« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の10件の記事

2009年4月30日 (木)

Small Cast Radio Networks

 お知らせですhappy01

Small Cast Radio Nerworksというネットラジオのサイトで現在配信されている

Ringoroさんの
「Old Jazz Time」という番組の中でアルバム「Sing Me A Song」をとり上げていただいています!

Singmeasong_2

Old Jazz, Old Bluesを中心に構成されているこの番組、今回は変りダネ楽器特集でさまざまな面白い楽器で演奏されたジャズを特集してるんですが、途中のフィーチャリングアーティストというコーナーでこのCDが紹介されており、アルバムから
「君微笑めば・When You're Smiling」を流していただいてます。

番組をやってらしゃるRingoroさんから「取り上げてもいいですか?」と直接連絡をいただきました。
びっくりです!
そんな風に言っていただけて嬉しいweep







このCDはジャケットを描いてくれたacco経由で京都のお店にも置いてもらってるんですが、そちらでもいまだにけっこう聴いてもらえているのだそうですheart02
 発売からもうすぐ3年がたつのに、こうやって誰かに届いて、時にピックアップしてもらえてほんとに幸せです。
時間をかけて好きな人のとこに届いてくれますようにと祈っているので、
長生きしてくれたらうれしいですheart04
アマゾン、タワーレコード共に発売続行中ですよ~

スモールキャスト、聞いてみてね。
25分50秒くらいから話題になってますnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

熊田千穂と銀座キラ星カルテット情報

 熊田千穂と銀座キラ星カルテットがまたまた登場することになりました!


 この名前でいこうと特に決めてはいなかったのですが、5月の新宿ジャズのプログラムを見たら何も言わずにいたのに(言われもしなかったけど・笑)この名でクレジットされておりヒジョーに嬉しくて、
夜道で小躍りしてしまいました。
 なので、芝居用のバンド名でしたがしばらくこれでいってみようかと。



 さて 出演情報です

 5月16日(土曜)
     新宿・春の楽しいジャズ祭り

時間 11:30~20:30
場所 新宿文化センター
チケット 前売り3000円/当日3500円

恒例、新宿文化センターがまるごとライブ会場になる企画です。
 銀キラの出演は1回。一番早い時間ですのでおくれませぬよう~~走る人
会場はなんと和室よ!!!
タタミで銀キラいい気分(温泉)

 熊田千穂と銀座キラ星カルテット
12:00~12:40 4F和室 COZY CORNER(和室なのに・・)





 そしてそして
銀キラが、というか熊田が、とうとう浅草HUBでライブしますsign03


 6月14日 (日曜日) HUB浅草店 13:00~

 熊田千穂と銀座キラ星カルテット
          Sing Me A Song Again at HUB浅草


 今回はトランペットとドラムを加えての6人編成のバンドとお届けいたします!
だからほんとはカルテットじゃなくてセクステットなんだけど!wink

(ちなみに私はこのセクステットとかセプテットとかの編成の呼び方をHUB浅草での花岡詠二さんのMCで昔知ったのです。そういえば)

 詳細は後日!
6月14日(日曜日)昼間です、空けといてくださいねheart



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

つくば

 24日金曜日、茨城県つくば市にあるSAVOYというお店でライブしてきました。

 この夜のライブにBAILEYSというタイトルをつけました。
あの甘ったるいクリームリキュール、お酒の苦手な私でもなんとか飲めるお酒の名前です。
中身のわりにクールな名がついていて、いつもお酒の名前を忘れるんですが、、
そのちぐはぐ感はいいなと思っていたんです。

022 

初めてのお店、初めてのメンバー、初めての曲。。。。など、初めてがいっぱいのライブでしたが
楽しかった!

 発端はアルバム「Sing Me A Song」でした。
あのCDを聞いてくださった方が連絡を下さり、
SAVOYでライブをと声をかけてくださったんです。

 「Sing Me A Song」のような曲に限定せずとも、私の自由にしていいと言っていただき驚きました。
だって私、まわりにはすごく自由に好きなようにやってるように思われてると思うし、自分でも好きにやってると思っていたけど、「ジャンル・メンバーに指定なくお好きにどうぞ」ってだれかに言われてライブしたことって実は一度もなかったの!
初めて気付いたよ。



さて、どうしようかというわけで私が声をかけたのはこの二人。

ベース 田中洋平さん
ギター 河野文彦さん

 強く暖かい音を出す田中くんと、懐かしく切なく、でも熱い音でマカフェリギターを奏でる(他にもいろんなギターを奏でる)河野くん。
二人とも別の場所で、別のシチュエーションで数年前に出会い、からむことはなかったけどとても印象的で魅力的な人でした。

さて、つくば。
田中くんの車に3人で乗り込み楽器をぎゅうぎゅうにつめて向かいました。
小旅行の距離です。
東京よりすこし低い気温、整備された学園都市、遠くにそびえる筑波山、突然ぬっとあらわれる巨大ロケットのオブジェ。

 お店には地元の方にたくさん来ていただきました。
東京から来てくださった方もいて(゚m゚*)感激

002_2 011 012

 

セットリスト
  1st stage
1.I,m confessin
2.夕日に赤い帆
3.After you've gone
4.Sweet Lorraine(インスト)
5.Danse Norregienne ノルウェイの踊り(インスト)
6.ラブ
7.It's been a long long time
8.Cheek toCheek

  2nd stage
1.Nuages(インスト)
2.Song for you far away
3.Someone to watch over me
4.Deed I do
5.End of the world
6.I can't give you anything but love(インスト)
7.思い出のワルツ
My Blue Heaven

 この選曲のめちゃめちゃ具合よ(笑)
でもね、ちっともばらばらと思わないです。
このメンバーで出向き、初めましての方々に楽しんでもらうなら、の、ラインナップ。
が、これを見てあらためて、私はこれまでいろんな場所でいろんな人と好きな音楽やらせてもらっていたのだなと思いました。感謝だね。
 Song for you far awayはジェイムス・テイラーのナンバー。やっと歌うことができました。
(青木くん、あやめ、ありがとう)
 ギター河野くんには「インストは好きなジャンルの曲を自由に選曲して」とお願いしました。
この歌の並びに彼のギターのマヌーシュスウィングな音がまざったらきっと素敵と思いました。
 結果は成功。
彼のナンバーにみんな聴き入りました。
全体の流れもうまくまとまったと思います。

014 

017 

ライブ後、マカフェリギターに夢中の田中くん。

行きの車の中で彼もユーミンの
「手のひらの東京タワー」が好きだということが判明!(めずらしい!)
弾いてもらって遊びましたcatface

マカフェリギターでユーミン、斬新!

020 

SAVOYの方はとてもおしゃれ。
演奏後、ミュージシャンにひとつずつ空のビンが渡されます。
「何か、今日の記念になるものを入れてサインしていってね、切れた弦でも、ピアスの片方でもいいよ」
積み上げられた並み居るミュージシャンのビンの中に私たちのものもまざりますnote

青木研くんと「Sing Me A Song」をつくった頃から「人にオファーをする」という機会が生まれるようになりました。そういうライブが増えたの。

 私はそれまで人に呼んでもらうことやDuwrite Mayでオファーをもらうことばかりだったんです。
ソレは全く持って恵まれたことで、だから私は気付かなかったんだけど、
「誰かにオファーをする」って、「告白する」ことと同じくらい勇気がいるのね。

 その人とプレイが素敵で、好きで、ぜひ一緒にやりたい!と思うから声をかけるからなんだけど、
ほんとにドキドキする。だからなかなか連絡できなかったりして。
ことわられたらフラれたような気分になる。
あ!もちろんスケジュールがいっぱい、とかそういう理由なときもあるのはわかるんだけど。

 でもOKしてもらえたら、電話きったあと小躍りするくらいうれしい(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

神戸

 4月21日、22日。Duwrite Mayで神戸に行ってきました。

六甲アイランドにあるホテルプラザ神戸。
18階建のホテルの11階に海風と広い空と裸足で歩けるような青い芝生ととりどりの花が美しいお庭がありました。チャペルもあります。

そんな素敵なホテルのお披露目パーティーでライブさせていただいたのでしたnight

 写真は、気持ちいい昼間の様子と、夜景の美しい夜の様子。
パーティーは夜でした。たくさんのお客様の集まった会場に、並んだテーブルの上に一輪ずつダリアの花が生けてあってとてもキレイでした。  

 会場にはお客様があふれんばかり!いやあふれてましたね。
雨も途中からやんだので、11階の会場のガラス扉を開け放って、お庭の風を入れて、とてもいい雰囲気のパーティーでした。
演奏楽しかった!!

神戸ファッション美術館と隣接したホテルは外観もかっこよかったです。

この円盤みたいなドームの下の階段が入り口なんだけど、ドームの中はホールになっていて、ここでコンサートをやったりもするんだってnote

 ホテルのみなさんとも記念撮影しましたhappy01

014 013 003 030 Photo 005 009 054 055 048 050 051

 パーティー前に、18階にあるレストランでサンドイッチとケーキをいただきましたlovely
こんなに選べたのに!私2個しか入らなかったsweat02うそでしょう!?って感じ。
サンドイッチ食べ過ぎたのねcrying信太郎くんは5個くらい食べてましたdelicious

  さて、翌日。
私は一人大好きな神戸の街を歩いてきました。

041 040 037 039 035

三ノ宮と元町をうろうろ、
街中を10分も歩けば海に出ちゃえて、振り返れば緑の山がそびえてる、ジャズがいっぱいあって、南京町もあって、おいしいお菓子もいっぱい。
 なんていい街でしょう。
余裕があればもう一泊してきたかったな、そして京都に寄ってCDを置いていただいてるお店に挨拶して、大阪に寄ってaccoとご飯をたべたかったなぁ。

近いうちにそんな旅をしたいですcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

シングス

一泊二日の神戸から昨日帰りました。
初日の夜にライブをし、明けて二日目の午後は一人神戸をまわりました。
やっぱり神戸は素敵な街です。心地よく生活できるものがなんでもあります。
海、街、山、広い空、船、夜景、おいしいもの、歩ける範囲になんでもあります。いそがない、いい街です。


今夜はインフォキュリアスでDuwrite Mayライブです。第四木曜だからね。


明日は筑波のSAVOYというお店でライブします。
ギター河野くんと、ベース田中くんの三人です。

河野くんのギターは洒落ています、いい匂いがする感じ。
田中くんとは久しぶりの共演、ほんとに楽しみ☆


オスカー・ピーターソン Sings というアルバムを最近また繰り返し聞いてます。初めて聞いた時、ナット・キング・コールだと思ってた。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年4月16日 (木)

武蔵小山にいってきました

Photo

 ギター増田信太郎の出演するライブを聴きに。
武蔵小山にあるAgainというお店。















Photo_3

あいにくの激しい雨でしたがrain駅から近いので安心

 

バンドで演奏している信太郎君を、お客さんとして見たのは実は初めてなんですな私。

Photo_4

ボーカルの半坂さんの声がとってもいいなぁと思いました。

パンチある声なのに、ボサノヴァにもすんなりなじんでいて、不思議。
半坂さんはポルトガル語で歌われていて、
「やっぱボサノヴァはポルトガル語よなぁ・・」と思いました。
英語とはぜんぜん音がちがうんだよねぇdespair

それと、Spainが聴けるとは思っていなかったので衝撃punch
みなさんかっこよかったですupwardright

何を聞いても何を見ても、勉強になるなぁって思いました。
いや、なんかつまんないこと書いてる風だけどさ、ほんとに思ったのよ。
自分には思いつかないこと、自分には度胸が足りないこと、気がつかないようなこと、いくらでもあるのね。

クラリネット奏者の方が飛び入りしてみんなで演奏したFeel Like Makin' Love、素敵でした。
クラリネットでこの曲は超!新鮮な感じがした。
合うんだね!クラリネットって!

Photo_5

デュオってやはり大変なんだなぁ
バンド形式で自由に演奏してる信太郎君を見て、あらためて思ったりして。

 デュライトメイって結構無謀なことしてんのかしらsweat01

しかし信太郎君のソロ活動がこれからもっと増えるといいなと思いました。
それもきっと楽しい!

とても新鮮な夜でしたmoon3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

4月13日

Photo

きょうもいい天気です。

あったかくなると気持ちがかるくなる。

と同時に、なんかからだ重くない?と気付く・・sweat02

  今年もプールで泳ぐのかな。
毎年恒例になってきました。初夏からはじまるプール通いwave

008

 でも、ああ、世のなかには誘惑がい~っぱいkissmark

浅草にある「天国」っていう喫茶店のホットケーキです。
ともちゃんが連れて行ってくれました。

通常二枚重ねなのを一枚サービスしていただきました。う~む、ともちゃんパワーおそるべしpaper

ちゃんと分けて食べたってば

005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

さいきんの

sweat01ブログ書くの、追いつきません

ああ、春をこえてもう初夏みたいな陽気になってきちゃうし

印象的だったことをいくつか、、

Photo 中目黒のギャラリーにaccoの作品が出ているということで、もかこと行ってきました。

 驚いたのは出展作品の数の多さ。
 所狭しと埋めつくしてあります。
 イラスト展だったのですが、世のなかにはこんなにも絵を描く人が!!!と
 あらためて知りました。

何にも知識のない私がふらりと入ってみても、
これだけの数の作品がある中で「いい」「すきじゃないけど、いい」と思えるものって以外に少なくて(えらそうだけどさ!!!)、
そういうものなんだなと思いました。

 400本以上の作品の中からもかこの「蝶番」が選ばれ、受賞パーティーに出席させてもらったあと、
もかこの担当の新潮社の方と一緒にみんなで食事をさせていただいたんですが
その時、
400本もの作品を全部読んで受賞作を選ぶって大変じゃないですか?という話題になりました。


「どれだけ多くの作品が来ても、その中から数本に絞るのは難しいことではないんです」

と、その田中さんがお話された時、あたりまえのようにそう話す様子に「うん、とにかくそうなんだろうな」と、確信はあいまいなまま納得したんですが、今回の作品展で、きちんと納得しました。
埋もれるように置いてあっても、違うものはあきらかにちがうんでしょう。
accoの作品も、そうでした。

 

 そんなaccoの作品を見たあと、もかこと一緒に目黒川沿いを歩きながら私は空ばっか見てました。日曜日で夕方で灰色のくもり空で、すごく寒かった。
外からならばわかるのに、中にいるとみえない、いや見たくないのか。
桜は三分咲きってとこでした。






   

  そしたら、ジャズの音が。
  どうやら生です。3_001_2 3_002

偶然に、ライブに遭遇しました。
センターに五十嵐明要さん、杉原敦さん、原田忠幸さん。豪華!

ラッキーでした!!happy01
すごく寒かったのですが、会場は満席で立ち見もいっぱい。
川向こうに座ってステージをながめてる人もたくさんいました。3_005 3_006

桜が咲ききる前の日記でした。

ほんとにこの日は寒かったのよpenguin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

浅草☆ヨーロー堂

 浅草といえば?

このお題にはさまざまな答えが上がりましょうが

 ぜったいにハズしてはならないのが「ヨーロー堂」ですflag
006

 創業はなんと大正元年ですよ!!!

shine「ブロマイドの殿堂」は浅草マルベル堂、「演歌と歌謡曲の殿堂」は浅草ヨーロー堂shine

 そんなヨーロー堂さんにこの度私のCD「Sing Me A Song」を置いていただくことになりました。

わぁぁぁ~いsign03

009

 

ヨーロー堂店内、楽しいです。
演歌はもちろんですが、取り扱っているCDや、レイアウトやムードにヨーロー堂独特のポップさがあふれています。

 カンザスシティ・バンド、歌姫楽団、黒船レディ、うめ吉、浅草ジンタ、、、
石川さゆりや山本譲二や秋元順子と同じく、いやそれ以上のエネルギーでもってプッシュされているミュージシャン達はほんとに色とりどりです。

夏木マリの復刻版、和田アキ子の復刻版。エノケン、ナンシー梅木。

そんな中に忘れずに鈴木章治、笈田敏夫のCDが揃えてあり、そのとなりに「世界のタンゴ集」なんかがならべてあるのに「きゃっ(゚m゚*)」となります。

 とにかく飽きないお店です。
実はちょっとやそっとじゃないんだよという感じがビシビシ伝わってきます。
さすが、創業大正元年!

 

そんなお店の看板娘「ともちゃん」(「sing Me A Song」持ってくれてます。ありがとう~)
002

現在のヨーロー堂の独自ポップを醸すのに絶大な力を発揮しているのは彼女なんではないかと
私は勝手に推測しているんですが、、

 そんなわけで
「ともちゃんセンスで好きにSing Me A Songの宣伝文句書いてちょ!!」とお願いしてまいりました。

さて、どんな風にCDが置かれるのかな?

ドキドキでやんすwink

 

大好きな浅草に、自分の歌ったジャズソングの入ったCDを置いてもらえるなんてとても嬉しいのです。名誉なのです。
しかもヨーロー堂です。
完璧ですgood

 ちなみにともちゃん、この日は「とりあえず」ってことで「笈田敏夫/進駐軍時代のジャズ」、の隣に置いてくれました 
!!(゚ロ゚屮)屮おそれ多いやぁ・・・

  浅草の人や、浅草に遊びに行った人が、手にとってくれますようにhappy01
001

どうぞよろしくお願い致しますheart04

 

Photo_3 Photo_4

昭和10年頃のヨーロー堂店頭と昭和20年頃の店内。
webよりお借りしました。
すごいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

4月スケジュール☆

  4月スケジュールです☆

音楽でいろんなところに行きたいなという思いが今月はかないます。

埼玉、茨城、そして念願の、神戸。

 増田信太郎ソロでのスケジュールもアップしますscissors

                   Duwrite Mayスケジュール

■4月9日(木)麻布十番 インフォキュリアス
            22:00~・23:00~ の 2 stage 
            music chargeなし
            港区麻布十番3-6-9 B1
            03-5439-9337

■4月23日(木)麻布十番 インフォキュリア
            22:00~・23:00~ の 2 stage 
            music chargeなし
            港区麻布十番3-6-9 B1
            03-5439-9337

■4月21日(火)ホテルプラザ神戸

             パーティー

                  熊田千穂スケジュール

■4月3日(火)北浦和ペントハウス
             
             
・加藤人 bass
             ・熊田千穂 vocal
             ・河野文彦 guitar
    3月に出演させていただいたペントハウス(お店のブログ)
    とにかくなんてディープな!!北浦和にこんなお店があったなんてっっ!


 
■4月10日(金)四ッ谷ダイヤモンドクラブ

     vo 熊田千穂 p 田辺恵子 gt 増田信太郎 20:00~ 4stage・チャージ2000yen
  ピアノ田辺さんと増田信太郎とのトリオが定番と化しつつあります、ダイヤモンドクラブ。
かっこいいピアノバーです。
  



■4月24日(金)つくばSAVOY

    "BAILEYS"Jazz Live

        ・熊田千穂(Vocal)
        ・
河野文彦(Gt)
        ・田中洋平(bs)
    20:00~2stage チャージ¥2000(1drink付)

初めて出演するお店。茨城県つくば市にあります。
大好きなべーシストと、魅力的なギタリストに声をかけました。
ライブのタイトルは?と聞かれ、なんでか思いつきで"ベイリーズ"と答えてしまいましたが、、
ベイリーズって甘ったるいクリームリキュールの名前なのに、響きはクールだよねぇと後からこじつけられないこともないと今は思っておりますよ。
このライブ、私もとても楽しみです。



■4月28日(火)オクリーズ東京

    ・ 唄。<うたまる>(加藤貴夫・貴美子)vocal
    ・熊田千穂 vocal
    ・朱恵仁 piano
     LIVE 19:15~23:00(3STAGE)
     チャージ¥3000(1drink おつまみ付)

              増田信太郎ソロスケジュール

■4月14日(火)武蔵小山ライブカフェAGAIN

vo.半坂暢子、sax.柳瀬明子、gt.増田信太郎、ba.中村恒司、ds.森永哲則
Open:19:00 / Start:20:00~ 2stage
入場料:2,000円


■4月10日(金)四ッ谷ダイヤモンドクラブ
  vo 熊田千穂 p 田辺恵子 gt 増田信太郎 20:00~ 4stage・チャージ2000yen
  ピアノ田辺さんと増田信太郎とのトリオが定番と化しつつあります、ダイヤモンドクラブ。
かっこいいピアノバーです。

■4月28日(火)四ッ谷ダイヤモンドクラブ
  
vo のがみともみ pf 田辺恵子 Gt 増田信太郎 20:00~ 4stage・charge2000yen



  



     

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »