« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の2件の記事

2013年6月24日 (月)

6月・7月スケジュール☆

■2013年6月24日(月曜日)西荻窪ミントンハウス 

 

キラ星トリオatミントンハウスです。

熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
井桁賢一(sousaphone)

開店 19:00
演奏時間 19:30~22:30
ミュージックチャージ2000円

(私、このライブでだけこっそりウクレレ弾いてます。内緒ですけど。)

■2013年6月28日(金曜日)六本木 All Of Me Club 

クラリネット・谷口英治さんのバンドにご一緒します。

谷口英治NEWカルテット

谷口英治 (cl)
田窪寛之 (p)
本川悠平 (b)
岡田朋之 (ds)
熊田千穂 (vo)

演奏時間 
19:30~
21:10~
22:40~

ミュージックチャージ 3500円
 

■2013年6月30日(日曜日)埼玉・与野本町 ギャラリー南風 
青木研と熊田千穂のデュオ・ジャズライブ

チラシはこちら

・14時~16時
・定員30名さま
・料金:2500円(ワンドリンク付き)

■2013年7月11日(木曜日)ヒルトン東京 St. George's Bar

ピアノ・ベース・ボーカルのトリオで出演します。

演奏時間
20:00 ~ 20:40
21:00 ~ 21:40
22:00 ~ 22:40
23:00 ~ 23:40

カバーチャージ 1,200円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

JAZZ・JAY・KAY・JAZZ - Jamiroquai -

ひとつ前のブログ でJamiroquaiについてのことを書きましたが、
私、5月25日にラジオ収録終えた夜にyoutubeで久しぶりにJamiroquaiを聴きはじめてから、実は今日までほぼ毎日youtubeで彼らの主にライブ動画を視聴しています。

私が初めてJamiroquaiを聴いたのは高校生の時で、そこからVirtual Insanityが大ヒットするまでの3枚のアルバムは聴きまくっていたんですが、その後はあまり聴かなくなっていた、、、、ということに気付きました。

もちろんアルバムごとのヒット曲は街中やラジオやテレビ、どこかで耳にしてきてはいるのですが、追いかけてはなかったなぁと。



 で、いまになって2週間以上も連日ハマりまくっているのはなぜかというと、ボーカルJay Kayの、40歳を過ぎてからのライブパフォーマンスの素晴らしさにクラクラしちゃっているからです。(Jay Kay現在43歳)
ずらずら書くと途方もなく長く書けそうなのであまり書きませんが(汗)
若い頃よりぐんといいのです。

(ちなみに今日載せる動画はすべてJay Kay30代の頃のもの)
栄養ドリンクを飲むようにというか。。
毎日観ずにいられないの、どうしたんだか。
すこんっとハマるものがあるようです。自分のどこかに。
でも、何かにハマって、ハマったものに連日浸るって、至福だよ本当に。
  でででで、ですね。
これも念ずれば通ずといいますか、、
「Jamiroquaiに、Jay Kayに、コンテンポラリージャズオーケストラをやってほしい!そんでゆくゆくはカルテットくらいでどスタンダードをやってほしい!」
と思っていたら、
見つけたよあたしゃ。
前回はオーケストラと一緒に自分の曲を歌うJamiroquaiでしたが、
今回は、
オーケストラと一緒にスタンダードを歌うJay Kayです!!
Jay Kay - From This Moment On

 

めっけたよ~~~~~!!!
やっぱりね、やっぱりね、同じこと考えるんだよねきっとみんなね。
この人にスタンダード歌わせたい!ってね。
本人だって歌いたいはずだもの!
タキシード姿で4ビートの中に佇むJay Kay。
So Cuteheart04
若いですね、おそらく30歳頃だと思います。
こういう曲を歌うとかえって若く感じます。

アシッドジャズの寵児として世界に羽ばたいたのが24歳。
その6年後にはしっかりとスタンダードジャズを歌っていたのですね。
聴いてみて思うのは言葉数の少ない歌をこの人が歌う新鮮さ、
Jamiroquaiの曲は単語が詰め込まれているけれど、スタンダードって(というか特に昔の歌って)言葉数が少ないんだよね。
だから一つの単語をメロディにのせてゆっくり伸ばして歌っているのが、新鮮。
普段の彼は単語と単語の隙間で歌っているけど、こういう曲は単語の上で歌わなきゃいけないというか。
Jay Kayのロングトーンて、そういえばあまり聞いたことなかった。
そしてね、こう聞くと改めて、「ジャズって難しいんだなぁ」と思います。
 にしてもこのオーケストラの素晴らしさよ!
ゴージャスでイカしてて、最高ではないですか!!!
動画投稿者コメントによると、この企画
『2000年に行われたエリザベス・テイラーへのトリビュートコンサートでのシーン』だそう。
洒落たことするよなぁ。ステキ。
 しかし、やはり伏線はできているということよ。
私の内なる希望は叶うな、どうやら。うふふふん♪
もう一つ、見つけました。
Jools Hollandのバンドで“I'm in the mood for love”を歌うJay Kay.
スカのアレンジで、これもイイです。
メガネもあざとくて、イイです。
Jay Kay & Jools Holland - I'm In The Mood For Love
PVもありました。 ←Jay Kayファンはぜひ。
そして、“Sunny”です。
野外ステージでSunnyを歌う様子は以前から上がっていたのですが、
再検索かけたらさらにいいアレンジのものが上がっていました。



Sunny (Live At Covent Garden) - Jamiroquai
若き天才・Jay Kay、デビューは24歳。
フェラーリと自家用ジェットを乗り回し現在も世界中でライブを続ける彼は、20歳そこそこで作ったヒット曲達を20年近く歌い続けている。
もちろん30代でもたくさんのヒットを飛ばしていて名曲も多いです。
でもやはり最初の3枚のアルバムのパワーは別格なものがあり、ファンは今もそこからの曲を求めます。
新しいものを創りながら、ファンが求めるものも万全に提供する、
自分たちが絶対に飽きないようにしながら。
スターでありつづけるってすごいことですね。
20代、30代の頃とは今のJay Kay、声も身体も全然違っていて、
私は今のほうがずうううっといいなって思います。
おまけ
Jamiroquai - Canned Heat - Strictly Come Dancing
http://www.youtube.com/watch?v=z4wZhBGbuJ4 

Canned HeatをバックにDANCE!する二人。
(中盤に登場、すばらしき太もも!)
「芸能人が社交ダンスを覚えて踊る」という企画番組での一コマ。
(日本にもあったよね、好きだったわー)
動画には映ってませんがこの番組でJay Kayも社交ダンスに挑戦したそうです。
スターはなんでもやるのであるよ、すごいなぁ。
そういえばオーストラリアのご本人登場番組に登場している動画も見つけました。
しかし私もいろいろよく観たもんだわ2週間(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »