« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の6件の記事

2012年3月16日 (金)

facebookに書き込んでみたけど長くなってきたのでここに

毛利さんの「ニッポン・スウィングタイム」をもう一度読みながら18日ノンシャランの内容を決めていく。当たり前ですが膨大な歴史。
大正期、昭和初期の文化・芸術・音楽・生活を振り返ろうとするとどうしても「第二次世界大戦」という壁の向こう側を見ようとする事になる。
戦前の文化・芸術に触れるたび私は「戦争がなかったら」と思ってしまう。

「戦争について」。
正直言って、どうしたって「後ろ髪に軽く風が吹いたかな?」程度の感覚の世代だと思う、私たちは。
いくら資料を見ても、悲しい体験談を聞いても、映画を観ても、実際には経験していないのだから。

 でも、戦前の素晴らしい絵や、音楽、写真、映画、ファッション、それらから伝わる人々の豊かで繊細な感性や、現代には見られないような明るく優しいユーモアや、刺激的な力強さに触れたとき、心から「戦争さえなかったら」と思う。
あれらの物を生んできた営みが、一旦すべて中断され壊され否定され白紙にされた事や、もう取り戻せない沢山の形のない物のことを思う。惜しむ。

8月が近づくたびに体育館や集会室に集合し、戦争についてのお話を聞いたり映画を観たりしていたあの頃よりずっと強く。

 ・・・こんなことを書こうと思ったんじゃなかったんだけど長くなってもた
(・_・;)

 ええと、とにかく膨大で、ノンシャラン音楽教室の限られた短い時間でどこまで触れられるかなと思っています。

一回じゃ全部は無理なのは当たり前なんだけど、
今回の教室の先生は毛利さんご本人だからつい欲張っちゃいそうになる。
短い時間内で面白く伝えられる内容を絞るのは難しいな~と思いながらまとめてます。
そしてつくづく面白いなと思うのです。
戦争という壁の向こうに見えにくくなっている日本の文化と日本人。

実は戦時下でも細々と、でもたくましく文化活動が続けられていたこともにもいつか詳しく触れてみたいな。勉強しなきゃなのですが。

 ああこういう感じに書いてるとなんか真面目風で難しそうな感じになる?
そんなことないよ、だってノンシャラン音楽教室だもん。

 平成の大井蛇津郎(おおい じゃずろう と読みます。「大いにジャズろう!」の意味。昭和初期、そういう名のジャズ評論家がいたのです。)こと毛利眞人さんをゲストに迎える
「熊田千穂と銀座キラ星カルテットのノンシャラン音楽教室vol.1」は間もなくです!

毛利さんブログに掲載いただきました。⇒音盤茶話
ありがとうございます!

会場はこちら⇒
ヨーロー堂


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初大吉

 私は小心者です。
どのくらい小心者かというと。。

これまでの人生においておみくじを引いた回数は10回以内、しかも「初詣でおみくじを引く」という風物詩的行為をできるようになったのはここ3年くらいです。
う~ん、やっと大人になったんだなあ。

テレビで毎朝流れる星占い、
本番一週間前でもチャンネルを変えずに観られるようになったのはここ2年くらいです。
なんとここ最近は本番当日の朝でもチャンネルを変えずにいられるようになりました。
ふふん。どうだ。
(でも最下位が発表される三つ前になってもやぎ座が出てこないときは、やっぱりチャンネル変えてしまう)

怖いのですとにかく。
よくないことを言われたらどうするの?
おみくじなんて、初詣で凶なんか引いてしまったら一年間どうやって生きていけばいいのだ。
誰にでも等しく凶を引く可能性はあるっていうのに。

 みんな勇気あるなあ・・・・


そう思っています。今も。
そんな虫ケラのように気の小さい私はおみくじではかばかしい札を引いたことがありません。
当然と言えば当然というか。。
中吉、小吉、末吉、です。
虫ケラレベルゆえ、凶を引くという「むしろドラマチック」な事も起きません。
一度だけ吉を引いたことがあります。2番目にいい札なんだよね。

今年は初詣が遅くなってしまい、2月の近付くころ近所の神社で引きましたが、小吉。はぁ、やっぱりなんだかぱっとしない。
境内の木の枝に結んで帰ってきました。

  さて、HUB浅草で長くアルバイトを続けている私。
もう9年以上(!!)浅草に通っています。
以前に比べ出勤日数は減ったものの、浅草の空気はやはり馴染み深い。
仕事帰りに時々浅草寺にお参りする習慣は自然に始まり自然に続いている事です。
実は子供のころから浅草には馴染みがあります。
東武線の終点・浅草にはよく祖母と一緒に来たのです。

 今の私にとって浅草寺は夜お参りするもの。
23:30を過ぎた境内を通るのは、見回りの警備員、犬の散歩をする人、ランニングする人、酔った帰り道一人お賽銭をあげるサラリーマン、夜遊び帰りの外国人観光客、、
ぽつり、ぽつり。
お堂の前を自転車で堂々と横切りながらも閉じた扉の向こうにいるはずの観音様に軽くあたまを下げていくおじさん。
時々どこかで笑い声が聞こえて、それもすぐに消える。

 私は終電を逃さないよう、まっすぐお堂に向いお賽銭をあげ二礼二拍手一礼(合ってるのかな、、と思いつつ)。
浅草で働かせてもらって、歌わせてもらってありがとうございますってお礼は必ずするのですよこれがわたくし、けっこうりちぎ。
そしてもちろんお願い事も。
お参りしたら仲見世通りを戻り駅に向い、雷門を出る時にもう一度ちょっとだけおじきをします。

 そんな浅草寺が、深夜になってもおみくじだけは引けるシステムなってることに最近気付いたのです。

「ふう~ん。まあ引きたくなる人いるかもね、お酒飲んだり、深夜にお参りしたりする人には」
と素通りしていたんですが。

 なぜか、ゆうべは
ふと引いてみたくなったのです。
こんなに長い年月浅草寺のちかくにいて、おみくじなんて一度も引いたことなかったんだけど。

そしたらね

120314_2324291_2 

これは・・・・
「ぅお!」と思わず一人声をあげたものの、
いや大吉なわけないよと反対から読んでみる。

「吉大一第(きちだいいちだい)」 

不自然。

じゃあやっぱり大吉じゃんか!!

 産まれて初めて大吉を引きました。
お正月をとうに過ぎた真夜中の浅草寺境内で。
わたしの一年はこれから始まるということでよろしいでしょうか。。
確かに2012が始まってこの二ヶ月は「冬眠熊」だったな。
いくつかの流れが重なり、個人的な(世の物事はなべて個人的であり、冬眠などはその最たるものですが)しかもみごとな冬眠をしていました。

虫ケラのごとく気の小さい熊は寝ぼけまなこで大吉を引き、びっくりしすぎて震えるんでありました。
起きよう。

120314_2325321
私がいつもお参りする浅草寺はこうです。

120314_2329571

深夜の仲見世通り、ちょっと幽玄。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

ノンシャランリハでした

120312_1828361_2

亜依さん宅をお借りして、ノンシャランリハしました。
私の位置から入りきってませんがチホちゃん、青木さん、亜依さん、井桁さん、恭一君のメンバーが揃いました。
18日本番は恭一君は出演しないのですが(売れっ子!)リハに来られない筒井さんの分もこの日参加してくれました。ありがとう。

 12月ライブの際、私はまさにリハーサルの日に入院してしまったので、揃った音を聞くのは初めて。
あまりの豪華さにびっくり。
ま横にチホちゃんバイオリン、目の前で亜依さんのシロフォン・木魚・大太鼓、キラ星の音が一気に立体的になって奥行きが増しました。
キラ星がすごいことになってもた。
(いや、、すごかったけどcoldsweats02これまでも充分)
私は聞いて初めて「ふわぁぁ~happy02すごい」となりますが青木さんの頭の中ではこの感じが出来てたんだなあ。


 でもさ、このサウンドを生で聞いてなかったのって私だけで、お客様のほうが先に聞いてるんだよね12月に。(u_u。)。。。
いや!ちがうね、亜依さん入ってのサウンドは今回が初公開になるよ。


18日は大太鼓ありませんけどcatface「あるんだから今は入れよう!」と。
いろんな所からいろんな楽器が出てくる亜依さん家。
すごいなあ。

Img_593643_46120556_51 

亜依さんブログより拝借。
亜依さんはずっと写真を撮っておったよ。
音楽と楽器と音楽家と、音楽を構成する細部のすべて(きっと匂いとかもぜんぶ)を深く愛する心を持った人。(何より愛してるのは猫のムゥだけど)

 隣の部屋では亜依さん愛猫ムゥさんがお座りしてずっとリハを聞いてました。位置的に私の場所からだけその背中が見えるのです。緊張感。
(「あれね、聞いてるんだよ」と亜依さんが教えてくれた。)
亜依さんちで常にいい音楽ばっかり聞いてるんだもんね。

 
 それにしても18日が楽しみです。
こんな音楽をヨーロー堂に持って行けるとは!
しかも毛利さんが一緒とは!!

第一回ノンシャラン音楽教室。
企画自体が私にとっても初めての内容なので、自分から立ち上げたもののどこまで何ができるかcoldsweats02不安もあります。
これだけの素晴らしいミュージシャンと素晴しい音楽史研究家を一緒に舞台に上げて魅力的なものにならないわけないからこそ、そんな人達が賛同してくれたからこそ、何をしようとしてるかが問われるわけで。
進めていく一方で日ごと胃痛が増すっていう、いつものやつになってます。
今回に限らずキラ星の企画の度にいつもこうなんだけど。
底の浅い自分。
努力と才能と実力のかたまりの出演者の中で当日もあがきまくってると思います。


 でもきっと面白いものになると思いますので、どうか楽しみにしていてね。
一回目を見逃さないで。
でも二回目からも見逃さないで。

Rimg1651

この写真は2月にやった新年会でのようす。写ってないけど筒井さんもいるの。
初めて全員集合した日でした。みんなでJZBratでの映像を観ました。

Rimg1654_4

バイオリンチホちゃんが一か月遅れの誕生祝いにとケーキを手作りしてきてくれたのです(涙)どうもありがとうございます。

 今夜はキラ星トリオでミントンハウスに出演です。
19:30スタートです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

更新・3月4月~スケジュール☆

■2012年3月13日(火曜)西荻窪ミントンハウス

  diamondキラ星トリオdiamond

熊田千穂 ヴォーカル
青木 研 バンジョー
井桁賢一 スーザフォン

・19:30~22:30(3ステージ)
・2000円

キラ星トリオがまたミントンに登場します☆
遊びにいらしてください!

新企画!!
■2012年3月18日(日曜)浅草・音のヨーロー堂

浅草ヨーロー堂&銀座キラ星カルテットコラボ企画

 heart熊田千穂と銀座キラ星カルテットの
            ノンシャラン音楽教室vol.1

Nonchalant_color1mini_4

3月よりキラ星新企画始めます!
大正元年創業(!)のレコード屋さん浅草・音のヨーロー堂とキラ星がコラボしました。
キラ星カルテットライブとゲストとのお話で進める2ステージ構成の音楽教室。
普段のライブよりちょっと突っ込んで、でも「ジャズソングって何?」というところから始めていくとっても初歩的なジャズソング教室です。

第一回目のゲストはなんと!!
「ニッポン・スウィングタイム」(講談社)に続き
「砂漠に日が落ちて~二村定一伝~」を出版されたばかりの音楽ライター・毛利眞人さん。
CDアルバム「ニッポン・モダンタイムス」シリーズの企画・監修もされている毛利さんに
キラ星カルテットも生徒となり、ジャズソングのいろはから教えていただきます。
もちろんライブもしっかりやりますnote

 「ジャズソングって興味あるけど、歴史とか難しそうなんだよな~・・」というそこのアナタ、
曜日の昼下がり、キラ星と一緒にノンシャランな気分でお勉強しましょcherry
お客様からの質問も大歓迎ですheart

日時:3月18日(日)
会場:ヨーロー堂2階
企画:熊田千穂・ヨーロー堂 トモコ

開場:13:30
開演:14:00
料金:2500円

ゲスト:毛利眞人 氏

出演:熊田千穂と銀座キラ星カルテット
熊田千穂vo
青木研bj/gt
筒井政明tp
斉藤チホvln
井桁賢一sus
加藤亜依perc/xylophone 


ヨーロー堂:トモコ

※ノンシャラン-のんしゃらん-nonchalant(仏語)
のんきなさま
さり気ない
涼しい顔で
      ・・・などの意味

■2012年3月24日(土曜)ダイニングバー・クッチョロ

DuwriteMayでひさびさに。
イタリアンレストランで演奏します。

板橋区高島平9-1-6。西台駅東口高架下
TEL:03-6751-6162
都営三田線西台駅東口より徒歩1分
営業時間18:00~1:00(L.O.)。
チャージ無料

DuwriteMay
熊田千穂(vo)
増田信太郎(gt)

■2012年3月30日(金曜)関内・barbarbar

wine花岡詠二 スヰング・ショッツwine

cl/sax:花岡詠二
vib:武田 将
pf:山本 琢
bs:加藤 人
ds:竹内 武
vo:熊田千穂

スタート19:30~

ミュージックチャージ ¥2625
テーブルチャージ ¥525
(お席のご予約でテーブルチャージがフリーになるそうです)

花岡さんのバンドにご一緒して久しぶりに関内barbarbarです。
ちょっと浅草HUBにムードが似ていて、居心地のいいお店です。

■2012年4月5日(木曜)新大久保・Space DO

《DAC協賛 ビッグバンドシリーズライブ》
岡本章生とゲイスターズ
Live at Space Do
~懐かしいビッグバンドの名曲を~ レイ・アンソニー楽団のナンバー etc.
ビッグバンドフェスティバル直前 緊急ライブ!! チケットを逃した方必聴です!!!

出演:tp/leader 岡本章生
tp 間宮良二 鈴木正晃 高橋岳史 臼沢ジェイスン茂
tb 高橋朋史 向後克規 森山樹芳 比嘉一博
sax 白石幸司 小林哲男 伴田 裕 松元啓祐 渡辺 滋
dr 辻田健太郎 b 近藤研之 pf 諸戸勝也 gt 梅田和利
vocal 熊田千穂

☆お問合せ
Tel:03-3361-2211 Eメール
info@kkdac.co.jp
(管楽器専門店ダク)
Tel:090-3683-3480 HP:
http://www.ab.auone-net.jp/~stars/
(岡本)
時間・18:30開場/19:00開演
チケット・3,500円(当日4,000円)
※1ドリンク付き

昨年のゲイスターズライブを聴き逃した方はぜひこちらへ!
4月ビッグバンドフェスのチケットはすでに完売とのことで、貴重なライブです。
本当に!かっこいいので、生でぜひ体感しにいらしてください。

■2012年5月12日(土曜)
新宿・春の楽しいジャズ祭り
於・新宿文化センター

 昨年は震災の影響で中止となったジャズ祭りが今年帰ってきます!

■2012年5月15日(火曜日)渋谷JZBrat

   熊田千穂と銀座キラ星カルテット
          「The Music Travels Around The World」

熊田千穂(vocal)
青木研(banjo・guitar)
筒井政明(trumpet)
渡邊恭一(tenorsax・clarinet)
齋藤チホ(violin)
加藤亜依(vibraharp・percussion)
井桁賢一(sousaphone)

会場:JZBrat
http://www.jzbrat.com/
渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階

ずずいとよろしくお願いしますheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

ノンシャランフライヤー

Nonchalant_color1mini_2

浅草ヨーロー堂&銀座キラ星カルテットコラボ企画

     熊田千穂と銀座キラ星カルテットの
                 ノンシャラン音楽教室vol.1

日時:3月18日
会場:ヨーロー堂2階

開場:13:30
開演:14:00
料金:2500円

ゲスト:毛利眞人 氏

出演:熊田千穂と銀座キラ星カルテット
熊田千穂vo
青木研bj/gt
筒井政明tp
斉藤チホvln
井桁賢一sus
加藤亜依perc/xylophone 


ヨーロー堂 トモコ

※ノンシャラン-のんしゃらん-nonchalant(仏語)
のんきなさま
さり気ない
涼しい顔で
      ・・・などの意味

accoこと加藤章子によるノンシャランフライヤーであります。
「The Music Travels~」のフライヤー作成お願いする度に、過剰な肌見せをするな(あっこにそんな事を言ってはいけない)、さわやかにしろ(あっこにそんな事を言ってはいけない)、この娘ちょっと目が病んでない?ない??(あっこにそんな事を・・)と注文ばかりつけて追いつめている私なわけですが、
(なのに毎回のあの完成度よ)
今回は
「いつもごめんね、今回自由に書いてください!エロくてもグロくても!」
と言って描いてもらいました。

「あたし、別にエログロじゃないんですけど。」
って言われましたが。

 伝わるかな・・・
「The Music Travels~」のときにはセーブをかけてしまうんですが、本来のあっこにはこのパターンを含む様々な女の相があるのです。
親友の小説家・中島桃果子の作品に挿絵を描くときはまた違った女の人が立ち昇ってくるし。

今回「ノンシャラン音楽教室」は大正後期・昭和初期の文化や風俗のごちゃっとしたイメージや、何よりヨーロー堂というお店の雰囲気や、、
強烈なものを強烈なままに置いて近づいていくようにしたいと思ってるので、この絵が合うと思うのです。

120225_0314021_3

先日大阪から東京に来て我が家に泊まった際のあっこ作業中の後姿。
打ち合わせ等いくつかの事が重なり上京したこの日、キラ星フライヤーに使う重たい資料も沢山持って来てくれたのです。
そして5月15日「The Music Travels~」のフライヤー案をすでに私の部屋で練り始めてくれている、あっこは多忙。

そんな日に「あの、実はノンシャランという企画がね。。」と切り出し、彼女を一瞬沈黙させたのは言うまでもない。

 それにしても、あっこにもらう力はいつも強大。
「ちほさんがやるなら描いてもいいよ」
とこれからも言ってもらえるようでありたいと心底思う。

 ノンシャラン、フライヤーはしばらくこれを定番に行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月 2日 (金)

3月~スケジュール☆

■2012年3月13日(火曜)西荻窪ミントンハウス

  diamondキラ星トリオdiamond

熊田千穂 ヴォーカル
青木 研 バンジョー
井桁賢一 スーザフォン

・19:30~22:30(3ステージ)
・2000円

キラ星トリオがまたミントンに登場します☆
遊びにいらしてください!

新企画!!
■2012年3月18日(日曜)浅草・音のヨーロー堂

浅草ヨーロー堂&銀座キラ星カルテットコラボ企画

 heart熊田千穂と銀座キラ星カルテットの
            ノンシャラン音楽教室vol.1

Nonchalant_color1mini_4

3月よりキラ星新企画始めます!
大正元年創業(!)のレコード屋さん浅草・音のヨーロー堂とキラ星がコラボしました。
キラ星カルテットライブとゲストとのお話で進める2ステージ構成の音楽教室。
普段のライブよりちょっと突っ込んで、でも「ジャズソングって何?」というところから始めていくとっても初歩的なジャズソング教室です。

第一回目のゲストはなんと!!
「ニッポン・スウィングタイム」(講談社)に続き
「砂漠に日が落ちて~二村定一伝~」を出版されたばかりの音楽ライター・毛利眞人さん。
CDアルバム「ニッポン・モダンタイムス」シリーズの企画・監修もされている毛利さんに
キラ星カルテットも生徒となり、ジャズソングのいろはから教えていただきます。
もちろんライブもしっかりやりますnote

 「ジャズソングって興味あるけど、歴史とか難しそうなんだよな~・・」というそこのアナタ、
曜日の昼下がり、キラ星と一緒にノンシャランな気分でお勉強しましょcherry
お客様からの質問も大歓迎ですheart

日時:3月18日
会場:ヨーロー堂2階
企画:熊田千穂・ヨーロー堂 トモコ

開場:13:30
開演:14:00
料金:2500円

ゲスト:毛利眞人 氏

出演:熊田千穂と銀座キラ星カルテット
熊田千穂vo
青木研bj/gt
筒井政明tp
斉藤チホvln
井桁賢一sus
加藤亜依perc/xylophone 

ヨーロー堂:トモコ

※ノンシャラン-のんしゃらん-nonchalant(仏語)
のんきなさま
さり気ない
涼しい顔で
      ・・・などの意味

■2012年3月24日(土曜)ダイニングバー・クッチョロ

DuwriteMayでひさびさに。
イタリアンレストランで演奏します。
詳細は少々お待ち下さいね、夜です。

DuwriteMay
熊田千穂(vo)
増田信太郎(gt)

■2012年3月30日(金曜)関内・barbarbar

花岡詠二 スヰング・ショッツ

cl/sax:花岡詠二
vib:武田 将
pf:山本 琢
bs:加藤 人
ds:竹内 武
vo:熊田千穂

スタート19:30~

ミュージックチャージ ¥2625
テーブルチャージ ¥525
(お席のご予約でテーブルチャージがフリーになるそうです)

花岡さんのバンドにご一緒して久しぶりに関内barbarbarです。
ちょっと浅草HUBにムードが似ていて、居心地のいいお店です。

■2012年5月12日(土曜)
新宿・春の楽しいジャズ祭り
於・新宿文化センター

 昨年は震災の影響で中止となったジャズ祭りが今年帰ってきます!

■2012年5月15日(火曜日)渋谷JZBrat

   熊田千穂と銀座キラ星カルテット
          「The Music Travels Around The World」

熊田千穂(vocal)
青木研(banjo・guitar)
筒井政明(trumpet)
渡邊恭一(tenorsax・clarinet)
齋藤チホ(violin)
加藤亜依(vibraharp・percussion)
井桁賢一(sousaphone)

会場:JZBrat
http://www.jzbrat.com/
渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階

ずずいとよろしくお願いしますheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »