« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の10件の記事

2010年12月27日 (月)

おくりもの

 キラ星マチネの日にいただいた
 キラ星の花束

Rimg0409_2

Rimg0413_3

 星型のキャンディーでできてるんだよ!
きれいに束ねてキラキラのフィルムでくるんで、花束みたいにしてあるのです。

Rimg0410

 10月に一緒に神戸ジャズストリートに行った北浦和ペントハウスのマドンナ(この肩書しつこいかなぁ?)じゅんちゃんがプレゼントしてくれました。
見た瞬間に「あ!これ絶対じゅんちゃん発想の手作りだな!」と思ったけどやはりそうだった。。
センスいいなぁ・・diamondshinediamondshinediamondshine


  あっこも今回また大阪からやってきてくれたので、
3人で神戸で会ってからちょうど二か月振りに浅草で再会となったんでした。
うれしいぃ。。。。。(ρ_;)


私は結局、ライブ当日に3人で話すことはできなかったんだけど、
神戸で初対面をしたあっことじゅんちゃんが、こんどは浅草で再開してることがとにかくうれしくて内心照れるくらいでありました。。

 どうもありがとう。
 うれしいよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

めりーくりすまーす!

 23日はHUBに出勤してましたん!

はい!クリスマスウィークなのでクルーはこんなかっこで働いてます!

トナカイワンピース、超あったかいんだよ

Rimg0429_3

 よきクリスマスをみなさま~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/12 熊田千穂と銀座キラ星カルテット 「The Music Travels Around The World」レポート!

   2010年12月12日

                 ☆熊田千穂と銀座キラ星カルテットマチネライブ☆
                       「The Music Travels Around The World」

 今回もHUB浅草店にて開催いたしました!
ご来場いただきましたみなさま、まことにありがとうございました!!!

Img_7213

レポート、愉快な写真でスタートしてみます(笑)

Img_7178_3

  「The Music Travels Around The World」セットリスト

1st
1.港が見える丘(器楽演奏)
2.踊らん哉 ~Shall We Dance?~
3.Hey Miss Moonlight
4.雨の中に唄ふ
5.レスターリップスイン(器楽演奏)
6.ビアンカ(オリジナル)
7.Tell Me
8.Moon Ray
9.当世銀座節

ハーフタイムゲリラ演奏 ~~サンタが街にやって来る~~
 

2nd
1.Tuxedo Junction
2.Sunday
3.アラビヤの唄
4.Chong (Chong He come from Hong Kong)
5.アンディサイディド(器楽演奏)
6.Do you know what it means to miss New Orleans(器楽演奏)
7.おお櫻~チェリー~(Yes sir that's my baby)
8.夕日に赤い帆
9.Alexander’s Ragtimeband(with piano池野成秋氏)
10.りんごの木の下で
アンコール
  私の青空


熊田千穂(vocal)/青木 研(banjo/guitar)/右近 茂(tenor sax)
渡邊恭一(tenor sax / clarinet)/井桁賢一(sousaphone)/田村陽介(drums)
  

Img_7017_2

Img_7032_5

Img_7051

Img_7109_7

Img_7096_5

Img_7114_5

Img_7061_5

Img_7044

Img_7074

Img_7111_2

Img_7120

Img_7131_2

Img_7143

 船旅のイメージが出せたらなぁと、
一曲目のインストゥルメンタルでの「港が見える丘」は、右近茂さんのテナーによる汽笛の音から始めていただいたんですが、
う~~む、どうだったでしょう?伝わらなかったか(゚ー゚; ?


「港が見える丘」で船が出て、「踊らん哉 ~Shall We Dance?~」で船上パーティーが始まり、休憩中のゲリラ演奏「サンタが街にやってくる」でクリスマスもやって、さらにパーティーは続き、「夕日に赤い帆」で船は次の港に到着します・・・
というイメージを描いてました。

 船へのあこがれあるんだよね。
だから前回7月のマチネに来たaccoがフライヤーイメージを「次は船だな」って思いついてくれたというのはすごく嬉しかった。

 二村定一さんの歌ったアレンジを再現した「雨の中に唄ふ~Singing in the rain~」
そして日本では昭和期に一色浩一郎さんが歌った1919年(大正8年)のナンバー「Chong」。
今回のマチネではこの2曲が新しく取り組んだ曲で、青木君がばっちり譜面を書いてきてくれたわけです。
勉強不足な私は今回まで「Chong」を知らなかったのですが、
これ、聴けば聴くほどかっこいい曲でした。

「初めて聞いた!」って方がほとんどだったと思うんだけど(汗)
(そしてキラ星のレパートリーって、そういう曲がほとんどだと思うんだけど・汗)
トライできてよかった曲だし、これからもキラ星レパートリーに入れさせていただきたい!なと思ってマスconfident ティーチーピーチーめりかんそん♪のやつね。

 
 今回ご一緒をお願いした名テナーサックス右近茂さんにもちろん会場は釘付けで、
終演後もたくさんの方に「右近さん素敵だった!!」と感想をいただき、バンド内でも「やっぱり右近さんだ!」という声がいっぱいでした。
そんな声を聞けば聞くほど、いきなり「汽笛の音から始めていただけますか?」とお願いしてしまった自分の無礼が自分に返ってくるようなきもちに・・・・( ̄◆ ̄;)。。。

 最後の最後に今回もピアノ池野成秋さんが登場してくださるというサプライズ。
いやいや、最初から来る予定でいて下さったんです。しかしすごい渋滞に巻き込まれあのタイミングになったのだそうで、、ああ。。師走って!
池野さん、本当にどうもありがとうございました!

まさに「駆けつけ一曲」で入口からピアノに直行していただき、「アレキサンダーズ・ラグタイムバンド」を一緒にやっていただきました。

Img_7157

バンジョーに住む、七色の小鳥です。
フライヤー裏面の文章を読んで引っかかってくれた方、どうもありがとうございます(笑)
知らなかったでしょう?小鳥が住んでるの。
何年も前ですが、青木研モデル(というバンジョーなんですよ彼の楽器は。外国のとあるバンジョーメーカーにあります)のバンジョーの裏側にこの小鳥がいるのを発見した時、ひそかにものすごく感動したんです。
言葉が出なかった。
楽器にこんなに大きく美しく鳥を住まわせるなんてね。
すっかり女の子だと思ってたましたが、青木君「男の子なんだけどな・・」って言ってたね。
そうでしたか。。

Img_7159

ヘッドの部分に「尾羽」
小鳥からの「いるよ!」のサイン
だと、私は思う(笑)

Img_7129

 
 7月マチネのフライヤーをaccoにお願いするとき
「これから旅のイメージで始めていきたい、旅立ちでお願いしたい」と話し、
イメージの元になってくれそうな素材写真をいっぱい送りました。

飛行機で旅立つキラ星のイメージで始まった7月マチネ、
12月は船旅となりました。
次はどうなるんだろう。
まだぜんぜんわかりません。
どこかの街にたどりつくのか、はたまた「バス移動中」のライブになったりするのか。
でもね、きっと楽しいヤツにします


       撮影前

Img_7164

 

 だんだんコアな選曲になっている部分もあり、
キャッチーな要素を入れたい気持ちもあり、ディキシーの要素もも少しほしかったり・・
ですが、「豪華な気分になれるエレガントなものに」したいという気持ちは変わらず。
難しいけど。


 


        撮影後

Img_7202

 今回もたくさんのお客様においでいただき
本当にどうもありがとうございました。
「YouTubeの映像を観て」足を運んでくださったという方もいらして、衝撃です。
ここ数年、私たちが演奏させていただいてるような「ジャズソング」への注目が少しづつ高まっているようで、新たな書籍やCDも発売されているし、演奏する人も増えているみたいです。
すごくうれしいことです。
信じらんないや!て気持ちと、やっぱりねえ!という気持ち。
いや負けないように勉強せねばね!

撮影中
せっかくタキシードだし、キメた写真を撮ってもらおうと最後に集まったんですが
なんか自由な感じになってしまいました・・

Img_7219_4

Img_7187_5 Img_7216_4

Img_7197_2

Img_7192_4 Img_7201 Img_7204_2 Img_7212_2 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

ご来場ありがとうございました!

☆熊田千穂と銀座キラ星カルテットマチネライブ☆
「The Music Travels Around The World」


12月12日 日曜日浅草Hubにて開催することができました。

師走の日曜日、お運びいただきましたみなさま
本当にどうもありがとうございました!!!


おかげさまで今年は
マチネ企画を二回実現できました。

企画に関わり、協力していただいた人みんなに感謝です。

いまは手元に写真が一枚もないので、手に入り次第ブログで報告したいと思います(^^)

いつもカメラを持ち歩いていますが、自分のライブ後は当然ながら私のカメラには一枚も写真がなく。。
来てくださる方に撮ってもらった写真を後でいただいているのです。
今回はもかこに頼みました。
ありがとうね(__)

そんなもかこと私はいま長野県松本市に向かっています。
大学同期の友人で演出家の田中麻衣子が松本市民芸術館で上演する「罪と罰」を観に行きます。

同作品のプレ公演を観るために、三年前(!)も松本に行きました。
その時と同じホテルに泊まる予定です。
串田さんが「館長さん」と呼ばれ、麻衣子が「先生」と呼ばれているこの町の、山を登りかけたとこにあるホテルです。


取り急ぎ、お礼とご報告までo(^-^)o


P.S. 馬刺し食べてきます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月11日 (土)

キラ星☆受付は

 12日のキラ星マチネ
HUB浅草店頭で受付をしてくれるのは、7月に引き続き
この二人です。

Img_6431_41_3

HUB浅草秘蔵クルー・あおき君と、
HUB浅草クルーにして
ヨーロー堂看板娘・ともちゃん

 自分でキラ星の企画をしてお客様に来ていただくようになって
特に感じるんですが、受付って大事。

自分がこれまで芝居観に行ったり音楽聴きに行ったりした事を思い出すと、
受付ってお客様が音楽を聞く前にまず接する人。
お金のやりとりもあれば、予約の確認も、お待ち合わせなんかもあって、大事なやりとりがいっぺんに行われるのが受付なんだよね。
ここで気分よくない思いをすると、そのあとの音楽も芝居も台無しになったりするんだよ。
だから大事なポジションなんですよね。

本当は私が受付も全部できればいいんだけど、なかなかそういうわけにもいかず、
そうなるとやはり信頼できる人に受付はお願いしたいのです。



 HUBで私とも長く一緒に働いてきたこの二人。
音楽が好きで接客が好きで、、っていう理想的な二人です。




 受付の心配が解消すると、私は本当に本当に!安心するの。
「ほっconfident」としてステージのことに集中できます。
本当にそうなんです。

だから日曜日の午前中から出て来てくれるこの二人に感謝でいっぱい。
本当にどうもありがとうね。

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ただね、この二人、
揃いも揃って超のつく人見知り!
なのに接客が好きなんだからウケるんだけどね(笑)

 しかも二人とも長くHUBにいるのに出勤がかぶったことがあまりなく
7月マチネの受付をした時は、一緒に仕事するのほぼ初めてっていう状態だったの。
お客様への対応は何も心配してなかったんだけど、
私はそこだけが心配で\(;゚∇゚)/
「あんたたち大丈夫?人見知り同士だけど、ちゃんと会話するんだよ」
って言ってたのです(笑)


でもマチネ終わるころには二人できゃっきゃしてましたよhappy01
よかったよかったdash

もし覚えてたら入口で二人に声掛けてみてください。
たぶん人見知りなリアクション返ってきますけど(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

accoから、kumatterなう。

 kumatterって・・・・

て、思うでしょう?


私も思った(笑)

 7月マチネの直前にaccoから届いたプレゼント
「準備中なう。」に引き続き、今回もaccoからプレゼントが来たのですcrying



  「一攫千金なう。」diamond

Rimg0399_4

「悪い顔の熊田千穂と
熊田千穂を影であやつるキラ星のブレーン、青木研(略して黒木研)」

だそうデス。
「さわやかなフライヤー作った反動がモロに出た!」らしい。

 そうなんだろうなぁぁぁ~~coldsweats02という感じです。
さわやかだもんねぇ今回。
フライヤ作成中のaccoとの打ち合わせメールのやり取りの中にちょいちょい、



「さわやかすぎてあまりに恥ずかしく、仕事のデスクの上では人に見られないよう
裏返してます。」


「羞恥プレイ? ってぐらい恥ずかしいです。」

ていう訴えが、あったもの・・・(笑) ありがとうね<(_ _)>

 このkumatterにはaccoの本領部分が炸裂している部分もありつつ、
でも基本的に明るくてユーモアがあるよね、うくく!
あ、「そんな分析いらんねん!!」て怒られそうですな。


 しかし、「黒木研」はうまいわaccoさん。
 実際たまに黒木研ですよ、わりと


 しかしこの黒木研ハードボイルドだねえ!そして熊田とされるこの女の子
かっこいいわ、細くて胸があって、いいねぇ。。heart04

 でもさでもさ、これの反動だと思うと

Omotejpg_2

やはり私はaccoの心中想像してにやにやしてしまう( ´艸`)プププ


 でも、7月マチネの時も驚いたけど、
この絵の原案が送られてきたとき私はまた驚かされたんだ。重厚なのに軽やかで、そして華やかで。夢みたいだなと。いろんな人を受け入れようとしている。
accoにはいったいどれだけ切り口があるんだろうと。
いやいや、「切り口がある」というわけではなく
キラ星を素敵にみせようと、イメージを毎回苦心して産み出してくれているんだけど。
accoという画家さんのイメージがどんどん変わっていきます。


 いつもキラ星フライヤーでaccoの絵を見て下さっている方は
彼女の個展にいったら驚くと思う。
今回のフライヤ―を「恥ずかしくて思わず裏返した」理由がわかります。
基本的にこんな笑顔は見ることができません。
「笑顔」があるとしたら、それはもっともっと妖艶でぞくっとするようなやつです。
accoページ(←ほんの少しなんですが)


 でも、そもそもaccoの描く絵そのものが、出会った頃に見せてもらっていたものとは
ぐいぐい変化してきている気がする。

 前に進まねばという気持ちにさせられる。

マチネの度に、彼女の絵にどれだけエネルギーをもらって
力を蓄えさせてもらっていることか。


 もうすぐ12日。acco、今回も大阪から浅草に駆けつけてくれるそう。
 

 さあ!もうすぐだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010・秋・新宿トラッドジャズフェスティバル

 今頃アップ!11月13日の新宿ジャズです!

 今回もキラ星で出演させていただきました。
 ありがたいです。


「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」っていうバンド名は、3年前に銀座で上演した舞台「花よりタンゴ」に出たときに付けたんだけど、そのバンド名で活動していくことまでは何も考えてなかったの。
あの時はもう舞台と歌に必死でsweat01


舞台を観にきてくださった新宿ジャズ実行委員の加藤さんが(加藤さんはHUBの常連さんでもあって、私がバイトを始めその後歌をうたいだしたころからずっと見守ってくださってる方です。アルバム「Sing Me A Song」のライナーのspecial thanksのとこにある Kato-sanは、加藤さんのことなの)


「ちほちゃん!いいじゃないこのバンド、今度から新宿ジャズはこのメンバーで出るといいよ!」


 一か月後に届いたスケジュール表に「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」っていうクレジットを見たとき、泣きました。
このバンド名で正式に活動を始めたのはあの日からです。


  さて、今年の会場は「Neco Bar」。
コンクリ打ちっぱなしのなんだかかっこいいお店。
写真は瀬谷さんが送ってくださいました。
どうもありがとうございますhappy01sweat01sweat01
井桁さんもお客様からいただいたという写真をツイッターに上げてくださったんでそれも載せます!

10904724_855101812_187large_2

N_m2

10904724_855101814_33large

見えるかな?一人多いの。
そう!トランペットの筒井政明さんが、11月14日HUBに引き続き飛び入りしにきて下さったんです。しかも全曲一緒にやってくれたという!
ラッキー☆(≧∇≦)

 嬉しいことに客席は満席だったんですが、お客様もラッキーだったと思いますhappy01heart04



  そしてね、そしてね、そしてね!
さらなるラッキーが!!!

キラ星にキレイどころを一人、私はひっぱってきちゃったのです!
半ばゴリ押し的に・・

写真の奥を見よ!
ドラムの向こうにいるのはヴィヴラハープ、そしてパーカッション奏者である加藤亜依さんなのだ。

10904724_855101802_241large_2

 「新宿アコギの会」というギタリスト集団(ラフなお名前つけてらっしゃいますけどこの集団すごいギタリスト揃いなんだよ、てか、だいたいラフな名前つけてる人達って実はものすごいんだよね・・) に紅一点の“シロフォン(木琴の仲間)”演奏で加わり新宿ジャズに出演していた亜依さん。


 自分の出番が来る前に、その「アコギの会」のステージを客席から覗き、シロフォン演奏をしながら時にシンバルも操る亜依さんの姿を見つめていた私の頭にムクムクと妄想&たくらみが・・・・・・・・・・・・

「これって、、、もしかしてお願いしたらこの後のキラ星に入ってくれたりするかも・・・。お祭り気分に乗じて『うん、いいよ』ってうっかり答えてくれたりするかも、、、かも、、」


 出番と移動が終わったと思われるころにすかさず電話!!
(そもそも電話番号を教えてもらったのがこの日の朝だったんだけど(^-^;)


私「あの~、、ですね実はこのあとnecobarでキラ星なんですが」

亜依さん「うん。今necobarで演奏聞いてるの、このままキラ星も聞くよー」

私「ええと、それがですね、もしも、もしも御迷惑でなかったらなんですが、
  キラ星に飛び入りで入ってもらえないかなと思い。。パーカッションでぜひ。」

亜依さん「えっ?!いやいや、そんなsweat02

私「そこをなんとか!数曲でいいのです~~~~!!!!」



 新宿ジャズのお祭り気分が私をこんなにもずーずーしくさせてくれた。。(*^ω^*)ノ彡
そうにちがいない!


 「ねぇねぇねぇ!亜依さんが飛び入りしてくれるんだよー!!!」
メンバーに報告。
「おお~!マジで!?」

というわけで

 キラ星with筒井政明&加藤亜依のステージとなったのです。

亜依さんは持参のシンバルを左手に右手にはなんと泡立て器!
「これでたたくといい音するの」

たしかに。。。
シャッシャッシャッ・・と軽やかでやさしく小気味よい音がするんです。
「1~2曲ね」
と言っていた亜依さんをステージから降ろさなかったのは、私たちキラ星とお客様。
盛り上がったのなんの。


 だってさ、かっこいいんだもん。
突然女の人が客席から、シンバルと泡立て器持ってすっと現れて、「何するの?」と
思ったらたった二つの道具であんなにスウィングして演奏しちゃうんだもん。
そりゃあかっこいいよ!
しかもだんだんノッて来てくれて、お店に備え付けてあったドラムも上手く使い、タムタムやバスドラムも混ぜてたっぷりソロを聞かせてくれて、もうお客さんの視線独り占め。
すごく盛り上げていただいたし、バンドのテンションも上がって、私もほんっっと楽しかったの!


 いや~~~~新宿ジャズがなかったらできなかった贅沢だと思う。
お願いしてみるもんです。
亜依さん、本当にありがとうございました!初共演達成だ!
そして筒井さん、フルでしっかりご一緒していただけてうれしかったです!

   アフター新宿ジャズ。。
西荻窪ミントンハウスにてアフターセッションがあるらしいという噂は聞いていたんだけど、まぁ一人で行く勇気ないな~と思っていた私。
亜依さん「ミントン行くんだけど、一緒にいく?」
私   「いっいく~~~~!!!」


 なんともラッキーな流れでですね、亜依さんに連れてってもらいました。しかも

「その前に家に楽器置きたいんだ、来る?」

いきなりご自宅にお邪魔!
ご自宅・・・てことは、あの子に会えるの?!
ムウさん!

 亜依さんはムウさんという猫を飼っていて、ブログにほぼ毎回登場するの。

101113_17282112_2

この子です。亜依さんに抱かれ、されるがままの図。
初対面の私にも、たくさん触らせてくれた(涙)心の広い子だったなぁ。
「めずらしいよね」って言ったら
「おまえは犬なんだよ~って言って育てたの」だって!( ^ω^)


 そして西荻へ。。
まぁお話すれば長くなることながら、いろいろな方と初対面し緊張しながら・・

セッションが始まる

Rimg0193_2

 セッションリーダーは阿部寛さんです。

Rimg0198

ウォッシュボードを泡立て器で演奏する亜依さん。


 亜依さんブログ
この人がいかにトラッドジャズを愛し、研究し、鍛練しているか
覗き見ることができるブログです。
もう、頭がさがりっぱなしです。
一方で胸がすかっとします。
こんなに突き詰めてゆこうとしている女性の姿を見ていると。
あ、ムウさんもいっぱい出てきます。



 嬉しいことのたくさんあった新宿ジャズの一日でした。

この日一番衝撃だった亜依さんの一言。

亜依さん家へ向かう電車の中、おしゃべり(亜依さんタメ口&私敬語)していたら急に

「あの、そろそろ敬語やめませんか?これから長い付き合いになるんだから。」

 ドギマギして一瞬言葉が出なかった私coldsweats02sweat01

そもそも「古いジャズ好きで歌ってる子いるんだよ」とべースの加藤さんからたまたま私の名前を聞いてネットで探してわざわざメールを送ってくれた亜依さん。
こんな自分ですが、「同じ音楽を好きな仲間」としてすごく受け入れようとしてくれているんだなと伝わり、嬉しかったです。
プロポーズかと思ったけどhappy01
やぁねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

いやし・・・

「癒し」なんて言葉ァ、おらァでっきれぇだね!

というタイプです。

スローライフとかさあ、癒しとかさあ、冗談じゃねえよ!
言葉にすんな!発すな!ブームにして稼ぐなー!!!!

 っていうね。

ひねくれてるのです私は基本的に。
だって、なんか変じゃない?
そういうくくりの中でもてはやされ消費されている物すべて、私が子供のころには当たり前だったことなんだもの。
田舎っ子の私には、やはり奇妙に感じる部分があります。

 でも実際、あの頃当たり前だった物は
現在ではほぼすべて、求めなければ手に入らないものばかり。




 そして現在、都会に住んでるワタクシ。
窓の外に広がる西新宿のパノラマよ・・





  え~~~~~、、
なにが言いたいかといいますと、かくいうヒネクレなわたくしも
「癒し」を実感せずにおれない瞬間が生活の中にあるのです。
ああ、2000年代の都会暮らし・・・!



 最近、このブログ読むとほっとするんだな


みむたろうのベクトル
 みむたろうさんという女性が、おだやかに更新しているブログです。
みむたろうさんとはライブに来てくださったことがきっかけで知り合ったの。
内容は主にお料理と植物のこと。
とにかく、写真がいいです。
写ってるお料理はナントカ牛とかオシャレハーブとか使ってる気取った料理じゃなくて
日常のもの。
なのになのに、ものすごくうまそうなんだこれが!
こんな人と結婚したらしあわせだろなぁ~~~・・・・・・
私、口あけて読んでるの最近(笑)
あと、文章もささやかで読みやすくてほっとします。
バランスが気持ちいいの。


あとね、最近このみむたろうのベクトルにあったリンクから飛んでハマってるのが


忍者絵巻
たぶんフリーランスのデザイナーさんがつれづれに書いているブログという感じだと思うんだけど、かわいい忍者のキャラクターが主役になってるマンガと一緒に日記が書かれてます。面白いんだこれが!そしてかわいいんだ!
すっかりはまり、夜中に2009年の日記までさかのぼって読んじゃった・・
(なにやってんの私・・・)
たとえば、こんな感じ→
京都旅行の話




 読んでるとわかるんだけど、どうやらみむたろうさんと忍者さんは姉妹なんだな。
トピックの選び方とか、伝え方とか、二人ともセンスいいなあと思う。
ちっともごちゃごちゃしてないんだよ、このブログとは大違い( ̄Д ̄;;

 夜中ふとこういうブログにいやしてもらいに行く私であります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

井桁さんと

 先月、キラ星のHUB出演後
井桁さんとユニット組んでみたよの図

 どうも、C☆☆LS(クールス)
です!
スーザフォンとヴォーカルのユニットだったらすごいね

Rimg0189_2

うしろにいるのはHUBクルー松谷くんです

Rimg0186

HUBに出演するときは、クルーのみんなにはこういう星グッズで仮装してもらい
「キラ星ガールズ&ボーイズ」になってもらうんですが、バンドメンバーは星グッズつけないので、ちょっとつけてみたくなるんであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アトリエ・ド・マーのタルト

パティシエであるマー君が、とうとう自分のお店を出しました。

初台・Atelier de Mar (アトリエ・ド・マー)

マーとは(なぜかこの人にはカタカナで呼びたいイメージがある)近所のバーで四年程前に知り合いました。
なんていうと私すごい飲ん兵衛みたいですけど。
Duwrite Mayがそのバーでよくライブをさせてもらっていたんです。


お店の人もお客さんもみんな地元の人なので、だんだんご近所付き合いみたいになり、
私がライブ道具を入れたカートをゴロゴロひいて商店街を歩いてると
「お、これから仕事?頑張ってねー!」
なんて声をかけてもらったりするという。

東京とは思えない生活をしてます。
この小さな町に住みはじめた頃は、こんな風に「住んでいる」事を実感できるような生活ができると思ってなかったな。

出会った頃のマーはパティシエしながら、時々は違うアルバイトもしていたんじゃないかなあ。
その後数年間のうちにものすごく頑張って、20代にして自分のお店を構えたんです。
すごいよね。

先日行ってきました。
可愛らしいお店。

今はタルト専門にやってますが、徐々にメニューが増えるのかもです。

そのタルトの種類たるや(涙)
どれもこれもキレイで美味しそうなんだわ!
厨房とショーケースのみの小さなお店に、お客さんが入れ替わり立ち替わり訪れてました。(写真以外のタルトもあるようだったんだけど、どんどん売れていってたのです)

Rimg0357_2

Rimg0358
ご近所のお母さんが自転車で来たり、幼稚園帰りの子供の手を引いてきたり。
地元密着に繁盛してるのがいい感じです。

ちょっと前までデパート催事への出店があったりしてめちゃくちゃに忙しかったそう。

Rimg0355_2

Rimg0356_4

私はタルトをよっつも買っちゃった…
おまけにプリンをふたつ入れてくれました。
ありがとうマーhappy01heart04

Rimg0363

いやいや、ちゃんとおすそ分けしましたよ。一人でよっつ食べたわけじゃないって!食べられるけどね。

私、タルト大好きなんですが(いや、ケーキ全般大好き好きです)ここのタルトはホントに美味しい!
タルトの命、生地がまず美味しいです。
もちろん、中身に使ってるフルーツや、栗、クリームなども。
バナナのタルトにシナモンが効いてるのがツボでした。
あと、黒糖とさつまいものタルトもほくほくしてておいしかったなー

そして「マープリン」、美味しかった!
実は看板メニューのようです。自分の名前つけてるしcatface

Rimg0359

初台にお越しの際ってあんまりないかもだけど、新国立劇場からもすぐだからぜひ立ち寄ってみてください。
店内で紅茶のサービスもあるよ♪


 そしてそして、お店にキラ星マチネのフライヤー置いてくれたよ!
ありがとう!

Rimg0361 

「これ持つよー」とフライヤー持ってくれたマー。

「なんか、私が持たせてる風だからいいよ・・( ̄○ ̄;)!」って一応言ったんだよ私!
でも、ありがとうございますっ♪(o ̄∇ ̄)/



 探したら、ありました。
これは3年前、私の誕生日をそのバーのみんながお祝いしてくれたときに
マーが内緒で作ってきてくれたチョコレートとフランボワーズのタルト。
なつかしいなdiamond

Photo

マー、開店おめでとう!
みなさまぜひ、マーのタルトお試しあれ!

初台・Atelier de Mar (アトリエ・ド・マー)







 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »