« 5月スケジュール☆ | トップページ | 中島桃果子「恋とアイスクリーム」 »

2009年5月 2日 (土)

SP盤・蓄音機・つくばの真夜中

 日記の内容が前後してしまうけれど、


先月のつくばSAVOYでのライブのあと、
ライブを聴きにいらしていたギター河野くんのお知り合いのご夫妻のご自宅にお邪魔しました。
というのも、私たち三人はベース田中くんの車で一緒に移動をしていたためセットで動かざるをえないので、河野くんにくっついてずうずうしく訪問してしまったからなんですが。。

 「せっかく河野くんがつくばに来たなら、ジャンゴでも聴いていってもらおうかと思って。」
きれいなマンションの一室のドアをあけたら、そこはまるでSP博物館でした。
壁いちめんにきっちりときれいに並べられたものすごい枚数のSP盤!
三人ともあっけにとられるくらい、壮観なながめでした。ここドコ?
瀬谷さんは、見たこともないようなプレーヤー(古くからあったものをオーダーしてリメイクしたそうです)で次々と大切な音楽を聴かせてくれました。

 

 おどろいたのは、枚数を重ねるごとにどんどん音が変わっていくこと。
弦の響き、ベースが揺らす空気、人の声もなんだかだんだん立体化していくみたいに聞えてきて、
なぜか私はジャンゴが着ているジャケットの袖口とか襟の形や布の質感のことなんかを想像しながら聴いていました。
 不思議なんだけど、知らない時代のみたこともないフランスの午後の街角とか、レコーディングマイクに向かうミュージシャンの背中とか、そんなのがどんどん想像に浮かんできて。



 「ほんとはね、5時間もするともっと音がかわるんだよ。
  真空管があったまるからね」


という言葉にも納得できちゃった。
多分、音だけじゃなく映像が見えるように聴こえるんだと思う。SPレコードって。CDとはくらべものにならないほど。
だからいつまででも次々聴いてしまうんじゃないかな。
実は私の父はオーディオマニアで、実家には劇場用スピーカーがどかんとあるのだけど、CDの澄んだ音に合う音楽と、SPのような、手触りを再現するものに合う音楽って違うんでしょうね。




 私がいるのに気を使ってくださって、ボーカルものもたくさんかけていただいたのだけど、
偶然にも私が最近よく聞いていて、その日の昼間もipodで聞いていた(日記にも書いてた)オスカー・ピーターソン・シングスの中の曲がかかったのです。

  ぜんぜんちがう!!!!!!

私が聞いて知っているのとはまったく別ものの声と音でした。
がくぜんとしちゃった。

 はらぺこだった私たちは奥さまの手料理を夢中でごちそうになり、結局深夜1時半をまわるまでSPレコードを聴き、ギターに触らせてもらい、きゃっきゃしながらとっても満たされてしまったのでした。
 外の雨はさらにはげしくなって、深夜の緑の匂いの中を車で東京に向かいました。



 音楽はどんどんコンパクトになって、私もいまやCDをパソコンで圧縮してipodにつめこんで持ち歩き、ライブもMP3レコーダーで録音して聞き返したりするけれど。
実際に生の音楽をやっている人間がふだんそんな音で耳をみたしていていいのかな。
ライブを聴いたりやったりしたからではなく、SPレコードを聴いてそんな反省(?)をしているのもなんだか悲しいハナシだけれど。
かわいそうな私の耳よ。
あなたは本来もっともっとすごい力をもっているのに、やせ細った音ばかりをイヤホンでつめこんで聞かせ続けてごめんね。

過去にいくつか、びっくりするような意見に行き当たったことがある。

  -オーディオマニアの究極の願望は「生よりいい音で聴くこと」であるー
とか、
  -「あんまりいい音で聴かないほうがいいよ、音楽やる気なくしちゃうから」-
とか、

「クレイジーだぜ!」と思う。
テクノロジーと人のバランスってむずかしい。
本当はいつだって、極力豊かなものに多くふれたほうがいいに決まってるもの。
たどり着けないかもしれないと思って不安になるほうが、気づかぬうちに貧しく満たされるよりずっと豊かなんじゃないかな。

つまりは私、実生活で解決できてないんだけれど。


1_001 瀬谷さんに見せていただいた
「SPアルバム」
初めて見た。こういう風にして売られていたのね。
瀬谷さんはSPレコードを聴く会の方でした。
なるほど・・・

実はこれ私の持っている蓄音機
去年の「花よりタンゴ」で青木研くんがまわしていたのはこの蓄音機です。
いまやヤフオクで買えるんだよ!びっくり
1_002

|

« 5月スケジュール☆ | トップページ | 中島桃果子「恋とアイスクリーム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SP盤・蓄音機・つくばの真夜中:

« 5月スケジュール☆ | トップページ | 中島桃果子「恋とアイスクリーム」 »