« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の9件の記事

2012年11月29日 (木)

スノーボールクッキー・続報

まさかの、スノーボールクッキーネタ第二弾です。
前回カルディのスノーボールクッキーの事を書いて以来、このブログの検索ワードランキングに毎日「カルディ スノーボール」とか「スノーボールクッキー」とかの言葉が上がっているのです。

やっぱりいるんだ!!スノーボールクッキーフリーク!!!
(*≧m≦*)キャー!

そして、スノーボールクッキーフリーク略して「SF」のみなさんはやはりあのカルディのお買い得クッキーに反応してるのね。
・・・と、勝手に解釈したところで



こんなの出たよ!!

Img_38101_2

シナモン味のスノーボールクッキー!
いやぁぁぁ、シナモン大好きな私もこれは思いつかなかった思いつかなかったよぉぉぉo(;△;)o

もう。カルディに心をわしづかみにされました。
このままだと何でも言うことを聞くしもべになってしまうわ。

Img_45301
まぶしてある粉砂糖に単にシナモンが混ざっただけなんだけど、そのひねりのなさがいかにもアメリカ産な感じだけど、おいしいよ。

昨日、こんなクッキーいただきました。

Img_13951
粉砂糖がまぶしてあるさくさくのクッキー
くるみ入りです。

Img_90321

確かに!(笑)
ボールじゃないもんね。

そうかつまり、「ボールか、ボールじゃないか」なのか。。
ん?なのか?そうなのか???
すでに基準に揺らぐ「SF」こと私。

いや、やはりスノーボールクッキーはスノーボールクッキーなのであって、あのころんと丸い雪玉みたいな感じが可愛くておいしくてイイんであるよ。うんうん。

でもスノークッキーもおいしかったからいいやtulipえへへ
スノークッキーは日比谷公会堂アーカイヴカフェで取り扱っているそうです、コーヒーのお供にね。


しかし連日の検索されようを見るとかなり売れてるんじゃないかな、カルディのスノーボール。
かなり甘いお菓子ですが、もし食べてみよっかなーって方はできればぜひカルディのを食べる前に、アーモンドプードルが生地に混ざってる、よりホロホロした食感のスノーボールクッキーにトライしていただきたいです。(カルディのは安くていいんだけど、アーモンドプードル使ってないの)
ええ、「SF」としてはね。
そして、もちろんころんと丸くて、粉砂糖がいっぱいまぶしてあるやつね。
で、それにはまってもっと食べたくなったらカルディのお買い得パックをどうぞ。
すみません、「SF」なもので、ちょいとうるさく書いてみましたよ。(*゚▽゚)ノ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

CD納品しました。

Photo_51

私のアルバム、「Sing Me A Song」発売からもうすぐ5年になります。
先日タワーレコードさんとアマゾンさんに手配してくださっている会社と、ヨーロー堂さんから「売り切れたので納品してくださーい」とご連絡をいただきました。
全く何にもわからずに、とにかく青木さんが先導してくれるままに作ったこのCD。
怖いものしらずだったよなぁと思います。
CD作って世に出すことがどういうことかわかってなかったからできた事な気もします。
身の程知ってたらできなかったよ。
でも、だからこそあの時形にしてしまっていてよかったんだなと思います。
あの時の青木さんの猛ダッシュに感謝しています。
これ作らなかったら「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」なんてなかったんだから。
すべてがCD先行で、バンドとしての形も皆、後からできたものです。
CD出してからの5年で学んだ事はとても多いです。
出会うことのできた人も沢山沢山います。


何もわからないなりにも漠然と持っていた、

「ほそ~~く長く、売れてくれたら嬉しいなぁ。」

という制作当初の思いは叶い、ほそぼそながらも途切れずに、誰かが手にしてくださっているんだなぁと本当に嬉しいかぎりです。

どうもありがとうございます。



最近は、
「次のCDはいつ出るの?」
と、声をかけていただける事も多くどっきり感激です。



次。そうだね次を出さなくちゃ。
実は考えられていなかったのです、ずっと。
新たにCDを出す、ということに重きを全く感じていませんでした。
この5年、転がり続けていましたから、まぁ当然といえば当然なのだと思います。
でも、考え始めようと思っています。
考え始めると進むのでしょうね。
次に作るCDが、初めて私が自我を持って作るCDになるんだろうな、
まだ、見えないけれど。いつになるかもわからないけど。
自分がどんな物作るのか、楽しみです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

某日、日比谷にて

とある日、日比谷公会堂アーカイブカフェでの打ち合わせの一コマ。
ここで打ち合わせをするなんてこと自体が私にとってとても素敵!なことなんだけど、打ち合わせさせていただいた内容もまた、かなり嬉しいものでした。
来年3月、とてもやってみたかったことをできる事になりました。
嬉しいな!
細かい事が決まったらここでお知らせしますね。


1353230697167.jpg
深田さんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

BEDTIME STORY 第6回 「Song For You Far Away」

Small Cast Radio NETWORKS で担当しているラジオ番組
BEDTIME STORY が更新されました。

番組はこちら
BEDTIME STORY 「Song For You Far Away」

番組内でかけた曲はこちらです。
(※アーティスト名をクリックすると各アーティストの公式サイトへリンクします。)

Rain Falls -feat. Kissey Asplund-
Kenichiro Nishihara(西原 健一郎)
Album「Humming Jazz」

Jk_hummingjazz1

・Emily
Don Freedman VIP Trio
Album「Timeless」

31q1heznsfl_sl500_aa300_1

・Mellow Dream
・Scenery

福居良
Alubum「SCENERY+2 」

61hnn3thw3l_sl500_aa300_1

・Song For You Far Away
Inger Marie Gundersen
Album「Make This Moment」

Ingermarie1_2

・Don't Let Me Be Lonely Tonight
Michael Brecker
&James Taylor
Album「Nearness Of You - The Ballad Book」

51oi4qtgbel_sl500_aa300_1_4

以上6曲です。
今回私は、ドン・フリードマン、インゲルマリエ・グンナシェン、マイケルブレッカー&ジェイムステイラーの3曲を選びました。
香水のお話と、名前についてのお話をさせていただいたんですが、香水のお話の方、長々としゃべりすぎて後半がカットされています(泣)
むずかしい・・・しゃべりが足りなくてもいかんし、長過ぎてもだめなのね・・・・
あああ、難しいよう。
一人語りは大変だと言いながら、でも香水トークの後半は聞いてもらいたかったなあと思ったり。

“お話の中に出てくる「香水何つけてんの?」って聞いた男の子。
友人と私の反応にすっかりしょげてしまった彼に私たちはその後懸命に理由を話し、そしてごめんねと謝りました。
そこで彼が言った一言に私たちは大きなショックを受けたのです。

「いや、いつもすごくいい香りがするからさ、いつか自分に彼女ができたら同じ香水つけて欲しいなと思って。だから名前、知りたくて。」

大・ショックでした。
私は、私たちは、「こういう女の人になりたーい!こういう女の人すてきー!」という自分の思いこみやおかしなこだわりに固執するあまりに、目の前にいる一人の男の人の純粋な気持ちになんて、これっぽっちも気付かなかった。。

この出来事はいまだに私の中に強い印象を伴って残っていて、忘れられません。
いい女への道なんて、ほどほどほどほど遠い場所にいた私たちなんでした。
今はもうちょっと近くにいると思いたいなあ。
S君、あのときはほんとうにごめんね。”



こんな感じのことを後半話しました。

それから、私がアシスタント・パーソナリティーをやらせていただいた佐藤誠さんの番組も公開されています。
Sweet Mystic Journey
「Once Upon a Time in Movies Ed.」

映画音楽特集なのですが、よくある映画音楽特集とはちょっと視点を変えた選曲をされています。
私はなんだか勝手に解放されていて、BedTimeより早口だし、しゃべりがうるさいです。むしろ佐藤さんが聞き役になってくれていて・・・すみません。
こちらもよろしければぜひ覗いて見てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

スノーボールクッキーすきすき

甘いものが大好きで、
私の好物はケーキだ、と思っていたんですが
どうにもクッキー熱が高まってきていることを無視できなくなってきました。
中でもフロインドリーブとか、ウェストとか、
手作りっぽいシンプルなやつは
食べ始めるととまりません。大変。

去年から特に好きでたまんないのがスノーボールクッキー。
流行りのお菓子というわけではなく、昔からあるものだと思うんですが。
アーモンドプードルを練り込んであるさくさくのクッキーのまわりに粉砂糖がこれでもか!!とついてるやつ。
冬になると売り出すお店が増えたみたいで嬉しい。
美味しいんだぁぁ~かわいいし
しかしながらスノーボールクッキーって、結構お高い。と思う。
私にとってはたまに買って大事に食べるものなのですが、




それが!!
すごいものを発見しました!

Img_94961_2

ででん!!!
なにこのお得パックみたいなやつ!!
カルディで発見して言葉をうしなったよ私は!!

開けると・・・・

Img_15111

きゃ~~~~~~~~(。>0<。)
こんなにいっぱい入って498えん!!
すごい!!
スノーボールパラダイス!!!!!!!

スノーボールクッキーフリークの方々(きっといるはずだ)には一つお知らせしなくてはならないことが。
残念ながらこのスノーボールクッキーにはアーモンドプードルは使われていません(涙
でもでもさっくさくで美味しいクッキー生地なのでアーモンド入ってなくてもぜんぜんアリです。

なんといってもこの値段だしね。

いや~大変なものを知ってしまった。。
カルディのスノーボールクッキー、ほどほどにしないと・・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

神戸ジャズストリート2012・2日目

二日目です。
(この日のステージ写真はぜんぜんないのっっ)

朝食を摂り、本部へ移動。
今日もパレードに参加させていただくことになり、みなさんと一緒に旗持ちをしました。
真ん中先頭を歩くサックスのアントワーヌは今年オランダの女王様からサーの称号を与えられたとのこと。
誰もおおげさに騒いだりしないけれど、神戸ジャズストリートってすごい人達が来てるんだよね。
しかもオランダ、イギリス、アメリカ、イタリア、ドイツ、、各国から。
アントワーヌは、「サー・トロメレン」になったとはいえ全体から醸し出す「ちょっとワルイ風」は相変わらずで(笑)日差しをさけてサングラスをし、いつもの葉巻を横咥えにしてるとマフィアにしか見えなくて、そのギャップがかっこよくて笑っちゃいました。

2日目パレードの写真はないんですが、とにかくこの日もめちゃくちゃにいいお天気!
後ろから聞こえてくる加藤亜依さんのシンバルがとっても冴えていて、目立ってました。何度も後ろを振り返っちゃった。(でもメンバーが多くて見えないんだけどね)
もともと新宿トラッドジャズフェスティバルでも関西ニューオリンズバンドの皆さんと交流がある亜依さんは皆さんととても仲良しで娘のように可愛がられていて、すごく明るくていいムード(*^-^)
なんといってもニューオリンズ・ラスカルズの川合純一さんが最高でした。

さて、本日スケジュール

・12:00~インドクラブ
熊田千穂
阿部寛
加藤亜依
松原あおい
井桁賢一
青木研
深沢芳美

・14:00~神戸外国語倶楽部
熊田千穂
阿部寛
青木研
井桁賢一
深沢芳美


・16:00~~神戸女子大学教育センター
熊田千穂
阿部寛
青木研
井桁賢一
加藤亜依
深沢芳美


わかるでしょうか?
ほぼずっと同じメンバーなのです。
末廣光夫さん命名の
「ニュー・トーキョー・オールスターズ」
一日目もほぼずっと一緒でした。
最初にスケジュールを見た時はびっくりしたんですが(全員びっくりしたはずですが)実際に二日間同じメンバーで、しかも東京ではまず組まないであろう(メンバーも楽器編成も豪華すぎるので)メンバーで演奏し続けるというのはとても面白く楽しいことでした。



12時からの
インドクラブ


前夜祭のステージでもご一緒した関西のトランペッター松原あおいさんと一緒です。
女の人のトランペット、しかもトラッドジャズで、って。やはり華があります。
二日目に至り、バンド自体のまとまりもよくなり、いい調子で進みます。

Img_1517

Img_1518

Img_1526

白熱する青木研バンジョー・ソロによる
「世界は日の出を待っている」

そのあいだソデに待機していたピアノ深澤さんとトランペット松原さんと私は・・

Img_1579

「一緒に写真撮りましょうよー」という松原さんの提案で撮影会を(笑

Img_1580

女性の方が多いバンドなんて初めてなので、すごく楽しかったです。

Img_1522

ここでは末廣さんの大好きな「テル・ミー」を絶対歌わねばと思っていました。
思い出深いインドクラブで今年も歌えて嬉しいです。


「あなたが二年前に飛び入りした時から聞いてるよー!」と声をかけにきて下さった方々もいらっしゃいました。
二年前、教会で声を掛けてくださり、去年ここインドクラブに聞きにきてくださったおじいちゃん(杉江さんという方です)、「また会えるといいんだけどな。。」と密かに思っていたら、ほんとに来てくださっており、また声をかけてくださいました。
「覚えてるか?ひさしぶりやなぁ。二年前の飛び入りより、去年より、今年が一番よかったよ」といいながらさりげなくプレゼントを手渡してくださり帰られました。
中身はフロインドリーブのクッキーでした。
(私の大好物!!!!!なぜわかったの?偶然??)

感動にひたる間もなく移動、移動車が待ってくれています。


14時からの
神戸外国語倶楽部


去年は空き時間にここへ北村英治さんを聴きにきたっけ。
広い敷地に重厚な洋館、中にはちょうどよい大きさの立派なステージがあります。

私たちの前に演奏していたのが

Img_1536

関西の歴史あるニューオリンズ・バンド
「ニューオリンズ・レッドビーンズ」
特別ゲストにクラリネットのトーマス・レティエンヌ(fromドイツ)

Img_1535

そしてステージに呼び出される青木さん
みなさんめちゃくちゃ楽しそうに、にこにこしながら演奏されてて気付けばそれが観客席にもうつり会場にふくらんでいくっていう豊かな感じ。そうそう神戸ってこういう感じなの、私のイメージ。

「ニュー・トーキョー・オールスターズ」もどんどんリラックスしてきていて、暖まったお客様の前で楽しくやらせていただきました。
客席には若い方もおおくて、それがとても頼もしかったなぁ。
司会の三浦さんがジャズソング等にも詳しい方で、とても丁寧にご紹介いただいたので、私もとても歌いやすかったです。





この会場の楽屋では、ドイツからのクラリネット奏者・トーマスと一緒になりました。
にこにこ気さくな人ばかりの海外組の中で、トーマスは特別に寡黙というか、みんなとわいわい喋ったりしてる所を見たことがなく、私も朝の挨拶をした事があるくらいだったのですが、彼が実はとてもおしゃべり好きなことがわかってびっくりしました。
トラッドジャズだけでなくブラジリアンミュージックも専門で、一年のうち3か月くらいはブラジルに滞在し現地のミュージシャンとショーロやジャズを演奏していること
映画「ミッドナイト・イン・パリ」の影響で今やブラジルの若いジャズミュージシャンはみんな「Memories Of You」が演奏できるんだ、びっくりだよ、23歳くらいの子がだよ!
なんていうステキな事も教えてくれました。
静かな口調ながら、話し出したら止まらないトーマス(笑
私、自分の出番以外はずっとトーマスと話をしていた気がします。
歌い終わって戻ってくるとソデで待っていてくれて、
「2曲目に歌ったのはなんていう曲?初めて聴いたけどいい曲だった」
と、なんと「上海リル」に興味を持ってくれました。
「これ、アメリカの曲なんだよ」
と譜面を見せたらびっくりしていました。ドイツの人も「上海リル」は日本の曲かと思ったみたい。
譜面をあげると言ったらとても喜んでくれました、ドイツで演奏してくれたらいいなぁ~~~~~~上海リル!
お礼にと自身のCDをくれたトーマス。
想像もしてなかった楽しい時間でした。

楽屋写真が一枚ありました。

Img_1537
なにやらとても楽しそうで可愛い二人。深澤さんと井桁さん。

この後は
16時からの
神戸女子大学教育センター


神戸女子大にはじまり神戸女子大に終わった今年の神戸ジャズでした。
なんだかもうすっかりこのバンドが出来上がってきて、二日目になると阿部さんもMCの中で毎回「ニュー・トーキョー・オールスターズ」という名前を多用するようになられて(笑

Img_1571

二日間、いえ、三日間です
みっちりと一緒だった
「ニュー・トーキョー・オールスターズ」
いい写真じゃないですか(゚m゚*)

三日間の神戸ジャズ、末廣光夫さんの、
「とにかくお客様に楽しんでもらうこと第一!私を振り返ったりしないこと」という意向通り、リーダーのいない現場でスタッフの皆さんは汗をかいて奔走し、いつも笑顔で、出演者たちも賑やかに思いきり演奏しました。
三日間のうち唯一皆が末廣さんのことをゆっくり、じっくり思った時間は、一日目の夕方から始まったスタッフ懇親会。
そこでだけ、皆は末廣さんを思い目を閉じ、そして末廣さんに捧げる霊歌をニューオリンズらしく賑やかに演奏し、末廣さんの話をして飲んで食べて笑って、明日もよろしく!がんばろうねー!と言い合いました。
本当は私みたいな神戸歴が浅い者があの懇親会のことを書くのは遠慮すべきなのかな、と書きながら心配しているのですが。。
とにかくあったかくて明るくて、いい会だったのです。
三日間の中で一番印象深い時間でした。
一日目のブログにも書いたけど、神戸ジャズが積み重ねてきた心の結びつきを見た気持ちです。
にわかな年月ではあのあたたかさと明るさは生まれないと思います。
あの空気の中にいさせてもらえた事も、私の財産になると思っています。

好きなものは好き!という気持ちと、お客様をめいっぱい楽しませるんだ!という気持ち、そしてそれとおなじくらい出演者も楽しませてやろう!という気持ちを強く持ってらした末廣さん。
今回のスケジュールで、一日目16時・神戸女子大のステージで北村英治さんと私が一緒に組まれているのも
「北村さんのような大御所と一度組ませてあげよう」
という末廣さんの計らいだったのだと思います。
もし前夜祭のリハ会場で私を見つけたらきっと
「あんたを北村さんと組ませたからね、一緒のステージでしっかり勉強しなさいよ。ところで、ちゃんとモガの衣装は持ってきたかい?よろしい、あんたの衣装はなかなかいい。あの帽子も忘れてないな?」
と、私の挨拶なんてほとんど聞かずに(o^-^o)あのいたずらっ子みたいなにこにこ顔で話しかけて下さっていたことでしょう。

去年も忘れられない神戸ジャズだったけど、
今年の神戸ジャズもまた、とても大事なものになりました。
お客様、そしてスタッフの皆さま、お世話になったミュージシャンの皆さま、本当にどうもありがとうございます。
末廣さん、本当にどうもありがとうございます。




おまけ写真
二日目の朝、朝食を食べながら
「今日もパレードに参加させてもらえるのかな?」
「どうかな?たぶん大丈夫なんじゃないかな。もし人数に入ってなくても後ろから着いてっちゃおうか」
「もしそうなったら千穂ちゃん今日はシンバルやりなよ!私の一枚かしてあげる!」
「え、ほんとう!?」
と盛り上がってた亜依さんと私。

実際は亜依さんはバンドとして、私は旗持ちとして参加させてもらえたわけなんですが、なにせバタバタしてるんで始まるまでどうなるかわからなかったもので、直前まですっかりシンバルやる気まんまんだった様子がこちら

Img_1648_4

シンバル姉妹

Img_1655_2

そしてシンバル姉妹オフショット

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年11月 5日 (月)

神戸ジャズストリート2012・1日目

おはようございます。
一日目です。
朝食、2日間とも阿部寛さん、鈴木直樹さん、亜依さんと一緒にいただきました。
珍しすぎるシチュエーション、超楽しい時間でありましたo(*^▽^*)o

2img_1417_4

着替え後本部へ移動。
ジャズストリート二日間ともに、三宮駅前から出発するパレードでスタートするのですが、急遽そこに参加することになりました。

2img_1642
「旗持ちやって!」と言われ、恥ずかしながら意味がわからず「はたもち?」と思いながら現場に言ったら先頭のことでした(@Д@;
旗を振りながら後ろから付いていくのかな?と思ってたのでびっくりです。
いきなり大役、初めての経験をさせていただきました。

2img_1641

はしゃいじゃう

2img_1640

右から辛島すみ子さん、ステファニー・トリックさん、アントワーヌ・トロメレンさん

ディキシーのナンバーを次々繰り出しながら、パレードは賑やかに進みます。

2img_1645

2img_1608_2

歩道を一緒のペースで歩く大勢の人・人・人
ビルの窓からも沢山の人が顔をのぞかせています。
すごい・・映画みたい。。

2img_1424

本部に到着したパレード一行
待ちうけていたミュージシャンも合流して
ここで1ステージ打つのです。
お客さまが踊り出す!

2img_1426
鈴なりの人!
演奏をやめて記念撮影を始める海外ミュージシャンも多数(笑

2img_1430

2img_1425

2img_1429

ステファニーと☆
もうめちゃくちゃかわいいでしょステファニー、
アメリカから来ている彼女は若手にして凄腕ストライドピアノを披露します。
同じくピアニストでイタリアからのパオロ・アルデリギとの連弾はまことにロマンティック、ため息ものでした。なんてお似合いカップルなの!
そんなステファニー、私の衣装を見て
「1920年代のフラッパーガールの衣装だよね!」とすぐわかってくれました。
さすがストライドを弾く人です、24歳なのに、すばらしか~(;ω;)


12時から各所でスタートするステージ。
私の予定は

・12:00~神戸女子大学教育センター
S.トリック
熊田千穂
鈴木直樹
青木研
秋満義孝トリオ

・14:00~ ソネ(北野坂)
青木研
阿部寛
熊田千穂
加藤亜依
松原あおい
深沢芳美
井桁賢一

・16:00~神戸女子大学教育センター
北村英治
熊田千穂
青木研
井桁賢一
深沢芳美


12時からの
神戸女子大学教育センター

昨年ご一緒させていただいた秋満義考さんと今年もご一緒できました。
秋満さんのトリオに鈴木直樹さんと青木さんというスター揃いの編成です。

2_0012280

2_0012281_3

2_0012323

2_0012360

_0012283_2

14時からの、ソネ

2_0012370_4

2_0012371

貴重な二枚、だけ(笑
今年もソネに出していただけたことはとても嬉しいことです。
昔一人で来たことのある思い出深いこのお店は、全国的に知られるジャズの名店。
「あなたのスケジュール見たよ、ソネに出るんだね、よかったねぇ」
と去年も今年もお客様から前夜祭で声をかけてもらいました。
ギター阿部寛さん(写真ないけど)のトゥースホイッスル(歯笛)によるWhisperingが満席の店内に響いてましたね。


今年も、大阪から画家のあっこがきてくれました。
(お土産です、とうなぎパイもらいました。ごちそうさまです!)
この日のステージ写真は全部あっこが撮ってくれたものです。
助かるよう(涙)ほんとに助かるようo(;△;)o忙しいのに、ありがとう。
三か所全部の写真を撮って送ってくれました。

2img_1583

2img_1584

この後一人でお茶をしていたらチュニジアの人にナンパされたそうです。
去年もジャズを聴きに来ていたある紳士にやたら気に入られてました。
惹きが強すぎるあっこさんです。
私はこの写真を見てあっこと比べた自分の目力のなさに愕然としました、、とほほ、、

16時からの
神戸女子大学教育センター


本日二度目の神戸女子大。
私は去年もこの会場に二回出てるんですが、
ここでお世話になるスタッフさん方、去年もここで会った方ばかり!と思ったら毎年ほぼ同じ場所を担当するんだそうです。
だからみなさん年1回なのに慣れているんだなぁ。

Img_26731

Img_39271

今年もTシャツデザインとともに撮らせていただきました。
ありがとうございます!
舞台ソデで一緒に待機してくれるのは

2img_1451

日下雄介さんと藤田麻衣ちゃん
この二人とっても仲良しなのです。素直で可愛い麻衣ちゃんに日下さんはずっとにこにこ。

2img_1450

息もぴったり

2img_1453_2

2img_1454_2
出番前までずっとおしゃべりしてしまいました。

2img_1455

麻衣ちゃんは、ドラムの藤田さんの娘さんなのです。
ふふ、いい写真(o^-^o)

2_0012491
末廣さんから「ニュー・トーキョー・オールスターズ」と名付られたこのメンバー。
実際東京でもこの全員で揃って音を出す機会はまずないでしょう。
神戸ならではの編成です。
ここに、クラリネットの北村英治さんもご一緒いただける予定でしたが、今回は体調不良とのことでお休みされました。
本当に、本当に残念でしたが、現在は快復されているそうです。
よかったです!

2_0012504

2_0012503

2_0012611

ピアノ深澤さん、ギター阿部さん、スーザフォン井桁さん、バンジョー青木さん、シロフォン亜依さん、見せどころに事欠かないメンバー揃い。
大勢のお客様に聴いていただきました。
このメンバー、二日間ほぼ全ステージ一緒だったんですよ!

一日目はここが最後のステージ。
このあと、懇親会、夜のセッションと続きます。



楽屋フォト少々

2img_1448

2img_1439
必ず笑顔をくれる阿部さんです。

2img_1442

2img_1443_2

モガ千穂、新バージョン増えました。
フラッパーです。パールのロングネックレス、ヘッドドレス、ロンググローブ、ウェスト位置の低いドレス

2img_1444

亜依さんと。
メンバーに女子がいる喜び。


ホテルに戻ると手袋がやぶれていました

2

うそです、ほんとはソネに行く前あたりですでに穴あいてました。もう!安物!

着替えて場所を移し、懇親パーティー。
これが、本当にいい会でした。
もちろん、昨年もとってもいい時間だったのですが。
スタッフの皆さん、神戸のミュージシャンの皆さん、東京から長年出演している皆さん、同じく長年出演している海外からの皆さんが集ったこの時間。
末廣さんを中心に31年の間に神戸ジャズを通して積み上げられた心の結びつきを見ました。
写真だけ少しのせます。

2img_1463

2img_1464

2img_1595

ホテルに戻り、ラウンジにて「神戸ジャズストリート・夜の部」セッションが始まります。
ここではお客様はゆったり座り、ステージに入れ替わりでミュージシャンが上がってセッションしていきます。私も参加しました。

2img_1488

2img_1594

あきこさんを囲んで各国のミュージシャン達。

個人的感想ですが、このセッションで誰よりもかっこよかったのはベース小林さん。昨年もめちゃくちゃかっこよかったのですが、今年はさらに。
3時間近いセッションをべーシスト一人で支えるという修行のような構成になってしまったのですが、熱さと冷たさを両立して静かにぐんぐん澄んでいくベースに鳥肌が立ちました。

2img_1572

ドイツから来ているサックスのエンゲルと。
今年も会えて、嬉しい。

2img_1503 

私のでたらめな英語を、ちゃんと意図がつたわるまでじっと辛抱強く聞いてくれるやさしいエンゲル。
そしてタフなエンゲル、いいえ、エンゲルだけじゃない、みなさんタフなのです。
この後3時過ぎまでホテルそばのローソン店外で(テーブルとイスが設置されてる)打ち上げしたそうです。
ひ~~おみそれしました。
へたれ熊田は部屋に戻ってさっさと寝ましたとさ。

Img_40081 

脚がむくんでましたとさ。

おやすみなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

神戸ジャズストリート2012・前夜祭

神戸ででっかいコーヒー飲んでびっくりしてる所で止まってましたが、やっとゆっくり更新していきます。大変おそくなりました。
今年は昨年にもましてステージ写真が撮れていなくて、自分の出番以外のステージの様子もいろいろ報告できるブログにできたらいいなと思ってたんですが、、、、
そんなわけで昨年以上に自分よりのレポートです。

m(_ _)mどうぞよしなに

今年も神戸に来ることができました。
新神戸駅と滞在するANAクラウンプラザホテルは直結しています。
通路を歩いて最初に目に入るのがホテルに入ってるこのお店。宝石屋さんです。
去年もすごく気になっていたのです、出演する東京組と海外組が神戸に着いて最初に目にする看板がこれだと思うんだよね。
なんだか歓迎されてるような気持ちになりますribbon

1img_1361
よくよく見るとトロンボーンもディスプレイされてたりして、もう興味深々・・・と眺めていたら遠くで見ていたらしい店員さんが声をかけてくださいました。
若くてかわいらしい女の方で、「実は昨年もこのお店が気になってたんです」と話したら「オーナーがジャズ大好きなんですよ」と教えてくださいました。
おお、さすが神戸(@Д@;ジャズ好きがそこかしこに!
その後、どちらから?東京から、ご旅行?いえ神戸ジャズに、、、と話しこみなぜか名刺交換まで(笑)楽しかったなぁ気さくでほがらかな方でした。
何にも買えない私でごめんなさいヾ(_ _*)
宝石とジャズの謎が解けました。

 ミュージシャンがぞくぞくと到着し、ホテルの会場でリハーサルが始まり、3時間にわたる前夜祭のために末廣さんが組んだプログラムをさらっていきました。


夜になり、お洒落をしたお客様がテーブルを埋めていきます。

1img_1592_2

そして前夜祭の始まり!

1img_1611

1img_1371

見ずらいんだけど、ドラマーのブルックスが沢の鶴の樽酒でドラミングをしています。
鏡割りの前の恒例パフォーマンス。
なみなみお酒の詰まった樽、音が響くわけもなくてやりにくいに決まってるんだけど、それでも彼は絶対にカッコよくやりのけてしまう。さすがなのです。

Img_1376_2

1img_1378
シロフォン&シンバルで亜依さんも登場

1img_1402_2

なんだこれ!超豪華(笑)


前夜祭の私の出番は最初のほうで終わってしまうので、あとはゆっくりステージを楽しんだり食事したりできますc(>ω<)ゞ
楽しみなのが一年ぶりの神戸のみなさんとの再会☆
何がいいって、ここで「一年ぶりですね!」と挨拶した後に「また明日ね!」って言い合えるのがいいです。
今夜は、これから始まるジャズストリートの入口。

1img_1610_4

大内さん、写真ありがとうございます。

今年も客席の両サイドにはダンス用のスペースが設けられていたんですが、私かなり踊りましたよ!
ほんとに素晴しい演奏を聴いてノリノリな亜依さんと一緒に好き勝手踊ってたら、いろんな人にお誘い受けました。わーい
といってもダンスのたしなみがあるわけじゃない私たち、いざ男性とペアを組むとおよび腰・・・・・・でも紳士の皆さま、指導しながら褒めながら踊らせてくださいましたよ。
正直、歌よりも演奏よりも踊り過ぎが原因でくたくたになったかも私たち
┐(´-`)┌
ダンスしたかったのでほんと楽しかったです。

1img_1383_5

1img_1587_2

大阪・神戸コンサートをした際に聴きに来ていた末廣さんにシンバル捌きとシロフォンを見染められ出演となった亜依さん。
キラ星でも一緒にやってもらってるし、同世代女子だし、ということで今回一緒なのはほんと嬉しいなぁ

今年もひときわ美しく踊っていたのが森さん夫妻

1img_1573_2

カメラを向けたらぱっとポーズ決めてくれたわけ!
衣装も最高でしょ

それにしてもホテルの大広間を貸し切り、出演者入れ替わり立ち替わりの3時間以上に及ライブのあるパーティー。
ジャズストリートのための前夜祭としてはあまりに豪華です。末廣さんが自慢されるのも当然だし、私や亜依さんのような出演歴が浅い若手にもなんとかこの場を経験させようと機会を作ってくださるのはありがたい事です。
こんな場があるなんて、知らないでいるものね。

宴の終盤、ふと気付くと

1img_1395_2

クラリネット鈴木直樹 さんに行列ができていた。
すごいっっ思わず写真撮っちゃいました。
参加者全員に枡酒用の枡が配られるんですが、皆さんそこに好きなミュージシャンからサインをもらうんです。
直樹さん、並入る海外ミュージシャンをさしおいて今年も大人気!!!


終了後、井桁さんに付き合ってもらってダンサーの真似をする

I1mg_1575_2

ダメね(笑

さあ、明日からストリートにでます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

11月・12月スケジュール☆

■2012年11月7日(水曜日)IZUMI 六本木

中島薫(p)畠山芳幸(b)紺野智之(ds)
熊田千穂(vo)田中利由子(vo)

MC:\3,800-

■2012年11月10・11日(土曜・日曜)
新宿トラッドジャズフェスティバル2012

10日
13:00~13:40 会場・珈琲屋吾郎
熊田千穂と銀座キラ星カルテット

熊田千穂(vo)
筒井政明(tp)
青木研(bj)
井桁賢一(tub)


キラ星、今年も珈琲屋吾郎さんにて
来てねー!!




15:00~15:40 会場・G's Bar
サタデー・ビューティーズ・セッション

絵馬優子(vo)
TONTON(vo)
熊田千穂(vo)
山本琢(p)
鉄井孝司(b)

絵馬さんと、なんとご一緒のステージです。
うれしいな(^-^)
TONTONさんは神戸ジャズストリートにも出演されていました。

しかしサタデー・ビューティーズってすごいタイトル・・・乗っかるしかありません。


11日
12:00~12:40 会場・どん底

熊田千穂(vo)
後藤雅広(cl)
後藤千香(p)

なんとも贅沢に、後藤雅広さんと後藤千香さんと三人で1ステージやらせていただきます。
会場はどん底!!!わお!!!
演劇の香り溢れる文化遺産のようなスバラシイ洋風居酒屋です。
木造地下一階~三階建てのこのお店、入るだけで別世界です。

■2012年11月24日(土曜日)大宮ACOSTIC HOUSE JAM

ギター信太郎君のリーダートリオにゲストで呼んでもらうということで、感慨深いような照れるような。。

1st set 20:00~21:00
2nd set 21:30~22:30
MC2300+オーダー

増田信太郎(g)
高橋宏種(b)
森永哲則(ds)

ゲスト 熊田千穂

■2012年11月25日(日曜日)浅草木馬亭
木馬亭3デイズ
ミソラレコード・ザシキレコーズ・華宙舎プレゼンツ
てなもんやローオンショウ 2012・秋
古今東西音曲 ふきよせ

第三日目11月25日(日曜日)
古今東西ボーイズバラエティ
-不世出の天才ボードビリアン・川田晴久を偲んで-■

 2012年11月25日(日曜日)
出演
灘康次(モダンカンカン)、小島宏之(ダイナブラザース)、岡村和恵(川田晴久娘)、瀬川昌久(ジャズ評論家)
熊田千穂(歌)、中尾勘二(サックス)、関島岳郎(チューバ)
【当日のホスト】ちんどん通信社〔林幸治郎(チンドン・トランペット)、小林信之介(クラリネット)、ジャージ川口(バンジョー)〕

■司会進行 澤田隆治(メディア・プロデューサー)、林幸治郎(ちんどん通信社主宰)

■日時 2012年11月23日(金)~25日(日)
午後3時半開場/午後4時開演

■会場 浅草木馬亭 電話03-3844-6293
東京都台東区浅草2丁目7-5
[最寄駅]地下鉄〈銀座線〉〈都営浅草線〉浅草駅
     地下鉄〈銀座線〉田原町駅
     私 鉄〈東武伊勢崎線〉浅草駅

■木戸銭 前売予約2500円/当日3000円/三日通し券 6000円
■お問い合わせ/前売予約
   メタカンパニー 電話03-5273-2821/ファックス03-5273-2831
   メディア・ルネッサンス 電話03-5660-6498/ファックス03-5660-6499
   電子メール CBE09606@nifty.com
■監修 澤田隆治 
■企画制作  ミソラレコード・ザシキレコーズ・華宙舎
■協力 東京ローオン倶楽部

■2012年11月28日(水曜日)西荻窪ミントンハウス

キラ星トリオatミントンハウスです。

熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
井桁賢一(sousaphone)

開店 19:00
演奏時間 19:30~22:30

ミュージックチャージ2000円

■2012年12月6日 池袋Jazz in L5

DuwriteMay
熊田千穂(vo)
増田信太郎(gt)

19時スタート
MC 2600円

デュライトメイで池袋のジャズライブバーL5さんに出演します。

■2012年12月12日(水曜日)六本木All Of Me Club

池野成秋(p)カルテットwith熊田千穂

1st 19:30 2nd 21:10 3rd 22:40 
MC\3500

池野さんのバンドにまたご一緒できます!!


■2012年12月16日(日曜日)新潟八海山泉ヴィレッジ

八海山コンサートです。
詳細は後日載せます。

■2012年12月22日(土曜日)新潟池田記念美術館

こちらも詳細は後日に。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »