« 空中キャバレー2013 | トップページ | BEDTIME STORY 第12回 「Love for Sale」 »

2013年8月29日 (木)

すみだストリートジャズフェスティバルにて司会をしてました

 8月17・18日の土日に開催されたすみだストリートジャズフェスティバル。
スカイツリーのふもと「ソラマチ4階スカイアリーナ」のステージで私、ステージ司会&インタビューを担当しました。
いろいろ急なことでどうなることやらと思っていましたが、とても面白かったです。

Img_3320

Img_3363

ソラマチのステージにはビッグバンドしか出ないのですよ!
高校生から社会人まで、1日6組のビッグバンドを紹介そしてインタビューをするっていうのをしてきました。
司会なんて初めての経験ですが、ジャズをこよなく愛するステージ担当の高橋さんが(一緒にアイス食べてる写真の方です)「好きに使ってください」と渾身の原稿を私に託してくださったので、そこは全く安心でした。
バンドの詳細をちゃんとリサーチしてある原稿なので、とんでもないミスはせずにすみました。たぶん。
ありがたいです。
それぞれのビッグバンドが本当に楽しいこと!すみだジャズは観覧無料だから誰でもが足を止めて座っていけるのがいいですね。
沢山のお客様でした。
それにしても普段のライブでのMCや、去年から番組を持ったラジオなどが力になるんだなってこういう急遽な時にわかる気がします。
たまたまビッグバンド専門ステージを担当することになったわけですが、それも
「岡本章生&ゲイスターズ」で歌わせていただいてたおかげでビッグバンドというスペシャルな編成をとても身近に感じられる。
いろいろ繋がるんだなあと思う次第です。
赤いラメのハイヒール履いて、二日間楽しくがんばりました!
私も歌いたくなっちゃってしょうがないよー!

Img_3343_2

Img_3341_2

Img_3328

Img_3337_2

Img_3342

Img_3339

Img_3338

「スカイツリーにインタビューしたのは熊田さんが初めてですよ」と高橋さんが仰った写真、たしかに!

  すみだジャズ司会2日目、服選びを間違える。到着したとたん、スタッフの女の子に
「パンツ見えてますよ!」
とこっそり指摘され大慌て。ソラマチ4階スカイアリーナは風が強い。地上とは比べものにならない程強い!

初日はタイトなボックススカートを選んだので全然気にならなかったけど、ちょっとでもフレアだとべらーん!とめくれてしまう、むしろめくれっぱなしになってしまうとは!!

スカートの裾を押さえたまま急いでソラマチのモールに駆け込んで代わりの服を探し、
「これ着て行っていいですか!?」と試着室で着替えて会場に戻りました。

やれやれ、、_| ̄|○

しかし便利なものがあるんだね!「スカパン」

見た目スカートだけど中はショートパンツなの、いくらめくれても平気!!

今ならセールで半額!!

助かった( ;´Д`)

Img_3360

Img_3361

二日目も暑い中沢山のお客様でしたね。
出演者もとにかく皆さん嬉しそうに演奏されていて、いい空気だったなあ。

何よりもボランティアのスタッフさんがみんな熱い心ある人達なのが、いいなあ。

初日に続き高校生から社会人までビッグバンドばかり6組。

コンボよりもバンドごとのカラーや性格の違いがはっきり見えて、とても面白いです。

Img_3366

まっすぐ真摯にスタンダードなスウィングに身体を向けている若い人達のほうがちょっと生意気で、ジャズから拡げていってファンクやポップスを盛大にビッグバンドで披露する色気付いた大人のほうがどこか謙虚なのも、面白い。

ラジオで話せそうなネタもできたかな(^^)

ステージ担当の高橋さんが昨日に続きスタッフみんなに差し入れて下さったアイスはこの夏食べた中で1番美味しいアイスでした。

Img_3364_2

Img_3365_2

「熊田さんアイスの時だけ顔が違う!」って言われました。
嬉しかったんだもん、屋外イベントはハード!アイスがこんなに人を救うとは!
ご馳走さまでした。
スタッフのみなさんにはいろいろお気づかいいただき、とてもありがたかったです。

Img_3362

二日間を過ごしたソラマチ。
まさか「司会をしに行く」のが私のファーストソラマチになるとは(笑
スカイツリーの足元まで行ったのも初めてです。

ボランティアスタッフのみなさんともいろいろお話できました。
初日、
「あ、熊田さんおはようございます。これで大丈夫だと思うんですけど、サイズ。」
と、Tシャツを手渡してくれた女性のネイルがとってもきれいで思わず
「つめ、きれいですね!」と写真を撮らせてもらいました。

Img_3344

「すみジャズの為にこのつめにしてきたんですよ。」

「へえ!すてき!」


「普段は仕事があるからベージュとかピンクとかばかりだけど、お祭りだし。
それにお客さんにパンフレットとか手渡す時に手がきれいだったら、ちょっといいかなと思って」

にこにこ話してくれました。
素敵だ・・・・・・・・・・
なんて素敵なんだ!!!
こういう気持ちの人が支えてる音楽って、企画って、なんてすばらしいんだ。(涙


それからもう一人、お昼のお弁当を食べながら一緒におしゃべりしてくれた女性。
「会社の後輩に誘われて今年初めてすみジャズのボランティアしたんですけど、
私、迷子の担当がしたいって言ったんです。」

「迷子?」

「そう、こういう大きなイベントって迷子がかならずいるでしょう?
だから迷子担当がいいですって言ったの。私、子供好きだし。
そしたらね、迷子がいないんですよ(笑
昨日本部に報告があったのは2件だけなんですって。」



そうして、「ああ、暑いなぁ」っていいながら大人ばっかりのビッグバンドのステージを担当している彼女。
私は心にじんわりきてしまいましたよ。


 

 やっぱこの世は素敵な女性に支えられてる。
いや、もちろん男性あってのことですよ。
でもさ、この柔らかさ、強さたるや。



真夏の二日間、いい経験をしました。
嬉しかったのが、スタッフさん方に声を褒めていただけたこと。
原稿・進行・時間などを気にしてバタバタしてて、声をどうこうということは正直ぜんぜん気が回っていなかったのですが、合間合間にみなさんとお話してると「いい声ですね」と言っていただけることがあり非常に嬉しかったです。



暑い暑い二日間、みなさんほんとうにお疲れ様でした!





|

« 空中キャバレー2013 | トップページ | BEDTIME STORY 第12回 「Love for Sale」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140196/53074501

この記事へのトラックバック一覧です: すみだストリートジャズフェスティバルにて司会をしてました:

« 空中キャバレー2013 | トップページ | BEDTIME STORY 第12回 「Love for Sale」 »