了しました!
お越しいただきまして本当にありがとうございましたhappy01

まずは写真でご報告present
Photo 私の出演場所は2日間ともこのG’sbarさんでした。

お世話になりましたぁ!



 





1日目。

diamond熊田千穂と銀座キラ星カルテットdiamond
  たくさんのお客様にご来場いただきました!
銀座キラ星カルテットて何?と興味を持ってくださった方、「花よりタンゴ」を観たから来てくださった方、
「花よりタンゴ」観られなかったからと来てくださった方、そして花タン出演者達。
  花タンで演奏した曲はもちろん、今回初めて取り組んだ曲もあり、ワタクシはまたしても1曲だけウクレレを抱え・・・・・・

小さな店内にミュージシャンもお客様もぎゅうぎゅうになって、贅沢な40分を過ごしました。


狭いので、今回は振り付けなしだなと思っていたら1曲目、「Shall We Dance?」で、テナーサックス上野君と恭一君が私の後ろでどうやらステップを踏もうとしてくれたようで Σ(・ω・ノ)ノ!
びっくりしつつも嬉しかったです(笑)

私がまた冷や汗かいたウクレレ、青木君の持ち物なのですが
ケアレスラブでは青木君が演奏披露してくれました。バンジョーと2本立てで!(写真参照)


演奏曲は


・オーレディビーグッド(インスト)
・ケアレスラブ
・ウィスパリング
・テル・ミー
・センチメンタル・ジャーニー
・ユカレリ・ベイビー
                    など8曲。


 

23855603_3945660997s Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 23855603_1331960110s

23855603_866330938sPhoto_8


 


Photos by  Mr.MARO














銀キラのメンバーはやっぱりかっこいいです。
トラッドジャズにこのメンバーで出演できて本当にうれしい。

  関係者のみなさまにほんとうに感謝しています。










2日目。
直前にメンバー変更があり、急遽サックス上野君とギター露木さん、そして昨年「春の新宿ジャズ祭り」で共演した関西のピアニスト赤木しほさんと出演しました!

 赤木しほ(pf)渡邊恭一(ts)上野まこと(ts)露木達也(gt)鉄井孝司(b)

昨日とはうってかわって顔を合わせてすぐのセッション的ライブ!
ジャズって元々こういうことがとても多いんですが、TJFでのこういうシーンは時間との戦いもあるのでとにかくスリリング!

鉄井さんはしっかり骨組みを支えてくれて、赤木さんは熱を込めて、露木さんの弦の音は心地よくて、恭一君、上野君は、呼吸を合わせて盛り上げてくれました。

 でも、すごいなぁと思うのが、やっぱりみなさんばしっと演奏をキメて、
出会ってすぐに
瞬時に「BAND」が成立してしまうこと。


当たり前なんですが。


いや、当たり前だけどこれはやっぱりすごい事なんだよ、音楽の世界の。
私も今や音楽の世界の人で、この「当たり前」にずっと「なりたい!なろう!」と立ち向かっているけれど、初めてジャズの世界を目の当たりにしたときの「すごいっっっ!!!!!」を忘れないでいようと思います。
毎回毎回、ライブ中に感動するもの。


さて 演奏曲は

・Don't get around much any more
・Ain't misbehavin
・Under a blanket of Blue
・Cheek toCheek
・Yes Sir that's my baby
                                           など全9曲。

Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_162008sinjyuki_053  

3回目の出演となる今回。(春の新宿ジャズ祭りを合わせたら5回)今までで一番冷静にいられたと思います。
 
これまでは毎回、あわただしさの中に紛れ込まれてしまって、2日間終わると
「あれ?あんまり覚えてないっ∑(゚∇゚|||)」
ってことがほんとに多くて、
それって私にとってかなり落ち込むことだったのだけれど。

今回は、終わった後のお客様の反応にも前にはなかった種類の手ごたえのようなものがあり、一方でミュージシャン同士の感覚や、もらった言葉も以前より身に残りました。



ミュージシャン熊田にとってはその変化が一番印象的でうれしかったTJFですが、


  
なによりも、やはり沢山、沢山の人に今年もこのイベントにきてもらえたことが最高に嬉しい。
音楽と笑顔があふれた2日間に今年も感謝です。
またはしゃいじゃいましたhappy01



 一年前から準備して、本番前後は寝ずに活動してくださる主宰のみなさん、関係者のみなさん、スタッフとして絶大な力を発揮してくれる早稲田の学生さん
どうもありがとうございます。

どうかこのイベントがさらに大きくなって、続いていきますように。

P.S あーちゃん、今年もありがとうございます。うれしいです。        熊田千穂。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

銀座キラ星カルテット in TJF!!!

 今年もやってまいりましたTJF!
TJFとは何ぞや?と思ったそこのあなた!
もちろん”新宿トラッドジャズフェスティバル”のことじゃありませんかぁっ

・・と、始めたところで、私も「TJF」という略称はじめて使ったんだけど(照)

 秋ですよ!

新宿トラッドジャズフェスティバルが始まりますsign03
今年も11月15日(土)・16日(日)の2日間、
新宿3丁目界隈の飲食店が軒並みライブ会場に早替わり!共通パスとビールを片手にどうぞ楽しんでくださいませheart01



  私は今年が3度目の出演となります。
毎回ベテランミュージシャンと共演させていただいているのですが、今年はまたすごいですっ!
だってだって!!


 「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」
で出演するんですよう!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そうです、ちょうど一ヶ月前に千秋楽を終えた「花よりタンゴ」に出演していたバンドで、しかも同じ名前で出るんです!


paperpaperあ、でもキラ星での出演は15日土曜日の一回だけです!
日曜日はピアニスト後藤千香さんのバンドと共演させていただきます!
曜日を間違えないようにしてくださいね!!!eye

 
 heart第8回 新宿トラッドジャズフェスティバルheart
2008年11月15日(土)・16日(日)
・場所 末広通り・要通り・新宿通り・新宿御苑大通り・新宿2丁目、の飲食店

・11:00~16:30(ブラスバンドパレードは両日とも11:00スタート)
・チケット(各演奏会場フリーパス)
 1日券 3000円(当日券3500円)
 両日券 5000円(当日券5500円)
TEL 03-3341-4608

heart詳細スケジュールheart
15日(土) 13:00~13:40 

出演・熊田千穂と銀座キラ星カルテット
会場・G’s bar

16日(日) 15:00~15:40
出演・熊田千穂(vo)
        後藤千香(pf)
        渡邊恭一(ts)
        鉄井孝司(b)
会場・G’s bar


「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」~舞台・花よりタンゴステージフォトより~
Img_0612

Img_0648

Img_0469

言わずと知れた(?)ことですが、
このバンドはアルバム「Sing Me A Song」のレコーディングメンバーです。
 2年前、青木研氏とのデュオでTJF出演したのをきっかけに作成された「Sing Me A Song」。
いつかレコーディングフルメンバーでTJFに出演できたらと思っていました。

  しかし私以外のメンバー、超のつく売れっ子です。
しかもタイトなスケジュール組み&豪華出演者で有名なTJF(40分刻みで同時多発的にライブが行われて行くんですョ。)です、その中であのメンバー組みをしていただくのはのはなかなかに難しいことでした。


 
それが今回念願のフルメンバー!
しかも
「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」でクレジットされるというとっても粋な計らいを頂きました。
本当にとてもうれしいですcrying
どうもありがとうございます!!!

もちろん
、「銀キラ」以外の時間も
青木研・井桁賢一・上野まこと・渡邊恭一の
各メンバーはいろんなとこで演奏してますので
パンフ片手に追いかけてくださいね!

15・16日はどうぞ新宿へhappy01
晴れるといいなぁsunsun
昼間から明るいジャズを聴いて、おいしいもの食べて、ビール飲みながら、
いい休日をすごしましょうsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »