« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の8件の記事

2014年7月31日 (木)

明日はミントンハウスです☆

☆8月1日は西荻ミントンハウスにてキラ星トリオです☆




最新の写真がギター青木研氏のものばかりなのであれですが、当日はバンジョーですよー☆


熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
井桁賢一(sousaphone)

演奏時間 19:30~22:30
ミュージックチャージ2000円
ミントンハウス
http://www33.ocn.ne.jp/~mintonhouse/

教えてもらったアプリで作ってみました。
写真で遊べるのは不器用な私には助かりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

ブルーノート東京にディキシーが響き渡り、フジロックに次いで観客が踊った夜




一昨日の夕方、突然鳴った携帯。
トラッドジャズ界隈の有名人である石川姐さんからでした。

「ブルーノートのプリザベーションホールジャズバンドのチケットが余ったの、8:30の回なの、来られない?代済みだからお金はいらないわ」


どぉうえええええ!?


プリザベーションホールジャズバンド!
三ヶ月程前でしょうか、ブルーノートのスケジュールをチェックしていてあのバンドの初来日の情報を知ったのは。
その時、なんとフジロックにも出演するという情報も知りました。
「素晴らしすぎるフジロック!!プリザベーションホールジャズバンドを呼んだなんて!ブッキングした人誰だよ!?最高最高最高!」

この夏日本の若者が本物のディキシーランドジャズを目の当たりする!しかもフジロック行く人達が!!

やたらに感動したのです。
そして一昨日、ツイッターのタイムラインに流れてくる
「フジロックで初めて聴いたプリザベーションホールジャズバンド最高だった!汗だくで踊りまくった!」
「なんちゃらジャズバンド最高!」
という若者達(おそらく)のツイートをニヤニヤ見つめながら私もそれを次々リツイートしていたのです。

(そして今夜はブルーノートか、いいなあ!)


あの空間にディキシーが満ちる様子を夢想した、携帯が鳴ったのはその時でした。




「行けます!8:30にブルーノートに行きますっっ!
ああでもどうしよう、私今日ジーンズにサンダルなんです!」

「構わないわよ」


いやいや構いますよ!!!
この恰好では絶対行けないわ、でも家に帰る時間もない。


SALE!
そう、世間はまさに夏のセールの、終わり頃(笑)
移動中に飛び込んだお店でキラっとした素材のショートパンツを一枚買って着替えました。
ワンピースにしたかったんだけど、もう全てLサイズしか残ってなくて、ショートパンツもスカートみたいにぶかぶか、だけどまあ仕方ない!
これなら踊りやすいし☆
1700円で買えたし☆


こちらブルーノートの化粧室にて、、



さて到着→着席(センターのとってもいい席!)
私達と同じテーブルになったのは去年仕事でニューオリンズに行ってたまたまこのバンドを聴き、今年来日の情報を知りたまらなくなってやってきたという方。


そうです、だってプリザベーションホールジャズバンドは門外不出なんだって私も聞いていた。
浅草HUBのお客様や出演バンドさん達がそれは自慢げに「ニューオリンズ行ってプリザベーション聴いて来たよ!」と話すのを何度聞いてきたことか。お店にはバンドさんからのお土産の「PRESEVATION JAZZ BAND」とでかでかとプリントされたTシャツが額に入れて(!!)飾ってあったりします。


いつものブルーノートのお姉さんのアナウンスがあり、登場したメンバー
の、中に
あれっ??見たことある人がいる
「ロンゾ!?」
トロンボーンのロンゾは毎年8月に 浅草HUBにニューオリンズから来日するバンドのメンバーです。
-----何しろ浅草HUBは日本一のニューオリンズですから、毎年特別企画でニューオリンズからバンドが来るんだぜ!すごい店なんだぜ!!すっげー混むんだぜ!!---------
(迸る元スタッフの愛)




ちょっと!ロンゾ、何をしれっとブルーノートのステージに上がっちゃって、、
すごいすごいと思ってたけど、そうか、あなたはプリザベーションの人だったんだねえ。
毎年のようにHUBで働きながら聴いてて、贅沢だ贅沢だとは思ってたけどさ、知らないって畏れ多い事ね。

凄かったです。
トーキョーのブルーノートなんてやたらハイソめいたとこでも、ベイズンストリート(行ったことないけど)でも、もしも浅草のHUBだって彼らの熱くもスマートな演奏はきっと変わらない。
練りに練られてきた音と、やたらお洒落なのにどっか生々しい歌と、
最高だったのは、ピアノ。

それにしてもピーナツベンダーを演ってくれたのは最高に嬉しかったなあ!!!
高らかなトランペット、グルーヴするリフの途中でたまに遊ぶロンゾ、聴いててこんなに気持ちいい曲ないよなあと思うのです。日本ではあまり生で聴くことのない曲なので嬉しさひとしお。






ステージを最後までしっかり聴いた後の私の最初の感想は
「日本のディキシーバンドってほんっとに素晴らしいんだな!!」
です。

確かにプリザベーション、最高峰です。
でも、私が浅草HUBに勤めた11年半の間に聴き、今は共演もさせていただいてる日本のトラッドジャズミュージシャン達、
上海バンスキングの四郎、バクマツよろしく「この次はニューオルリンズに生まれたし」と本気で思うあまり、中には毎年のように勉強しに行っているミュージシャン達の演奏するジャズは率直に言ってプリザベーションに劣らない。
フジロックのオレンジで、若者達を踊らせる事、できる。

それをよくわからせてもらった夜でもありました。
日本人のニューオリンズのジャズへの愛ってなんて深くて、誠実で、愛すべきオタクなんだろう。
私はそういう人達の集まる素晴らしい場所に11年半もスタッフとしていることができたんだ。
そしてそこで出会った人達と今音楽を演れているのです。





それにしてもブルーノート東京にディキシーが響きわたり、フジロックに次いで観客が立ち上がって踊った記念すべきこの夜に立ち会えた事に大きな感謝!!
そして、そんな空前のギフトをもらえる運を持ってる自分に自信を持とう!と思うのです。
そういうの大事!って、最近ますます思うから。


写真は石川姐さんと。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

家リハ


今月引越しをしたのですが、新しい部屋での家リハ第一弾はギター増田信太郎くんでした。
8月3日「くまのうたタネ」では熊田・増田ユニットDuwrite May、オリジナルも久しぶりに演奏します。お楽しみに!
彼とはジャズ以外にも本当に色んな曲を一緒にやってきたものだなと改めて思った次第。
当日が楽しみです。

中島桃果子作詞の二曲「Tokyo Umbrella」「迷える子羊のskip」も歌います。
現在中島さんは「雨滴恋情事」という東京の雨を深くモチーフに持った艶めいた新作を絶賛連載中でありますし、中島ファンの皆様にも合わせて楽しんでいただけたら嬉しいですʕ•̫͡•ʔ♡*:.✧

写真は段ボールもまだ残り、カーテンの丈も合ってない私の部屋でリハ中の信太郎くん。


うたタネはいろいろ手作りな企画ですから、リハもなるべく家で!と思っております。
充実した家リハのできる部屋作りをしようと思ってます、ミュージシャンの皆様よろしくお願い致しますー(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

更新!8月スケジュール☆

■2014年8月1日(金曜日)西荻窪ミントンハウス
キラ星トリオatミントンハウス
熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
井桁賢一(sousaphone)

演奏時間 19:30~22:30
ミュージックチャージ2000円
■2014年8月3日(日曜日)神楽坂10'colors
新企画「くまのうたタネ♪」by Artistic Pantie始まります。
新企画にしてゆる企画、第一回目は8月3日!
夕方からお酒片手にチーズでもつまんで聴いていただきたい、ライブです。

☆なるたけお気楽な金額設定でライヴを見て頂くというコンセプト、なのでスタッフも少人数、小説家・中島桃果子がカウンターでお酒を出してくれちゃいますし、
私も歌手兼スタッフで皆様をお迎えいたします(^^)
いつもみたいに幕からエラそうに出てきたり、しません(笑
ゆえに行き届かない点もあるかと思いますが、そこはゆる企画、ご容赦くださいませね。

Utatane_2

Open 17:00〜

1st/ 17:30
2nd/ 19:00

※入れ替えございません♪

お好きなだけいらして☆
チケット=2000円(Welcome drink付)

今回のうたタネは熊田千穗の音楽活動の原点に立ち返りDuwriteMayです☆
Vocal.熊田千穗 Guitar.増田信太郎

☆なお、うたタネ第一回のFoodは、オリーブ、チーズ2種、スナック、イタリア野郎のたこ焼き(テンカラ、隠れた人気メニュー!)など軽食のみの対応とさせて頂きます。

☆ゆるライヴにて予約は特に承りませんので、直接お店に来て頂けると幸いです。

タイトルはなんと某敏腕広告プロデューサーにつけていただきました!(これほんと)
チラシのくま子も今後どんどん活躍の予感!

企画/
ArtisticPantie
協力/10color's
宣伝美術/近郷画伯
Artist/熊田千穗
■2014年8月12日(火曜日)荻窪ルースター
「懐かしの昭和JAZZから洋楽&邦楽POPSな夜」
というタイトルで、5月サラヴァ東京でやったSaravah!モダンガールよりの、ポップスな選曲でお送りいたします。

ポップスで盛り上がろー!っと思ってマス
お盆に東京にいる方、是非おいでいただきたいです( ´ ▽ ` )ノ
メンバーはサラヴァの時のメンツ+ハーモニカ!
ハーモニカ奏者のマツモニカさんと初共演です☆
熊田千穂(vo)
赤石香喜(pf)
梅沢茂樹(b)
マツモニカ(hrm)
足立学(ds)
CHARGE:2500円
■2014年8月24日(日曜日)長野
野外コンサート
少し先ですが、今年も!
■2014年10月10、11、12日
神戸ジャズストリート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

アンサリーさん、森の診療所

先に自分のライブレポートを書くべきと分かっているのですが、この気持ちの鮮度を逃す前に。



今夜はアンサリーさんのコンサート「森の診療所」へ行きました。初めて行きました。
この方を好きになって11年位、私が人前で歌い始めて今までの時間はアンサリーさんを聴き続けてる時間とほほ同じ。ちょうどギター増田信太郎と出会い活動を共にして間もない頃、二人ともアルバム「moon dance」と「day dream」を特に何度も聴きました。

私はアンサリーさんの歌をきっかけに、笹子重治さん、小沼ようすけさんという素晴らしいギタリストの存在を知ったし、ケニーランキン、吉田美奈子さんといった素晴らしい歌手や世界中の名曲を知りました。
私の好きな音楽はアンサリーさんの何物にも代え難い声でさらに拡がりました。


今夜のピアノは小林創さん。
ライブを知ったのは数日前です、
創さんのお弟子さんの上山実くんを誘いました。
以前彼とリハをした時にアンサリーさんを好きな事を話し、創さんとアンサリーさんの共演を1度生で聴きたいね!と話していたのです。

それにしてもタイミングが合うときってこんな風に上手く合うんだなと思います。行くべき時に行けたんだと思います。
素晴らしいコミュニケーションのある音楽でした。

終演後アンサリーさんとお話をすることができました。
「歌手同士、がんばりましょう」と言ってくださいました。
握手したアンさんの手はあったかくて泣いてしまったよ。

本当に行けてよかったです、アンさん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

modern-girl for 2デイズ

さて今週はモダンガール的企画が二日連続でございます。
写真は実は私なのですが、最近の私はこれまでの黒髪断髪スタイルのモガからちょっと路線変更したい気分、この二日間は新たなネオ・モダンガールテイストで行こうと思ってマス☆
さて木曜・金曜と続くレトロデイズをどうぞお楽しみに!

Img_2748_1


■7月17日木曜日@HUB浅草http://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/6
「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」

熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
筒井政明(trumpet)
益田英生(clarinet)
井桁賢一(sousaphone)
19:20~3回ステージ(入替なし)
ミュージックチャージ2000円
大変おすすめなHUB浅草でのライブです、美味しいビールと一緒にライブを楽しんでいただきたいっ!

そして

■7月18日金曜日)日比谷公会堂アーカイヴカフェ (日比谷公会堂1階)http://hibiya-kokaido.com/cafe.html
『真夏の大東京レコード祭! 公会堂五十三次音楽めぐり』


司会・毛利眞人
レコードガール・熊田千穂

・13:00~15:30
・入場無料(カフェですので美味しい珈琲、紅茶などのオーダーをお願いします(^^)

10300900_10204421707129831_63892769



伝統ある日比谷公会堂の1階にあるカフェの主役、
イギリス製の最高級蓄音器・グラモフォン社製HMV No.194を操って音楽評論家毛・利眞人さんが開催するレコードコンサート。

 300万円くらいしちゃう高級蓄音器でSP盤の音色を聴いてみませんか?クラシックからジャズまで幅広く遊びます。

私はレコードガールとして登場いたします!
※レコオド・ガアル
SP盤が発売された当時、レコード店の店頭で蓄音器でレコードをかけて実演をした女の人のこと。つまり街頭DJ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

蓄音機(英語ではgramophoneといいます)

これ、私の蓄音機。
久しぶりに開けました。




私の住宅事情ではどうしてもしまいっぱなしになります。蓄音機ってボリュームコントロールないのですよ、大音量で鳴りっぱなしなの。

三日前に引越しをしました。
新しい部屋も特に「蓄音機OK物件」ではないんですけど、一回くらい鳴らしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

7月・8月スケジュール☆

■2014年7月17日(木曜日)HUB浅草店
HUB浅草特別企画
「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」
熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
筒井政明(
trumpet)
益田英生(
clarinet)
井桁賢一(sousaphone)
19:20~3回ステージ(入替なし)
ミュージックチャージ2000円

※ご予約はお早めに
03-3843-1254

Hub

そして、翌日は、ライブではないのですが、、

■2014年7月18日(金曜日)日比谷公会堂アーカイヴカフェ (日比谷公会堂1階)

『真夏の大東京レコード祭! 公会堂五十三次音楽めぐり』

司会・毛利眞人
レコードガール・熊田千穂


・13:00~15:30
・入場無料(カフェですので美味しい珈琲、紅茶などのオーダーをお願いします(^^)

・予約不可

 とうとう実現します。
日比谷公会堂アーカイヴカフェの主役、
英国製の最高級蓄音器・グラモフォン社製HMV No.194を操って
音楽評論家毛・利眞人さんが開催するレコードコンサート。


 日本のカーネギーホール・日比谷公会堂の歴史
つまり日本近代音楽の歴史を貴重なSP盤とお話で辿ります。


私はレコードガールとして登場いたします!
※レコオド・ガアル
SP盤が発売された当時、レコード店の店頭で蓄音器でレコードをかけて実演をした女の人のこと。街頭DJね!


アーカイヴカフェ山田店長、毛利眞人さん、そして私の悲願の企画が実現します!
午後のひとときを贅沢な音と美味しい珈琲と楽しい解説で!

予約不可の為、お早めの入店をおすすめいたします。




■2014年8月1日(金曜日)西荻窪ミントンハウス
キラ星トリオatミントンハウス
熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
井桁賢一(sousaphone)

演奏時間 19:30~22:30
ミュージックチャージ2000円

■2014年8月12日(火曜日)荻窪ルースター
.こちら、詳細お楽しみに!



■2014年8月24日(日曜日)長野
野外コンサート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »