« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の9件の記事

2014年1月27日 (月)

今夜21時生放送・マンスリーゲスト最終回ですー!

今夜21時ラジオ生放送・マンスリーゲスト最終回はピンで出演します。

「熊田千穂のノンシャラン音楽教室・プチ❤️」

当時の音源とお話でお送りする、昭和初期ジャズソング講座みたいなものです。
浅草ヨーロー堂での第一回ノンシャラン音楽教室から大分間が空きましたがどっこい生きてたこの企画☆
持ち時間20分、パーソナリティ御三方を巻き込んでジャズソングの魅力をどこまで伝えられるかな!?
曲紹介してトークして、、時間が足りない!選曲に非常に悩みましたが、楽しんでいただけるようがんばりまーす!

ノンシャランとはフランス語で
「のんきな、気ままな」という意味、
せっかちな私が20分間焦らずにノンシャランにやれますかどうか、お立ち会い(^o^)

大江戸放送局・クリスタルレインボークラブ
☆今夜21:00 http://www.792fm.com/






写真下半分は私のジャズソング資料の一部。
毛利さんの本と一緒に瀬川先生の本も並べたかったのだけれど貸出中につき手元にないので、
瀬川先生が音楽監修した上海バンスキングのパンフを並べましたー
あんま見えないけど。

まあとりあえず私はいつも上海バンスキング推してるということで。

真ん中に写ってるのは毛利さん監修・発売されたばかりの
「Swing Paradise」のCDです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

2月4日キラ星浅草HUBご予約受付中です!

2月4日(火曜)HUB浅草19:20〜
熊田千穂と銀座キラ星カルテット
ご予約絶賛受付中です!
ニューオリンズのお祭り・マルディグラウィークにあたるこの日はご来店のお客様全員にお店からニューオリンズ直送のプレゼントがあります。
けっこう豪華よ、ハッピーなやつです。
お楽しみに☆☆☆
HUB浅草店 http://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/6
19:20〜3ステージ・入替なし
チャージ1600円
予約TEL 03-3843-1254

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

Swing Danceにトライー!

スウィングジャック、HUB浅草三人衆で参戦。
お誕生月の人は男の人が取り合って踊ってくれるんだよって聞いたので行きました。(キッパリ) ちょうど誕生日前日であった。

20代だったら絶対恥ずかしくてそんなの無理だけど、今なら行ける!
歳取るとほんといいことあるなあ(笑)
バースデージャムって言うんだって、とてもお洒落な企画だなあって思いました!

バンドはカンザスシティ・バンド
生演奏で踊るのですよ、ゴキゲン!
すっかり踊れるようになっているテナー・サックス上野まこと君にもお手合せ願えまして、私はくっついていくので精一杯ですがcoldsweats01
男性陣がほんとにやさしくて、女性陣は格好いいひといっぱいいたよ!

 肝心のバースデージャムは1曲を踊る間に相手がくるくる変わっていくというもの。
たしかにとっかえひっかえして踊ってくれるのですが、あまりのめまぐるしさに
「あ、私男の人に次々手を取ってもらって踊っているわ
shine
なんて実感する余裕もなく必死のうちに終わりました。わはは!
汗かいた!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月18日(土)銀座・No Bird 益田英生 Quintet with 熊田千穂

今月18日の益田英生 Quintet with 熊田千穂、おすすめです。

益田さんのすごくお洒落な切り口で昭和ジャズなナンバーを
スウィングももちろん。
メンバーも豪華です。
新鮮に聞いていただけると思います。
前回も歌っていてとても新鮮で楽しかったです、この機会にぜひ聞いていただけたら嬉しい!

益田英生 Quintet with 熊田千穂 at 銀座・No Bird

益田英生(cl)
小森信明(tp)
楠 直孝(pf)
玉木 勝(b)
竹内 武(ds)
熊田千穂(vo)

music charge 4,500yen(2ステージ合計)
open 18:00
1st 19:00 2nd 20:30(入替なし)


Img_4041_2
ホラーめいてしまった1枚目
ベース玉木さんにだけ何かが見えてるご様子・・

Img_4042

どうぞお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

お好み焼きと平和

木曜日、友達と新年会でした。
歩いて行ける所にこんなお好み焼き屋さんがあるなんてしらなかった。


清志郎さん行きつけだったのだそうです。
店内には清志郎さんの絵や写真がたくさん。


4人でテーブルを囲むのに、10分遅れで到着した私の席が不自然なお誕生日席だった時から薄々怪しんでいましたが食事の中盤、洗面所に行って戻った15分後くらいに

「千穂ちゃん、トイレ行ってきなよ」

「……え。 さっき行ったよ。もう何もでないよ。」

「出るかもしれないよ。」



「、、わかったよ。」

という流れで再び洗面所へ入りました。

しかし、

(しまった。何分くらいトイレに行ってるべきか聞くのを忘れた、、、)

こそっと聞き耳を立てるとみんなが早口で話してる気配や笑い声が聞こえる。


(どうしよ?いつ出ればいいんだろcoldsweats02

と思っていたらコンコン!とノックする音、
ドアを開けると友達の1人が立っていました。

(迎えに来させてしまったcoldsweats02

と思いながらテーブルに戻ると




うわあ!!
お好み焼きにろうそくが!!!!!
読める?
HAPPY BIRTHDAY

凄い!嬉しい!!
でもなんかすごい勢いでろうそくが溶けて行ってない??

「お誕生日おめでとう!!溶けちゃう!早く消してー!」

これは一息でなんとしても消さねば行けない気がする!と思い、胸いっぱいに息を吸って目をつぶって思いっっきり吹いた所、三人の

『うわー!!!』

という悲鳴が、

(?)と目を開けるとロウソクの火は全て消えていてhappy01
周りに思いっきり散らばる青のりとかつお節。

「そうか、そうなるよね、でもそこは予想してなかったー!!!>_<」

と爆笑する三人に一足早いお誕生日のお祝いをしてもらいました。
ものすごい勢いで青のりとかつお節、舞ったらしいです。しかもかつお節、舞い上がって一瞬燃えたそうです(・_・;
ロウソクの燃焼スピードが早いのは鉄板の熱のせい(笑)


お好み焼きとシャンパン!
かっこいい!
アーバン!(たぶん)



嬉しい。絶対忘れない。
私はあのHAPPY BIRTHDAYのろうそくでお誕生日してもらうの、実はずーっと羨ましいなと思っていたのです。かわいい!あれやっぱりかわいいよ!嬉しいよ!

「散らかしてごめんなさいごめんなさい!」

謝る三人と、夢中でお好み焼きの写真を撮る私を見ていたお店のママさんが

「面白いわねー、初めて見たわ。私も写真撮らせてもらおうかな」

にこにこしながらスマホを持って私達のテーブルへ来てくださったという。
本当にありがとうm(_ _)mな夜でした。
清志郎さんが愛したお店はやはりLOVE&PIECEということね!



ろうそく消す時
焦ってしまい

「叶え!」

って、かなり省略したお願いを心で唱えてしまったんですが、、あれ大丈夫だったろうか。(・・;)


全部が美味しかったです!
また行く!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

八海山泉ヴィレッジ・クリスマスジャズナイト

12月の新潟へ、わくわくしながら
トンネルを抜けた時は「雪、今年はそうでもないなあ」と思ったけれど、
どうしてどうして、
八海山のある南魚沼へ近づくにつれ深くなる雪景色。
ほとんどの家の庭に柿の実がどっさりついたままの木があってとても気になる。

あれ、どうして取らないのかなぁ
おいしそうだなぁ、、じつは渋いとか?
どれもきれいで鳥に食べられてる気配ないもんねぇ、、
この寒さで凍ったりしないのかなー(それもおしそうだなー)

と、柿のことばっかり考えてるうちに到着。
真っ白の景色の中で、柿の色が強烈に鮮やかなんですよ。

Img_4309

あったかい泉ヴィレッジの中。

Img_4375

 到着してまず迎えてくれたのはこのバンド!!
ちょこんと星条旗

Img_4689

Img_4377
よく見ると、、、
Saburou Nakajima
           &
TRAD JAZZ BAND
Christmas Jazz Night
て、書いてある!!なんてこと!

Img_4690

Img_4691

見れば見るほど、細部まで考えて作ってあります。
ピアノもちゃんとあるし、ラッパとトロンボーンの細かさときたら、、
しかもみんなちゃんと蝶ネクタイしてるのhappy02

Img_4692

なんてあったかいお出迎えなんだろう。
会場までの通路にひっそりと、でもとても賑やかにお出迎えライブをしてくれていました。
嬉しいなぁ。

 
 さぁ始まるよ!
会場へのドアを開けます。

Img_4369

Img_4370

今年の八海山ジャズはなんだか違う!と思ったら会場の内装もメニューもスタッフさんの衣装も全部アメリカンテイスト!
テーブルにはケイジャンチキンやチーズケーキが並び、スタッフさんはカンカン帽(!)&サスペンダー&蝶ネクタイ。
「ジャズなんだからアメリカだよね」
ということでみなさんで考えてくださったのだそうです。
ニューオリンズ気分を出して一緒にお客様を盛り上げてくださり本当嬉しかった!!!(涙)

お店のスタッフさんがお客様を楽しませよう一緒に楽しもうという気持ちを持つと全てががぜんよくなります。
お客様の楽しみ方の深さがぐんと変わるのです。
リラックス感や、その場・その時間への心の委ね方が変わります。
私も浅草HUBでずっとジャズライブバーの接客をしてきて、スタッフ側からそれを感じていたのですが、ミュージシャン側からだともっとよくそれがわかります。
もちろん自分がお客さんの時も、そういう会場が大好きです。


ミュージシャンとスタッフの立ち位置ってとても近いと私は思います。
ホールを歩くその姿がもう演出の一部というか、つまり出演者と一緒なんですよね。

なので、感激してしまいました。感動してしまいました。
「もっと見て!スタッフさんを!いやもちろん私たちもだけど!」みたいな気持ち(笑


じゃん♪

Img_4317_2
これなーんだ?
バンドだって考えてるのですよ。
リーダー中島さんが「クリスマスソングだけじゃないクリスマスらしさもね」とこのかわいい指人形達を用意し、メンバーが胸に付けられるように自ら一つ一つに針と糸で安全ピンを縫いつけ(涙)てきてくださったのです。

「1stステージはジャケット着用、2ndステージはジャケット脱いで、ベストにこれ付けてね。男性はサンタで女性は雪だるまね」

Img_4693

お人形越しの後藤さんが可愛すぎます。

Img_4372

Img_4373

Img_4701_2
バンジョー・大西美代子さん、
「お揃いしませんか?」とお願いしたら私と一緒に薔薇の髪飾りを付けてくださいましたhappy01
お似合い♪

2ndステージはさらなる盛り上がり。

最も張り切って仮装して接客しているサイキさんと高野さん(社長さんと支配人かな、、とにかくえらいお二人なのですが)をステージに呼んでちょっと一緒に踊ってもらいました。
とてもノリがよくて笑顔で対応していただけて感謝!
お客様喜んでいらっしゃいましたね。
仲間のスタッフの皆さんもね。

Img_4700

こうやって最後に見事なセカンドラインが出来上がるのが新潟のみなさんの素晴らしさなんだよなぁ~~~~
もちろん中島さん率いるベテランバンドの力なのですが、お客様がちゃんと楽しみ方を知っていて、初めて来た方にもどんどん声をかけて誘っていく、その慣れた感じがほんとかっこいいんだよなあ。

 お着物にクリスマス柄の帯を締めるなんてお洒落な方もいて、
う~ん、大人だよねぇ。

 熊田は可愛いスタッフさんを捕まえた。
カンカン帽と蝶ネクタイがほら、お似合いでしょう?
ちゃんとブログに載せていい?って許可いただきましたよcoldsweats01

Img_4694

Img_4695
あまりに可愛いのでピアノに座ってみてとリクエスト。
ほら!やっぱりかわいい~!!!
似合う。

 星条旗があしらわれたステージでみなさんと記念撮影。
「アフロですみません!」と何度も言ってたのが、一緒に踊ってくださったさいきさんです。
素晴らしいノリでずっとにこにこしてくださっていました。上司があんな風に楽しんでいたら、みんな楽しくなるよね。


Img_4696

Img_4697


Img_4699

Img_4698

夜は更けて、
お客様を見送るお人形バンドもほら、キャンドルでいいムード。
作者はスタッフのお一人、北原さんという男性の方でした。
あったかいお心づかいに感謝shine

Img_4355

終了後、メンバーで楽しい宴。
こちら八海山・大吟醸。
私にはもったいないっっと言いつつもとても美味しくて、、
宴中にしっかり30分間寝落ちしました。。。(いつものこと)

翌朝は

Img_4357

Img_4368
さらに深まる雪。

Img_4702

雪の中にいる自分を撮りたかったのですが寝ぼけてるので写真をボカしたためさらに寝ぼけた感じに。

 今頃はもっと深い雪の中でしょう。
泉ヴィレッジのレストランでいただいた雪むろ野菜、美味しかったなぁ。
お土産に買ったくるみは実家へ持って帰り、フライパンで炒って両親と一緒に食べました。
寒さの中でお酒も日々美味しくなっていってるのでしょうね。
ほんとうに空気が澄んでいる、南魚沼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

新宿トラッドジャズフェスティバル2013

神戸からちょうど一ヶ月後に開催されるのが、われらが新宿トラッドジャズフェスティバル

1日目
こっちもこれまたいーお天気でした!
お天道様、よくわかっていらっしゃる!

Img_4105
寄席の前を練り歩くパレード

Img_4099
なんかすっごいかっこいいラッパが聞こえる!と思って角をまがると

Img_4102

鈴木さんが吹いてた!
なんてゴキゲン!
鈴木さんは岡本章生&ゲイスターズのトランペットでもあります。

Img_4101

ごっそり人だかり!

14:00-14:40 会場・珈琲屋吾郎
熊田千穂と銀座キラ星カルテット
熊田千穂vo
青木研bj
筒井政明tp
渡邊恭一ts.cl
井桁賢一sus

Img_4147_3

ひさしぶりに4人いる銀座キラ星カルテット
最近キラ星トリオになれていた私には二管が加わったカルテットで背中からうわっと支えてくるサウンドがとても刺激的でした。
お客様にも感じていただけたようで、「カルテットいいね~」と声をかけていただけました。
会場の珈琲屋・吾郎は満席で、うれしい限りでした!
どうもありがとうございました。

1234583_542804839133026_1021998796_

15:00-16:30 会場・G's Bar
サタデースリービューティーズ」

元山いづみ vo
FUMIKA vo
熊田千穂 vo

Img_4118

Img_4123

Img_4124

三人が入れ替わりで歌うこの回
順番はじゃんけんで決める(笑
かしましいのです、女3人ですから

Img_4128_2

3人で撮りましょうーと言ったら真ん中ポジションの譲り合いでこの騒ぎ(笑

Img_4136_2(笑


Img_4148_6

落ち着きました。


新宿ジャズはトラッドジャズ界隈のミュージシャンが一堂に集まる場なので、再会の嵐なのです。二日間あるのに初日打ち上げで朝まで飲んでしまう人もめずらしくない。
私はいつもわりとおなしーく帰る方なんですが、今年は楽しく参加!
立ち飲み!テーブルはビールケースだぜ!
寒くてもへっちゃらだぜ!コート着るから

Img_4149

Img_4150




キラ星カルテットで感じたドキドキを大事に帰宅。
皆さま、明日もよろしくお願いします!

 2日目

Img_4155

まぶしくて画面おかしくなるほどの日差し!

Img_4193

ずっと生で聴いてみたかったブルームーンカルテットをストリートで聴けました。
なんてゴキゲンなの!
人混みを押しのけて最前列でノリノリで聴いてしまいました。


Img_4192

神戸ジャズでお世話になっているドラマー木村陽一さんが前のめりでにこにこ聴いてるなーと思って横目でみてたんですが、とうとう歌で飛び入り。
なんと!!!木村さんはブルームーンカルテットのドラマー木村おうじさんのお父様なんだって!!
ひえ~~~~~!DNA!
そして演奏中ずっと駆け回っている小さな男の子はお孫さん!
これまたDNA、リズムモンスターが登場する予感いっぱいです。

17日(日曜日)14:00ー14:40 会場・G's Bar
熊田千穂vo
後藤千香p
加藤人bs
guest
後藤雅広cl
斎藤チホvin

この日は一点豪華主義な、ステージ

Img_4194
贅沢なメンバーでご一緒させてもらることは普段なかなかありません。
チホちゃんとも久しぶりの再会。

出番が終わり、今日はゆっくり聴かせてもらう日にしようと、ブルームーンカルテットに引き続き覗いたステージが

Img_4191

五十嵐明要さん、花岡詠二さん
根一タカオさん、小林洋さん、楠堂浩己さん
人でぎゅうぎゅうの会場で、ひさしぶりにじっくりゆっくり大御所のサウンドを聴きました。
楽しかったな、、、、
この五人の中の独特のコンタクトがすごく音楽の味付けになっているといいますか、、
ライブはいいですね。本当にいいですね。

Img_4180

毎年、このお祭りが終わるとストンを幕を下ろしたようにしっかりとした秋が来るのです。
月曜の朝の風の匂いはもう、フェスの時とは違っていて
すごいなぁと思います。
ジャズ!なんていってるけど、農耕民族の国・日本ならではの秋のお祭りのタイミングでやってるんだよね。だから季節の移ろいにこんなにもリンクしてノスタルジックな気分になる。
面白いです。

Img_4181

「もう何年もやってるからね、準備も片付けも慣れたもんで時間かかんないんだよ」
そんなことを言いながら片付けをしてくださるスタッフのみなさん。
それに今年も早稲田の沢山の学生さん。
今年も各会場でお世話になりました。
どうもありがとうございます。ほんとうにこういうフェスのお客様の笑顔はスタッフさんの支えあってこそなんだよなぁ。毎年感じます。

プレゼントいただきました。どうもありがとうございます。

Img_4184_2
お花や

Img_4152
クッキーhappy01

Img_4222

この山親爺というもの
パッケージを見ただけで「つくだに?ふりかけ?」と聞いてしまったんですが(笑

Img_4225

「洋風せんべい」でした。
小さな熊が入っていてものすごくかわいかった~~~~~~!
北海道ではとっても有名なんだそうです。
美味しかったデス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

明けましておめでとうございます!1月・2月スケジュール☆





 明けましておめでとうございます。
2014年になりました。
本当は日々にくぎりなんてないけれど、それはけっこう大変なことなので人間は「年」という区切りをつけたんだな。そのおかげで気持ちを切り替えられる、考えも少し新たにできる、とっても生きやすくなる。すごいな。
などと思った2013年末でした。
そんないいシステムに乗らない手はないね!
そう思うので、2014年新たに飛躍します。

2013年、各所でいろいろな人と出会い、また大変お世話になりました。新たに出会った人にも、これまでもずっと一緒の人にも、たまにしか会えない人にも、お世話になりました。
人と関わっているから生きてられるんだと、一緒に笑える瞬間があるから次があるんだと、実感した1年でした。
自分の周りの人をもっと大事にできますように。言葉にするとこんな感じになってしまいますが、

今年もみなさまにお会いできますように。
どうぞよろしくお願い致します。





■2014年1月5日(日曜日)西荻窪ミントンハウス




Img_4703

 チョイと加工したら最高にうさんくさい写真になりました。
つまり、超気に入りましたこの写真。
年明けミントンだよ!


キラ星トリオatミントンハウスです。


熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)

井桁賢一(sousaphone)



開店 19:00
演奏時間 19:30~22:30
ミュージックチャージ2000円



新年会ですね。



■2014年1月6・13・20・27(月曜日)
大江戸放送局レインボータウンFM「クリスタルレインボークラブ」

1月のマンスリーゲストとして毎週月曜21時らの「クリスタルレインボークラブ」に出演します!
ユーストリームでも中継されますので、お時間ありましたらぜひ聞いてくださいませ。
一人ではなく、共演者がいます。
共演者は聞いてからのお楽しみ!



■2014年1月17日(金曜日)ヒルトン東京 St. George's Bar



ピアノ・ベース・ボーカルのトリオで出演します。



演奏時間



20:00 ~ 20:40
21:00 ~ 21:40
22:00 ~ 22:40
23:00 ~ 23:40



カバーチャージ 1,400円(税込)

■2014年1月18日(土曜日)銀座・No Bird

益田英生 Quintet with 熊田千穂



益田英生(cl)
小森信明(tp)
川畑淳(pf)
玉木 勝(b)
紺野智之(ds)
熊田千穂(vo)





Img_4042_2





music charge 4,500yen(2ステージ合計)
open 18:00
1st 19:00 2nd 20:30(入替なし)







■2014年2月4日(火曜日)HUB浅草店

熊田千穂と銀座キラ星カルテット



熊田千穂vo
筒井政明tp
渡邊恭一sax
青木研bj
井桁賢一sus

19:20~3回ステージ(入替なし)
ミュージックチャージ1600円

※ご予約はお早めに
03-3843-1254

| | コメント (6) | トラックバック (0)

<昭和オンガク博覧会>昭和音楽ハイカラ・クロニクル

<昭和オンガク博覧会>昭和音楽ハイカラ・クロニクル
~お話と演奏で振り返る昭和音楽~

評論家・瀬川昌久とピアニスト・秋満義孝の二人が昭和流行歌の系譜を紐解き、お洒落だったあの頃を振り返ります。
さらにスイングジャズの雄・花岡詠二が加わり演奏で昭和を追想。音楽で振り返る昭和史です。

 待ちに待っていたこの企画。
あの十字屋さんがこんな素晴らしい企画を考えてくださいました。
出演できて本当にうれしいです。

Img_4197_2

 

戦前・戦中・戦後と瀬川先生のお話にそって音楽の流れを追っていくという企画。
私はこういうちょっとお勉強会的な要素のある企画、大好きです。
ヒット曲であればあるほど時代を超えてしまうので、
名曲が大量に生まれたこの頃の音楽って時系列がめちゃくちゃに感じられるのですが、
順を追って、時代背景も少し追って、そういうふうにちゃんと順番を正しく並べてみると、じつにすっきりといろんなことが見えてくるものです。
当時の人の気持ちもなんとなく想像できて、よりその曲の位置というか、価値というか、、、、そう、よりその曲を近くに感じて好きになったりします。


 1回だけしかできていませんが、私がノンシャラン音楽教室をやったのもそういう気持ちからでした。

今回は、瀬川先生と秋満さんと花岡さんと、それで会場が十字屋さんだもん。
もう100パーセントでしょ
無敵でしょ!

私、こういうことやりたかったの!!!
私の場合は戦前に特化しましたが、こちらはもっとひろく大きな流れを追います。

そして今回の企画はライブだけではなく、実際のSPからとった当時の音源も聞かせるというものでした、それも素晴しいところの一つです。
今の人が今の感覚で再現して聞かせるのってもちろんいいのですが、それだけじゃちょっと面白くない。
当時の音や感覚を聞いて、比べてみて初めておもしろさがある。
こういう企画やるなら両方聞いてもらいたいのです、やっぱり。
(さすが瀬川先生!そういうことですよねー
happy02そうそう!! と、リハ時に一人で感動)

Img_4208


だからすごくうれしかったです。
瀬川先生が全てのお話をしてくださるので私達楽隊はその曲紹介があるたびに楽隊に徹します。
そのシステムもよかったなぁ。無駄なMCはいらないの。
正直な感想ですが、瀬川先生はとっても張り切っておられましたよ!
瀬川先生はジャズ全般相当広く手掛けていらっしゃるわけですが、幼い頃に実際に聞いて成長とともに追いかけたこの時代の音楽をやはりとても好きでいらっしゃる。
それが伝わってきます。


第一部 戦前編
ダンスホールとジャズソングの流行(昭和3~15年)

 アラビヤの唄、月光価千金、ルイーズ、セントルイスブルース、、、
外国音楽が日本に入ってきた流れ、当時のスター歌手たちの横顔、お話と一緒に紡がれる音楽は秋満さんのピアノに花岡さんのクラリネットで
私はここでしなくていつするんだ、モガスタイルです。

Img_4201

自撮り、わかりにく、、どうしよ、、、と思っていたら

1476178_544417608976958_846144594_2

お写真いただきました。これは何を歌ってるときだろ、すごいカオだなー


戦中ジャズ禁止と軽音楽の流行(昭和16~20年)

こちらは、秋満さんのソロピアノで紹介されました。
アメリカの音楽が軒並み否定された時代、多く聞かれたドイツの音楽。
実はお客さんで来ていた大学生の女の子に聞いて知ったのですが
ここで秋満さんが弾かれた映画「会議は踊る」のテーマ曲“唯一度だけ”は、
映画「風立ちぬ」で主人公・堀越二郎が軽井沢のホテルで過ごす際にレストランで演奏されていた曲です。

「会議は踊る Der Kongress Tanzt.」
http://www.youtube.com/watch?v=RLKxktLucrI
私は映画観ていたのにちっとも気づいていなかったよ。
後で秋満さん達にその話をしてみたら「確かにそうかもしれないね、あの映画は時代的にぴったりだものね」と言っていました。

 秋満さんのピアノ、あの深みはなんなのでしょうね。
一音一音が琥珀みたい。


第二部 戦後編
アメリカンヒットソングと服部良一のブギ

面白いもので、時代が近づいてくるに従って秋満さんと花岡さんが張り切りだすという(笑

当然と言えば当然かもしれませんが、あんなに何でも演奏できる方たちにももちろん、より自分の好きな「スウィング」の時代があって、やっぱりその音楽こそが「ゴキゲン!」なのですね。

瀬川先生のお話を聞きながら舞台裏で待つ間、最年長の秋満さんが
「さあ、今度は戦後だから、やりやすくなるぞ。」
と言ったのを聞いて花岡さんが横顔だけで「フフッ」と笑った後にクラリネットの上で指を動かしてたシーン、素敵でした。



 私、そういういいシーンを結構見ることができてるんだよね。
いろんな場所で。とても幸せだと思う。


 しかしそんなかっこいい二人の横で、時代が近づくにつれ気楽になるどころか緊張し始める私ってなんなのさcoldsweats01
戦前音楽の方に親しんでる、本日の出演者最年少です。どうも。

ドリーム、ウィスパリング、、、花岡さんのロマンティックでリリカルなスウィングに会場が揺れます。
ちなみに今回の企画、瀬川先生のご指示により私は歌わない時もずっとステージ上・ピアノ横に用意された椅子に座って待つのです。
当時のバンド専属シンガーがそうしていたように。
これには瀬川先生絶対のこだわりがありますのです。

 歌はセンチメンタル・ジャーニー、アゲイン、、ドリス・デイの黄金ナンバーです。
そして戦後日本にとどろいた名曲といえば、笠置シズ子・東京ブギウギ!
踊り出すお客様もいらっしゃいましたねーhappy01
どうもありがとうございました!

977359_550724288339004_283250637_o

1452584_544146955677905_567267883_n

衣装も戦後テイストに変え!
「衣装変えするの?」って驚かれたけれど、戦後の曲をモガスタイルで歌うなんて考えただけでも無理だよー

 満席のお客様でした。
いろんな方が曲に合わせて口ずさんでいるのが見えました。最高だなって思いました。
戦前~戦後にかけて、たくさんの名曲が生まれたけれど、
激動の時代それぞれの音楽に共通するのは「だれもが口ずさめる」ということ。
英語の歌でも日本語の歌でも、ドイツ語の歌だって同じ。
ハミングで鼻歌できる。
それが何より、イイよねと思うのです。

着替えがあったため、今回一人でバタバタしていたいつもの私の舞台裏

Img_4705

十字屋さんが用意してくださったお部屋、シャンデリアがすてき、さすが~

Img_4704

上に写ってるのは私のもう一つの髪・・・

Img_4707

バタバタすぎてこんなん撮れてた

Img_4706




 
 ブログ書くまでに間があいちゃったので、ささっと書こうと思ったのにやはり長めになってしましました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »