« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の5件の記事

2012年5月30日 (水)

6月・7月・8月スケジュール☆

■2012年6月22日(金曜)ダイニングバー・クッチョロ

小さなカフェのようなイタリアンレストランです。
19時頃から演奏します。

DuwriteMay
熊田千穂(vo)
増田信太郎(gt)

■2012年6月24日(日曜)久保稲荷公民館

入間ジャズクラブ 第11回ジャズ入門講座&交流会

講師 ジャズ評論家 瀬川昌久氏
出演 青木研(bj) 熊田千穂(vo)

参加費 1000円 定員100名(先着順)

ディック・ミネ、藤山一郎、岸井明、、松島詩子、二村定一・・・ニッポン・モダンタイムス~スウィング・エラ1928・1942の時代を、余人をもって代え難い本邦ジャズ評論界随一の解説で辿ります。
ゲストに世界的バンジョー奏者青木研氏、昭和初期のジャズソングを今に歌い継ぐ熊田千穂さんを迎えます。お見逃しなく!

↑というわけでして、
入間ジャズクラブさんにて瀬川先生の講座とともに、
青木さんとのデュオをやらせていただきます。
定員100名様とのことで、ぜひご予約くださいませ!

 ※申し込み方法 
参加費を添えて直接久保稲荷公民館へお願いします。
こちらをご覧ください→入間ジャズクラブ

■2012年6月25日(月曜日)青山 
 

with 岡本章生&ゲイスターズ(パーティー)

■2012年6月28日(木曜日)IZUMI 六本木

北島直樹(p)金森もとい(b)Emiko Voice(vo)熊田千穂(vo)

演奏時間:①20:00~ ②21:20~ ③22:40~ (3ステージ)
MC:\3,500-

ブッキングを見て驚いたんですが、Emiko Voiceさんという方は
偶然にもここ最近私がネット上で動画を沢山見ていた歌い手さんなのです。
マニアックなブラジル音楽もバップも歌いこなす、すごい歌手。
まさか共演になるとは、いやはやこんな事があるんですね(@Д@;
どっきどきです。楽しみです。
生で聞いたらすごい衝撃だろうな。。勉強させていただきます!

■2012年7月6日(金曜日)西荻窪ミントンハウス

diamondキラ星トリオdiamond

熊田千穂 ヴォーカル
青木 研 バンジョー
井桁賢一 スーザフォン

・19:30~22:30(3ステージ)
・2000円

ミントンハウス、
楽しくやらせていただけて嬉しいです。
ウクレレ、また少し弾かせていただきたいなと思っています。
よろしくどうぞ♪

  

■2012年7月22日(日曜日)八海山 泉ヴィレッジ

八海山コンサート
中島三郎(tb)&浅草トラッドジャズバンド

中島三郎(tb)
小森信明(tp)
後藤雅広(cl)
大橋喬志(p)
木村勝彦(bs)
楠堂浩己(ds)
熊田千穂(vo)


*受付 17:30
*ディナー 18:00~20:00
お料理・フリードリンク付き
八海山普通酒、夏限定純米原酒、もろみ焼酎
泉ビール・ヴァイツェン、ワイン、オレンジジュース、ウーロン茶

{演奏}
第一部18:30~19:15
第二部19:30~20:15

日本酒の八海山さんでのディナーコンサートです。

おいしいレストランやおいしいパン屋さんやキャンプもできる広場やフィッシングパークや地ビール工場などがある、「泉ヴィレッジ」という八海山さんのやっている複合施設。ここ、すごく楽しい場所です。
木々の繁る敷地内には小川が流れてるんですが、水がきれいすぎてエメラルドグリーンdiamondです。なによりも美味しいものだらけなのが最高です。
飲み放題に含まれる地ビール、めちゃくちゃ美味しいらしいです。
きっとここで飲むのが一番美味しいんだと思います。
私は日本酒派。

■2012年8月1日(水曜日)渋谷JZBrat

岡本章生&ゲイスターズ Live at JZBrat

〜One Night Stand〜

120801_mainthumb160xauto18651_2

「8時だよ全員集合!」に14年間出演、歌謡界を支えつつジャズオーケストラとして作品を発表し、米コンコードジャズに召喚される等日本ジャズを築いた岡本章生&ゲイスターズ。岡本章生が辿り着かせたのは本物のビッグバンドスウィング!レイ・アンソニーやハリー・ジェイムスの名曲を最も豪華な編成で!

【岡本章生&ゲイスターズ】
Leader&Trumpet: 岡本章生
Trumpet:間宮良二、鈴木正晃、高橋岳史、臼沢ジェイスン茂
Trombone:高橋朋史、向後克規、森山樹芳、比嘉一博
Sax:白石幸司、小林哲男、伴田 裕、松元啓祐、渡辺 茂
辻田健太郎(ds)近藤研之(b)諸戸勝也(p)梅田和利(g)

熊田千穂(vo)

・ 開場・開演  1st:Open 17:30 Start 19:30
         2nd:Start 21:00 
・入替なし

・料金:予約¥4,200 当日¥4,500 

岡本章生&ゲイスターズ、本っ当にかっこいいですから!
他にないです。
ビッグバンドってなかなか聞かないし行かないなあ・・という方にこそぜひ一度体感していただきたいなといつも思うのです。
私自身、ジャズの畑にいてもプロのビッグバンドを聞く機会というのは少なかったのですが、昨年より何度かゲイスターズにご一緒させていただいて毎回しびれています。
楽しいです!ぜひ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

今夜です☆★☆

今夜は雨、どうか足元に気をつけてお出掛けくださいね。たった今、 JZBratさんが、今夜のボードの写真をメールくださいました。今夜は私の名前あります。ありがとうございます!

As50arqcaaacbug1

名前のアップも送ってくださった(笑
ありがとうございます!(涙)

As528wcciaadn5d1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

5月12日スケジュール☆

■2012年5月12日(土曜)昼 新宿文化センター
新宿・春の楽しいジャズ祭り

・11:30開演(20:30終演予定)
・会場:新宿文化センター 
・料金:前売券3,000円 / 当日券3,500円 / 新宿区民割引2,500円
 ※高校生以下無料(ご入場の際に、学生証を提示してください)
 ※新宿区民割引を窓口でご購入の際は、住所が記載された証明書(運転免許証など)をお持ちください。
  1通の証明書でチケット4枚までご購入できます

 昨年は震災の影響で中止となったジャズ祭りが今年帰ってきます!
今回も新宿文化センターまるごと使い切るイベントです

12:00~12:40(cozy corner 4階和室)
熊田千穂と銀座キラ星カルテット


熊田千穂(vo) 青木研(bj) 筒井政明(tp) 渡邊恭一(ts.cl) 井桁賢一(sus)

☆14:30~15:10(relaxin' space 地下2階リハーサル室)
後藤雅広 Delta Four・ ゲスト熊田千穂


後藤雅広(cl) 後藤千香(p) 青木研(bj) 小林真人(b)
熊田千穂(vo)

キラ星は今年も4階和室でトップスタートです。
来てくれるのか・・・お客さん、朝イチで最上階よcoldsweats02
不安であります。。。。weep

来てね、どうか、4階まで上がってきてね!!!
待ってますsign03

さらにあの、「Delta Four」にゲスト参加というとんでもない事になりました。
貴重すぎる時間をご一緒させていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

■2012年5月12日(土曜)夜 川崎市民プラザ

市民プラザ BIG BAND NIGHT

The Big Band Of Rogues

スペシャルゲスト 岡本章生(Tp) 熊田千穂(Vo)

入場料 ご予約の場合 2000円/当日 2500円
受付17:00 開場18:00 開演 18:30

 歴史ある社会人ビッグバンドThe Big Band of Rogues さんに
岡本章生&ゲイスターズのリーダーでありトランペット奏者の岡本さんと一緒にゲストとして呼んでいただけました。
どうもありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

ノンシャラン音楽教室・復習☆

Nonchalant_color1mini

日曜昼間のお教室、宣伝期間が短かったこともあり
残念ながら出席人数は多くありませんでしたが、出席者のみなさんからは非常に好評をいただきました。
それが本当に嬉しかったです。
 念願の毛利さんとの共演、キラ星もほぼ全員集合の状態で行うことができました。



 一部は演奏・二部は講座、という形をとりましたが、
本当は一曲演奏するごとに毛利さんと私と青木さんが対談しながら進める感じで、より勉強会っぽく進めたかったなあと思ってます。

それにしても、毛利さんのお話のやさしくわかりやすいこと。
初心者な質問にもユーモアたっぷりに、でもしっかりと答えてくださいました。
本当にもっと沢山の人にお話聞いて欲しかったな。

それにアシスタントのヨーロー堂ともちゃんも大活躍してくれましたね。
エプロン姿での登場がチャーミングでした♪

浅草ヨーロー堂&銀座キラ星カルテットコラボ企画

     熊田千穂と銀座キラ星カルテットの
                ノンシャラン音楽教室

日時:3月18日
会場:ヨーロー堂2階
ゲスト:毛利眞人 氏

出演:熊田千穂と銀座キラ星カルテット
熊田千穂vo
青木研bj/gt
筒井政明tp
斉藤チホvln
井桁賢一sus
加藤亜依perc/xylophone 

アシスタント:ヨーロー堂 トモコ

さてすっかり日にちがあいてしまいましたが、「ノンシャラン音楽教室」復習いたしましょう。

ノンシャランでは、お客様にプリントをお配りしました。
毛利さんのプロフィールや、ジャズソングの歴史についてポイントとなること少々。それからキラ星の演奏メニューも。
いつも演奏曲目を書いたものなどは配らないで何がでるかな状態でやるんですが、いつもより曲名覚える勢いで臨んでいただきたくて(笑

 ☆ご挨拶
こんにちは
ようこそご来場いただきました。
キラ星新企画ノンシャラン音楽教室はゲストに先生をお招きし、キラ星メンバーとお客様が生徒となって昭和初期の音楽や文化などについてちょっとお勉強してみましょうかというものです。
これまでライブさせていただいてきた中で、ジャズソングを入口に皆様に少しずつ昭和初期というものに興味をお持ちいただけてきているような、気がしています。 
 振り返っても遠く見えにくいけれど、戦争の向こう側には今の私たちが想像するセピア色ではない彩りゆたかな日々がありました。その中で生まれた、特に「ジャズソング」にときめいて発生した楽団がキラ星カルテットなわけですが、音楽とはなべて風俗・文化・生活すべてと絡み合っているもの。入口に立ち覗き込めば深く果てない迷路のように見たことない世界が広がっているのでした。
・・・など申しますと長々としそうですし、ここは一つ詳しい人に思いつくままに聞いちゃおうというのがノンシャラン音楽教室なのです。
ちなみにノンシャランとはフランス語<nonchalant>気ままに、のん気に、さりげなく、などの意味で昭和初期にお洒落に使われた言葉です。

☆この日の先生は、音楽史研究家の毛利眞人さん。
 1972年、岐阜県郡上八幡生まれ。高校時代より地元紙にコラムを寄稿。大阪芸術大学中退後中古レコード店勤務を経てライターとなる。
戦前昭和のクラシックと軽音楽にたいする造詣は深く、なかでも貴志康一と二村定一の研究では余人の追随をゆるさない。2001年より10年間、NHK関西発ラジオ深夜便で「懐かしのSP盤コーナー」を担当。
またビクター、コロムビア、テイチク、キングの4大レーベルからリリースされたCD「ニッポン・モダンタイムス」シリーズの企画・選曲・解説に加わるなど復刻CDの原盤提供、データ監修を積極的に行っている。
著書・「貴志康一・永遠の音楽青年」(国書刊行会)「ニッポン・スウィングタイム」(講談社)「砂漠に日が落ちて~二村定一伝~」(講談社)

Stream videos at Ustream

ここからもご覧になれます↓

http://www.ustream.tv/channel/
熊田千穂と銀座キラ星カルテットのノンシャラン音楽教室vol-1-ゲスト毛利眞人

*演奏MENU*
熊田千穂と銀座キラ星カルテット for Nonchalant Music Room

・雨の中に唄ふ ―Singing in the rain―
    Arthur Freed作詞.Nacio Herb Brown作曲.堀内敬三 訳詞 日本ビクター・ジャズバンド
・思ひ出 ―Among my souvenirs―
    Edger Leslie 作詞.Horatio Nicolls作曲.深澤五郎 訳詞 Thomas Missman編曲.コロムビア・ジャズバンド
・ティティナ ―Titina―
Charles Chaplin作詞. Leo Daniderff作曲.三根徳一訳詞. 三根徳一編曲.テイチク・ジャズ・オーケストラ
・テルミー ―Tell me―
J. Will Callahan 作詞.Max Kortlander作曲.妹尾幸陽 訳詞
・雨 ―Rain―
ユージン・フォード作曲.レッド・ブリュー・クラブ・オーケストラ
・ドリゴのセレナーデ ―Les Millions d'Arlequin―
Riccardo Eugenio Drigo作曲. 堀内敬三 訳詞
・ヅボン二つ ―One pair of pants at a time―
Cliff Friend 作詞.James V. Monaco作曲. 石津豊 訳詞.コロムビア・オーケストラ
・オレンヂの花咲く頃 ―Orange blossom time―
Joe Goodwin 作詞.Gus Edwards作曲.堀内敬三 訳詞.アーネスト・カアイ・ジャズバンド
・あほ空 ―My blue heaven―
    George Whiting作詞. Walter Donaldson作曲.堀内敬三 訳詞.井田一郎 編曲 ビクター・ジャズバンド

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ust撮影をしたのは今回が初めてなもので、私とか筒井さんとか、肝心の毛利さんまで顔が白く飛んじゃってのっぺらぼうなんですけども(涙
雰囲気だけでもつたわりますでせうか。。
長いですが、後半に送っていただきますと、毛利さんの講座がちゃんと聞けます。

 念願といいますか、思いを募らせていた企画のために毛利さんがわざわざ大阪よりお越しくださり力を貸してくれたこと、キラ星のメンバーも参加してくれたこと、きっかけをくれたともちゃん!!皆に感謝です。
それから、ヨーロー堂社長!ust映像中、毛利さんのお話に合わせるようにうまい具合に本やCDがカメラ前に出てきますが(笑)あれをやってくださったのは全部社長です。
ほんと、恐縮coldsweats01
どうもありがとうございました。
こういうやり方でお客様と一緒にじっくりジャズソングに近づいてみる機会を作れるとほんとうはいいんだけど。
今回の企画は、面白いものだったと思います。

Rimg1675

忘れちゃいけないのは、キラ星に初めて女性メンバーが増えたってこと!

Rimg1677_2

ポーズしすぎですけど

Rimg1678

・・・ですけど。



終演後、打ち上げをしましょうということになり近くの居酒屋さんに行きました。
ヨーロー堂の片付けをしてから遅れて合流する予定だったともちゃんから着信が。。
「くまちゃん!いまね、多分瀬川先生がお店にいらしてるよ。あの人多分、瀬川先生だと思うんだ」

毛利さんと青木さんと一緒に慌ててお店に戻り、「瀬川先生!!」と声をかけたら
「ああ、熊田さん。会はどうでしたか?間に合わないと思ったけどね、一応場所はみておこうと思って」と。

 もう、びっくりです。
毛利さん、青木さん、ともちゃん、私の四人でヨーロー堂二階の会場にご案内し、「このような風にやらせていただきました」と説明し、一階に降り、
「コーヒーでも飲まない?」
と誘ってくださった先生を「実は近くの居酒屋に全員おります。コーヒーもあると思います」とお誘いさせていただきました。

 しかしコーヒーはなくて、、
(コっ、コーヒーくらい用意しといてよね居酒屋さん!bearing
そのかわりお茶の種類がたくさんあるお店で、玄米緑茶とフライドポテトを召し上がりながら瀬川先生は終始にこにこと同席くださいました。
瀬川先生が「これが大好きでね、僕は」とフライドポテト。
マクドナルドに買いにいったりされるそうで、
その意外性が素敵で私はさらにポテト好きになりました(笑
だって瀬川先生も好物なんだもん、私も我慢しないわ。
もうカロリーなんか気にしないぞ。
そんなわけでみんな刺身やから揚げを差し置いてやたらポテトを食べまくり、大皿をいったい何枚空にしたことやら。。。

毛利さんにとってももちろん瀬川先生は憧れの人です。

Rimg1681_2

これ、いい写真だなあ

Rimg1687

うれしい。。

Rimg1680

全員集合!井桁さん何のポーズっ

Rimg1683_3

打ち上げには保利透さんも来て下さいました。
瀬川先生を囲んで。

Rimg1685
亜依さんと毛利さん(同郷なことが判明)

Rimg1686

「私も私も!」と2ショットをせがんだものの顔が疲れてる熊田。。
毛利さんの著書二冊、絶賛発売中です。

毛利さん、感謝を伝えきれません。
ほんとに、伝えきれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

5月15日熊田千穂と銀座キラ星カルテット☆JZbratにて

 まもなくです。
熊田千穂と銀座キラ星カルテット

  「The Music Travels Around The World」
お待ち申し上げております!

Kira20120515_2

Kiraura20120515_2

■2012年5月15日(火曜日)渋谷JZBrat

熊田千穂と銀座キラ星カルテット
          「The Music Travels Around The World」

開場/開演
Open 17:30
・1st  19:30
・2nd 21:00 


料金
・入替なし¥4,000 

熊田千穂(vocal)
青木研(banjo・guitar)
筒井政明(trumpet)
渡邊恭一(tenorsax・clarinet)
齋藤チホ(violin)
加藤亜依(percussion)
井桁賢一(sousaphone)

会場:JZBrat
http://www.jzbrat.com/
渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階

ご予約受付開始しております!!!

・JZBrat 電話予約 → 03-5728-0168(平日15時~21時)

・JZBrat ウェブサイトは →こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »