« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の12件の記事

2014年11月29日 (土)

越部信義さん

 昨日、けいこさんからのメールで越部信義さんの訃報を知りました。
朝日新聞ニュース
瀬川昌久先生らとタッグを組み、上海バンスキングの楽曲の作曲・編曲・指揮、つまり監督をされていた方です。
改めて調べてみたら上海バンスキングの音楽では日本アカデミー賞音楽優秀賞を受賞されていたんだ!

さらに「サザエさん」「みなしごハッチ」「おもちゃのチャチャチャ」「勇気ひとつを友にして」「はたらくくるまシリーズ」等も手掛けていた音楽家です。


越部信義さんwikipedia
Neverまとめ・越部信義さん





「ウェルカム上海」も「港は雨の晩」も越部さんの曲
私は上海バンスキングのイメージのみだったけれど、なんだ、なんだ、
生まれてから馴染んできた音楽がすでにかなり越部さん作品だったんじゃないか!
と、今とても驚いています。


 この時代の音楽は作る人も演奏する人も大分ジャズの要素を持った人達が多くて、演奏はもちろん生だし(それしかないものね)、いまパーソネルをみると仰天してしまうような豪華メンバーがさらっと集まって大量の商業的録音を残していたりしますね。
当たり前に聞いていたテレビCM音楽やおかあさんと一緒で流れる音楽、
改めて聴くとその細部に渡るハイクオリティぶり、丁寧さにため息がでます。


 
  ええと、何が書きたいんだろうか私は(笑
センチメンタルにしようとも思っていないのですが。。
「そのこと」を「本当に知っている」人、
「現場を生きた人」がいなくなるのは、悲しいよりも、少しこわい。
怖いことです。
 病と闘っている最中の吉田日出子さんが新しく本を書かれたそうです。
吉田日出子さんのニュース
自らの記憶が失われる前にと筆をとってくださったデコさん、
どれだけ不安と恐怖を感じて決断したんだろう。
 時間がどんどん迫っている。私にも。動かなければ。
 
2010年、4年前の「上海バンスキング」再演時。
私は幸運にも、越部さんと同じ日に劇場にいました。
その時のブログです。
3月12日上海バンスキング

越部さんのご冥福をお祈りいたします。
それからデコさんの日々に、これからも沢山の喜びがあることをいつも祈っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

くまのうたタネ♪vol.3

くまのうたタネvol,.3 ネバダの夜
~リスボンは遠く、砂漠のバール・イタリアーノはうたたねを許さじ~

10708608_737793746307470_8963781685

今回も近郷画伯の世界観がみんなを引っ張ってくれます。


8938_756714907741955_13688827645822

ご来場ありがとうございました!


 とある港町のバーにある日とどいたクマ子あての絵葉書。
消印がリスボンなのを見たクマ子は彼の船は今リスボンの港にいる事を知り、
うたたねから飛び起きて飛行機に乗りました。

ところが、到着した先はなぜかアメリカはネバダ州の外れの小さな空港。
ラスベガス帰りのバール・イタリアーノ氏とのトランク間違いトラブルにまきこまれたクマ子はドタバタの最中に「実はクマである」ことがバレてしまい。
「秘密をバラされたくなかったら、今夜一晩俺のレストランで働きな!」
というわけで

砂漠に一軒だけあるイタリアン・レストラン(なのに毎晩カントリーソングのライブがある)「バール・イタリアーノ」で歌うことになりました。

10393880_750566001691605_5482028273

 というのが今回うたタネのあらすじ。
「バール・イタリアーノ」ではキャラの濃いピンクの髪をしたバール・イタリアーコという女主人と彼女の愛人でもある雇われ料理人(という設定を受け入れてくれたテンカラーズのオーナー阿久津さんありがとうございます!)と砂漠のピアノ弾き・上山くんが,
そして、毎晩この店でカントリーを聴いてる常連のお客様たち(これ、来ていただいたみなさんのことですよ)が待っていたのでした~~~~

さて、ジャズシンガーのクマ子は一体何をうたうやら、、、
はじまりはじまり♪
という設定をお伝えするもかこと私の小芝居から今回のうたタネ、スタートしたんですが
なんとその映像が!!!

動画で 伝わるかどうか、、わかりませんが、
いい大人二人ががんばって小芝居しております。



 これはもかこが書いた
かなりかなり串田和美さんへのオマージュのある台本でした。
(こう見えて相当難しい台本なのだ(^-^; )
セットリスト

1st
1.Route66
2.ルージュの伝言
3.Georgia on my mind
4.Don't make my brown eyes blue
5.アラバマに星落ちて
6.Sentimental Journey
7.キャラバン
8.500マイル

2nd
1.I will always love you
2.It's only a paper moon
3.素敵なあなた
4.バードランドの子守歌
5.テネシー・ワルツ
6.Just missed the train
7.Desperado
8.カントリー・ロード
 
クリスタル・ゲイルのヒットナンバー「Don't make my brown eyes blue」や
後にホイットニー・ヒューストンがカヴァーしたことでヒットしたドリー・パートンのオリジナル曲「I will always love you」(ね、これ聞いてみたらカントリーテイストのバラードだったでしょ?)、500マイル、カントリー・ロード、アメリカの地名の入ったジョージアやアラバマ。

カントリー寄りに、と思って選びましたが確かにこれ、指摘されたように
ブルース寄りかな。。。。。(笑




500miles
途中よく喋るけどよく働くイタリアーコさんの仕事姿がhappy01
 うたタネはこんな風に芝居とライブの入り混じった企画として成長していきそうです。

「ただライブするより、こういう感じが面白い」と好んでもらえたら嬉しいです。
出会って17年、出会ったころと変わらずにお芝居ごっこをしているもかこと私。
小道具の多いこと(笑
もかこのこだわりの作り込みの深いこと(笑
いい歳をした女が二人、けっこう真剣にこんなことを、実は全力でやってることを楽しんでもらえたら幸いです。
そしてこれらを皆様のまえで実現できるのは
テンカラーズさんというお店の理解と協力あってのこと。
オーナーの阿久津さんともかこと私は同い年。
なんだかそういうのも嬉しいです。上山くんも同い年。

10734194_756715007741945_14395582_2

7614_756714957741950_547077022631_3

10636223_750566261691579_13415294_2

本編終わった後に恒例になりつつある15~20分ほどのリクエストタイム。
今回もありました。
その場で上がるリクエストにできる限り答えるというもの。
上山くんが知っている曲なら一緒に演奏してもらい、知らない曲なら私がアカペラで歌うという。。。
今回上がったのは
蘇州夜曲
My funny valentine
誰かの願いがかなうころ(宇多田ヒカル)
I got rythm
マイケル・ジャクソンの曲(というわけでHeal the worldを)
みずいろの雨
こんな感じだったかな。。。
とにかく知ってればワンフレイズでも歌うという。
上山くんには大変になってしまうんですが、私はこのコーナーで極力NOを言いたくなくて、
応えられるかぎり歌って応えたいと思ってます。
次回もこのコーナーします。
で、
このコーナーは即答リクエストコーナーなので、
次回うたタネでしっかり歌って欲しい曲はメールやコメントなどでくださいな。
極力次回テーマに組み込めるようにします。

10367583_750566061691599_9168379127

がんばりまーす。

10432090_756714981075281_2602009322

今回構成を練る中で見つけた「マルタ・ベケットさん」という
一人の女優さんが、今後うたタネのポイントになっていきそう。
ニューヨークでのキャリアをあっさり捨てネバダ州の外れの朽ちた劇場を一人再建し
「砂漠のネズミ」と呼ばれる、おそらく世捨て人のような(?)人たち相手に一人芝居と歌と踊りでエンターテイメントを、亡くなるまで提供し続けた人。
※イタリアーコさんが持ってるパネルの写真の人です。

10351447_745053045581540_69512084_3

今回もうたタネスタッフとして支えてくださった諸田さんと。
ありがとう!

1505354_756714921075287_32142301534

次回うたタネは3月の予定。
どんなバーが現れるか、お楽しみに!
(もかこ作看板☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

熊田千穂 歌謡ショー!ご来場ありがとうございました。

熊田千穂 歌謡ショー!@サラヴァ東京
お越しいただきました皆様、どうもありがとうございました!

出演者はこちら

赤石香喜(Piano)滝山清貴(Drums)山田直子(Bass)梅田和利(Guitar)
秘密の出演者・藍ちゃん

10171214_752384798174966_3084693111

セットリストは

1st

1.東京は夜の七時
2.A Thousand Miles
3.手のひらの東京タワー
4.黄昏のビギン
5.異邦人
6.Don't Make My Brown Eyes Blue
7.Love Is All~愛を聞かせて~

2nd
1.Someone Like You
2.Ever Lasting Love
3.やわらかな夜
4.Just Missed The Train
5.みずいろの雨
6.歌舞伎町の女王
7.Don't Look Back In Anger
8.キミとボク
アンコール
Sunday Morning

確かに歌謡曲からロックから、もうありとあらゆる感じですね、今見ると。



 はじめてのジャズなしのライブ
メンバーもこれまでになかった組み合わせ。
三回目の共演をしていただいたピアノ赤石さん、ドラム滝山清貴さん、ベース山田直子さんとは初共演させていただきました。
このお三方、「とにかくなんでも来なさい、支えますよ」のめちゃくちゃ頼もしくて大人なベテランみなさん。

10407711_752384888174957_41196664_2

ベース山田直子さん、女性ベーシスト、しかもエレキ!
ポップスでは珍しくないことですが、ずっとジャズにいた私には初めてでとても楽しかった!
とにかくまず女の人が楽器を演奏するだけでかっこいいものですが、山田さんはロックをメインにされて後、様々な音楽を手掛けるようになった方で、
なんというか、基本姿勢がロックなのです。女らしく男前な女の人。
ロック要素の乏しい(おそらく)私には非常に刺激的でした。
しかも山田さんコーラスもつけてくださり、、私自分の歌にコーラスつけてもらうなんて初めて(ToT)なんて楽しいんだろ!
そして山田さんはお客様に大!人気
そうだよね、私のライブのベーシストがあんなに色っぽい女性なのは史上初、
みなさまびっくりされたでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

Unnamed_1_3

ドラム滝山清貴さんは今回のセットリストを見て「すごいね、音楽史ショーケースみたい」とおっしゃいました。
ジャズ以外の好きな曲を集めたら、ジャンルも時代も国も飛び越えてしまったわけですが、
言われるまでそういう意識が私にはまるでなくて。
どうやら私の頭の中はそういう事になってるらしいです。
ジャズの他の音楽に関してあまり縦横感覚がないみたい。広大な場所に様々の音楽が境目なく散らばってるようです。

でも、それが好きなのだな私は。
そんな音楽史ショーケース的セットリストを瞬時に演奏で表現し分けてくれた、叩き分けてくださったのが滝山さんです。
私の背中をしっかり支えてくださいました。

14015_752385018174944_43494343008_2



赤石さんは今回も音楽監督として、私の音楽史ショーケース的(しつこい?)セットリストをなんとか成立させようと力を尽くしてくださいました。
アデルのsomeone like youをデュオできたの、嬉しかったです。
歌とピアノの一本勝負的なああいう歌を実はあまり歌ったことのない私。
赤石さんだからトライできた曲です。
今後、ああいう自分の力とピアニストとの信頼関係によって成立する歌にもっとトライしようと思います。


そして今回唯一ジャズ界から参加してもらったのがギター梅田和利くん、
彼と出会ったのは岡本章生&ゲイスターズでの共演がきっかけです。
とにかく彼は天性のセンスと、耳のよさと、努力する力、全部備えている
天才だと、私は思っています。
今回のポップスのステージでも基盤を支えるところから華を添えるところまで全部やってくれていました。

1377371_746731972075008_842482360_2

10670103_739296906147233_1896215857

10419610_746727312075474_5820611094

10414889_748707901875431_1327814654

そして、藍ちゃん!
異邦人と歌舞伎町の女王の2曲でそれぞれにダンスを披露してくれた彼女!
実は浅草HUB時代の後輩です。
今お色気ダンサーとしてばりばり活動中の彼女、いつか一緒のステージにとずっと思っていましたが、今回実現できました。

歌舞伎町の女王では女子高生姿で登場し、歌いまくる私の横で最終的に本当に女王様になって男たちに鞭をふるうまでをそれこそカラダを張って踊ってくれました。
Tバックのおしりの薔薇のつぼみのタトゥーが素敵だったわ!

私も「ぜひやりたい!!」とお願いし、間奏中に彼女の制服を脱がす役をやらせてもらいました。
(*゚▽゚)ノキモチヨカッター!!

10451698_752387538174692_8776449551

10629644_752387528174693_2782539207

 お客様がじっくり聴いてくださっていたことがとても嬉しかったです。
ポップスサイドの熊田のほうが実はすきだと言ってくださる方もいらっしゃり、嬉しい。
今年から人前で歌い始めたポップスですが、
勉強になることが多いです。一言でいうと歌の主役感。
同じ主役を演じるでもジャズの時とは立っている感覚がまるで違い(私の場合だけの話ね)、
根本から感覚を変えなきゃいけないものがあります。(私の場合の話ね)
足りないものを知ることができました。


 それにしても生まれて初めてシャウトしました。
Just Missed The Train で。

オアシスを歌う日がこようとは!
Don't Look Back In Anger で。

でもね、じつはしっかりジャズシンガー、ジェイミー・カラムのナンバーも網羅していたのよ。
Ever Lasting Love でね。
これは古いソウルの曲ですがつい最近ジェイミーがカヴァーしました。
今回はジェイミーのアレンジをカヴァーしたのです。
Ever Lasting Love/Jamie Cullum  ←これ。

Unnamed_2

1544957_748708051875416_27799857061

Unnamed_3_3

Unnamed_4_2

きれいなお花、元気のでる明るい色
ありがとうございます!
本っっ当にありがとう!


 熊田ポップスサイド、またの機会もあるやもしれません
というより、リクエストがあればどんどんやろうと思います。
どうぞお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋さんと

高橋さんのいるお店、
日比谷T BARに行ってきたよ!
インフォキュリアス関係の皆々さま見てますかー!
信太郎くん見てるー?

10305967_757981220948657_7370670193


高橋さんは変わらず優しくさらにかっこよくダンディで、私は久しぶりにご挨拶できて嬉しくて、積もるお話が止まりませんでした。
高橋さんも色んなお話をして下さった。
私とギター増田信太郎くんの20代の長い時間から、
日高さんのお店、麻布十番バー・インフォキュリアスは絶対に外せない。
演奏も人間的にもあらゆる事が超未熟な私達に何年も演奏させ続けてくれた、何があっても手を離さないでいてくれた、年月の中で私達が辛くなってきていてもまるで変わらないスタンスでいてくれた、
それがどれほどすごい事か今ならあの頃より、だいぶ分かります。
ああとにかく嬉しかったです!高橋さんに会えて!

日比谷T BAR
http://www.tbarhibiya.com/sp/index.html
すごく居心地のいいお店です。また行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

23日うたタネにお出掛け予定のみなさまへ


23日うたタネにお出掛け予定のみなさまへ

今回、10'colorsさんとのコラボ営業上のお知らせがいくつかございます。
モカティーナ・モカコがまとめてくれましたので、お目通しいただければ幸いです。主にご予約とお食事についてのご案内です。


ーーーーーーーーーーーーー
《ご予約について》
17時開場時にいらっしゃるお客様のみ席予約が出来ます♪
17時15分をまわりますと自由席というか先着順になります。
※おそらくみなさまにお座り頂けると思うのですが、もし1stにお客様が集中した場合は立ち見が出るかもしれません・(>_<;)・゚゚
というわけでご来場くださる方は一報お願いくださるとありがたいです!

《Foodについて》
23日は本来10’colorsさんのお休みの日となりますので、従業員がボスとモカティーナの二人体勢となります。シェフはボスのみですので、以下のタイムスケジュールでフードをお出しいたしますのでなにとぞご理解いただけたらと思います<(_ _)>
17:00~18:00=おつまみなど冷たい前菜のみご提供。

※この間にパスタ、ラザニア等のおなかにたまるもののオーダーを先に受け賜ります。
19:00〜19:45(休憩)=ステージ前に頂いたご注文のお食事を順番にお出しします。

※シェフが一人ですので、順番にお作りし、もしかしたら2ndの頭くらいまでかかるオーダーがあるかもしれません。

※休憩時に頂いたオーダーは、18時までに頂いたオーダーをすべてお出ししたのちお作りいたします。
ーーーーーーーーーーーーー



以上です(。・・。)ポッ
お客様にはご不便かける部分もあるかと思いますがどうぞよろしくお願いいたします☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

熊田スタジオにてお稽古

うたタネ稽古でした。
リハーサルではなく、稽古。
冒頭のもかこと私の芝居部分の(笑)
ほんの冒頭10分程のとこなのですが、真剣です。


もかこ妹のみいきちゃんはプロのスタイリストです。
今回のテーマを伝えて衣装の相談。
私たちが思いもよらない角度から衣装を考えて、的確にとても積極的に進めてくれて、あっという間に衣装決定。
頼もしいなあ。



謎の女主人役の人(モカティーナ・モカコ)











もうね、
相手の家で稽古なんていったらあなた、

当然のごとくすっぴんですよね二人とも。




夏に引越しをし、ギタリストやピアニストやサキソフォニスト、色んな人が来てくれて本当に有難い熊田スタジオ(ってもただの私の部屋)ですが、まさか芝居の稽古を、しかもこんなに早くにすることになるとはね。

面白いなあ。


あ、昨日、

くまのうたタネに向けて(おそらくそういう意味だろう)いただいたパンがこちら



食べたい、食べない



さてさて、今週末です。



くまのうたタネvol.3
『ネバダの夜』

ーリスボンは遠く、砂漠のバール イタリアーノはうたた寝を許さじー


10708608_737793746307470_8963781685




日時:11月23日(日)
場所:ネバダ砂漠の「バール・イタリアーノ」
(というのは設定で、神楽坂10color'sの事です。
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13117103/
開場:17:00
開演:18:00 料金:2000円(1Drink付)
※御予約に関して/17:00の開場時間に来ていただけるお客様のみ御予約承ります。 (熊田携帯、またはArtisticpantieのFBページなどにメッセージくださいませ☆)

企画:ArtisticPantie×10'colors 【Cast】
クマ子 ……熊田千穗
砂漠のピアノ弾き……上山 実
謎の女主人……モカティーナ・モカコ
絵……近郷画伯 スペシャルサンクス……阿久津文男シェフ ※うたタネの名目はジャズライヴでございます。 しかし!毎ステージ、冒頭に「ちょこっと芝居」がございます。 この「ちょこっと芝居」もお見逃しなく!!

| | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

くまのうたタネvol.3 今週日曜!

今週日曜・くまのうたタネvol.3
『ネバダの夜』
ーリスボンは遠く、砂漠のバール イタリアーノはうたた寝を許さじー


めずらしく動き出し飛行機に飛び乗ったうたたねクマ子、リスボンの港を目指したつもりが、着いた先はアメリカはネバダの片田舎だった!
カントリー好きの客ばかり集まる砂漠のイタリアンレストランで、ジャズシンガーのクマ子は、、、

11月23日(日)
場所:ネバダ砂漠の「バールイ・タリアーノ」(というのは設定で、神楽坂10color'sの事です。
http://s.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13117103/)

開場:17:00
開演:18:00 料金:2000円(1Drink付)

※御予約に関して/17:00の開場時間に来ていただけるお客様のみ御予約承ります。 (熊田携帯、またはArtisticpantieのFBページなどにメッセージくださいませ☆)

企画:ArtisticPantie×10'colors 【Cast】
クマ子 ……熊田千穗
砂漠のピアノ弾き……上山 実
謎の女主人……モカティーナ・モカコ
絵……近郷画伯 スペシャルサンクス……阿久津文男シェフ ※うたタネの名目はジャズライヴでございます。 しかし!毎ステージ、冒頭に「ちょこっと芝居」がございます。 この「ちょこっと芝居」もお見逃しなく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

明日です!熊田千穂歌謡ショー!

明日、熊田千穂歌謡ショー!
歌謡曲ライブをするにあたって普段のジャズと違う事色々あるのですが、レパートリーがカラオケに入ってるってのは大きい(笑)カラオケで練習できるってすごい!!




ちなみに本日はカラオケではなく全員集合でリハでした。



全員集合リハでしたが、私は赤石さんの写真しか撮れてなかった!!
あまりに貴重だったので(^ ^)

明日をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

11月・12月スケジュール☆

■2014年11月15日渋谷(土曜日)サラヴァ東京

20140921img076_3



熊田千穂 歌謡ショー!



昭和初期ジャズソングとスタンダードジャズをメインに活動を重ね、 2014年5月サラヴァ東京での「Saravah!モダンガール」で初の「半分ポップスライブ」を皮切りにポップスにも力を入れてきた熊田千穂が今回とうとう「オールポップスライブ」をします。




ピチカート・ファイヴ、椎名林檎、八神純子、アデル、オアシス、、、!




熊田カヨウを、どうぞお楽しみに。


熊田千穂(Vo)





赤石香喜(Piano)滝山清貴(Drums)山田直子(Bass)梅田和利(Guitar)



秘密の出演者・藍ちゃん



“お色気ダンサー藍ちゃん”が出演してくれます!!


どこのどんな曲で登場するかは内緒




Chihokumada_2



1477411_749405931806186_284543383_2



19:00~
20:00~

2ステージ入替なし



前売り・当日ともに 4,000円(1drink付)



■2014年11月16日(日曜日)新宿トラッドジャズフェスティバル

もうやってきた、秋のお祭り!
今年は前日がサラヴァで歌謡曲、翌日は新宿でトラッドジャズという日程に個人的になっており、楽しいです。
クラリネットの名手益田さんのバンドに混ぜていただくのも、キンのツボでデビューの上山トリオとのセットもどちらも、新宿ジャズ初のことです。
今年も新宿3丁目の秋を楽しんでいきましょう♪


14akiposuta



14:00~14:40  会場・RIO
益田英生クインテット

益田英生cl
小森信明tp
山本琢p
渡部拓実bs
竹内武Ds
熊田千穂vo



15:00~15:40 会場・Coquettish
熊田千穂&上山実トリオ

熊田千穂vo
上山実p
上野まことts
福岡太一Bs





■2014年11月23日(日曜日)神楽坂10colors
「くまのうたタネvol.3」詳細でました!



10708608_737793746307470_89637816_2

『ネバダの夜』!!!

ーリスボンは遠く、砂漠のバール イタリアーノはうたた寝を許さじー

ーーーーーーーーーーー
日時:11月23日(日)
場所:ネバダ砂漠の「バールイ・タリアーノ」(実は10color's)
開場:17:00
開演:1st=18:00/2nd=19:45
料金:2000円(1Drink付)

※御予約に関して/17:00の開場時間に来ていただけるお客様のみ御予約承ります。
(モカコ携帯、熊田携帯、またはArtisticpantieのページなどにメッセージくださいませ☆)

企画:ArtisticPantie×10'colors

【Cast】
クマ子 ……熊田千穗
砂漠のピアノ弾き……上山 実
謎の女主人……モカティーナ・モカコ

絵……近郷画伯
スペシャルサンクス……阿久津文男シェフ

※うたタネの名目はジャズライヴでございます。
しかし!毎ステージ、冒頭に「ちょこっと芝居」がございます。
この「ちょこっと芝居」もお見逃しなく!!





■2014年12月19日(金曜日)末広町ビストロ・グラッソ




熊田千穂さんと楽しむクリスマスジャズナイト

熊田千穂vocal


吉原聡guitar
加藤人bass

18:00~22:00の間で何時にいらしていただいても大丈夫です。
19:00から1stステージで、3ステージ程を予定しています。

前回好評いただいたグラッソさんでのディナーライブ。
食事もお酒も美味しくて気前がいい!!とみんながハッピーでありました。
椅子もある立食スタイルです、広々した気持ちいいお店。
スパークリングワイン、赤・白ワイン、日本酒、焼酎、カクテル、もちろんソフトドリンクもなんでも飲み放題。踊れるくらいの広さありですので、踊れる方大歓迎♪


*会費¥5,000(ライブチャージ、料理、飲み物、税サ込)



facebookページこちらです
https://www.facebook.com/events/1490158924582868/1490173461248081/?comment_id=1491100531155374¬if_t=event_mall_comment


■2014年12月21日新潟(日曜日) 八海山泉ヴィレッジ




八海山クリスマスジャズナイト


5fc2c0250a13a153c1480f3b8eb69f251_4



中島三郎&TRAD JAZZ BAND



中島三郎 Tb
後藤雅弘 Cl
小森信明 Tp
大橋高志 P
木村勝彦 Bs
竹内武 Ds
熊田千穂 Vo

今年も雪深い南魚沼、八海山へ行けるぞー!!!
泉ヴィレッジの素晴らしいレストランで美味しいお料理と
もちろん八海山の最高のお酒、そして私たちの音楽を楽しんでいただけたら嬉しいです!
スタッフさんもお客様もみな明るく、愉しむ事が上手で
毎回本当に楽しみにしているコンサートです!





 


■2014年12月23日(火曜日)西荻窪ミントンハウス

熊田千穂トリオ



熊田千穂vo
上山実p
福岡太一Bs







演奏時間 19:30~22:30
ミュージックチャージ2000円



同い年の上山君と私のデュオに若きベーシスト福岡君を交えて。
上山くんが福岡くんにお兄ちゃんのように接しているのが密かに微笑ましい私です。
イヴ前日のこの夜は3人でゆっくりと懐かしいジャズを楽しみます。



■2014年12月30日(火曜日)HUB浅草 
大みそか前日、世の中が最も忙しい時に、出ます!


特別企画



「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」

熊田千穂(vocal)
青木 研(banjo)
筒井政明(trumpet)
益田英生(clarinet)
井桁賢一(sousaphone)

18:20~3回ステージ(入替なし)
MC2000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「熊田千穂 歌謡ショー!」お色気ゲストあり


           11月15日(土曜日)サラヴァ東京 「熊田千穂 歌謡ショー!」


                         ~熊田千穂初のジャズなしライブ~

“お色気ダンサー藍ちゃん”が出演してくれます!!
どこのどんな曲で登場するかは当日のお楽しみ

Chihokumada

1477411_749405931806186_28454338331



昭和初期ジャズソングとスタンダードジャズをメインに活動を重ね、 2014年5月サラヴァ東京での「Saravah!モダンガール」で初の「半分ポップスライブ」を皮切りにポップスにも力を入れてきた熊田千穂が今回とうとう「オールポップスライブ」をします。
ピチカート・ファイヴ、椎名林檎、八神純子、アデル、オアシス、、、!
熊田カヨウを、どうぞお楽しみに。
熊田千穂(Vo) 赤石香喜(Piano)滝山清貴(Drums)山田直子(Bass)梅田和利(Guitar)
18:30開場 19:30スタート 前売り・当日ともに 4,000円(1drink付)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

ある夜、容量オーバーにつき



先日、
龝吉敏子&マンディ満ちるDUO@ブルーノート東京からの庄司紗矢香・violin、宮田まゆみ・笙@ワタリウム美術館
へハシゴという濃すぎる夜を過ごしました。
ワタリウムではシャコンヌからのジョン・ケージ曲というハイブリッドぶり。


一晩で経験するには明らかに容量オーバーな二つのステージ!!







龝良敏子さん(秋吉の字は本当は難しいこちらなのだそうで、こっちで書きます)の格好よさが圧倒的でした。
経験は音色にでるのだ。やはり。
そして姿にも。
私が生まれるよりも前の時代にニューヨークに1人飛び込み、今もあの街を闊歩している龝良さん。
妥協しないジャズピアノ一本で生き抜く人生の凄みと厚みが音になっていました。
娘さんであるマンディ満ちるさん、あのクールで格好いいマンディさんの、
ママと一緒にいる娘の表情と音楽家としての表情の両方を見られたのは貴重(^^)

龝良さんはとても厳しい母であり師匠であるということがよくわかりました。





庄司紗矢香さんのバイオリンをずーっと覚えています。私クラシックはほぼ聞いてないし庄司さんの名前も知らなかったけど、
そんな私でもぎょっとするほど凄いテクニックで演奏されているのは独奏したシャコンヌという曲の中のヒダを埋めるように低く細かく囁く所を演奏する度にわかった、気がしました。

何より思い出すのは音色で、ワタリウム美術館の狭い部屋の最前列で聴いたのに、遠く近く、近く遠く、強い音も弱い音もずっと耳や身体を突き刺ささなかったこと。
音質どうこうでないもっと穏やで静かな場所に強い感情や訴えや記憶があってその場所に私も一緒に入れてもらっていたような、感じ。

「あの人のバイオリンを小さな所で少人数で聴けるのはとても珍しく、楽器は2億とか3億とかするストラディバリなのだ」と聞いたのは帰り道。
「ほえーっ」と思ったけれど、今蘇るのは音色の記憶ばかりで。
つまりそれだけの楽器を、奏でる力のある人が奏でたら誰かの耳に何かを残すんだね。
色や温度や手触りや質量のある音でした。しかもそれが変化していくという。


いやはやすごい夜でした。


翌日、この夜のことをずーっと反芻しながら(反芻せずにおられようか)行動していたらなんと昼間の用事を済ませた後に夜の用事をすっかり忘れて家に帰ろうとしてしまいました。
自分で入れた用事が頭からすっかり吹き飛んでいた。
直前でハッと思い出して引き返したからなんとかなったものの、、遅刻はしました。m(__)m
ばかだよねーほんとに。
頭に一つ強烈な事が入ると他を忘れるんだよね本当に。
気をつけます、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

11月15日(土)熊田千穂歌謡ショー!@サラヴァ東京

11月15日(土曜日)サラヴァ東京

(時間変更がありましたので再掲します♪)

「熊田千穂 歌謡ショー!」


熊田千穂(Vo)

赤石香喜(Piano)滝山清貴(Drums)山田直子(Bass)梅田和利(Guitar)

18:30開場
19:30スタート

前売り・当日ともに 4,000円(1drink付)

20140921img076_2


  歌謡ショー!!
と銘打ちまして、ピアノ赤石さんのバンドと日本の歌謡曲と洋楽の歌謡曲と呼べるようなメジャー曲ばかりをならべたライブをします。

 今年2回ほどポップスよりのライブをしましたが、
まったくジャズソング、またはジャズが入ってないライブは今回が史上初でございます!


 「熊田はジャズソングだし、、ポップスっていっても選曲マニアックだし、、」と思っているアナタ!

その通りです!

 なので今回ばかりはマニアックな選曲のポップスにならないようにがんばってるのですよ~~ほんとに、、選曲ってムズカシイ


メジャーな曲ばかり歌うライブを楽しんでいただけますようがんばります。
選曲ものちのちここでお披露目します。ライブ前にね。

イベントの多い11月ですが
ぜひお時間いただけますよう、
よろしくお願い致します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »