« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年5月の6件の記事

2015年5月25日 (月)

うたタネ稽古@神楽坂

午後から終電まで続いたのは芝居の準備諸々と稽古

歌じゃないんかい!

って話ですが(笑)




文月悠光(ふづきゆみ)ちゃんも加わっての初めての稽古でした。
小説家に詩人に歌手
本業の役者が1人もいない、立ち稽古です







新人賞の最高峰・中原中也賞を史上最年少18歳にして受賞した詩人、文月悠光ちゃんの朗読は素晴らしかった。芝居も。
共演できて、間近で聞けて幸せです。

皆様どうぞお楽しみにね。


私ともかこは終電まで居残りして2人のシーンの稽古してました。

役者を目指す者ではなくなってからやる芝居は楽しいばかり(笑)

例えばテンカラーズスタッフの亮くんに声のみで出演してもらってるのですが(いや、当日もスタッフとしての出演者なのですが)、
そういう“芝居する気とかぜんぜんない人”にふとセリフを言わせてみたりして、
必死で芝居勉強してる人にはどうしても出せない一瞬のヒラメキやキラメキやセンスがぶわっと放出されるのを予想外に見てしまった時(しかもそういう時、セリフ言わされてる本人は大概自分のその素敵さに気づいてない。)、昔は落ち込んだものですが(そしてそういう落ち込みを積み重ねて病んだもんですが)、いまはただひたすらその素晴らしさに感動して喜んで楽しめる、さらに『おお!思いがけずいいシーンになった!ラッキー!』とほくそ笑んだりできるわけで。

本業と本業じゃないことをそれぞれが持ち込んだ時間を楽しんでいただけるよう、引き続き準備していきます。


うたタネは相当なポップス寄りですが、
前日の30日は
銀座山荘にてしっかりジャズやります。
こちらもどうぞ、よろしくお願い致します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

5月31日、くまのうたタネvol.4

近づいて来ました。
今日は神楽坂にて稽古です。(芝居部分の・(笑)

少しのお休みの間にレインボータウンFMでのゲリラ的うたタネvol3.5を挟み、UAE短期留学帰りの小説家・中島桃果子とともにパワーアップして5月31日に開演です!
2000円(welcomeドリンク付)という気軽な設定を維持しながらどれだけの面白さを詰め込めるか、演劇、詩、音楽、飲食、美術、演出、みんなのエネルギーが詰まってます。
今回は詩人の文月悠光さんをゲストに迎えます。

ご予約はお早めにどうぞ!



くまのうたタネvol.4
「キミとボク」—メランコリィクマ子と“ここにある”切符—

みなさん、今夜も廃墟のBarメメント・モリにお集まり頂きありがとう。今夜、何かひとつ、大切なものを 思い出すことができますようにー


■日時・場所■ 
5月31日(日) 

ここであってここでないBar(お馴染み神楽坂10'Colors http://s.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13117103/)
開場 18:00 
1幕開演19:00
2幕/20:30
休憩あり

☆ 通し演目として上演いたしますが、1幕のみ、2幕のみのご来場もできます。

■チケット■ 
¥2,000(WelcomeDrink付)
☆予約は18時開場時にお入りいただける方のみ承ります。

■FOODに関するお知らせ■
開場時(18:00)より開演までの時間も食事ができるようになりました!
☆昨年、本田横町に彗星のごとく現れたリストランテ・アルティジャーノの岡本シェフ(別名、神楽坂のトレロカロミロ)が、「うたタネフード」を監修してくれることになりました、
乞うご期待!もちろん休憩時の食事はこれまで通り、いや以上に!? ございます!

★CAST★
クマ子…熊田千穗  
謎の女主人モリィ…モカティーナ・モカコ
馴染みのピアノ弾き…上山実
☆Special guest☆  
アラビヤを纏ってしまう女、ユヅキ…文月悠光

★STAFF★
装画&装花…近郷画伯  衣装…Miiki sugita
FOOD監修…カロミロ岡本シェフ(アルティジャーノ)
後援…アクツーノ・フミッツォ(当店オーナー)、コロ助店長

10color’s/ 神楽坂B?出口を出て神楽坂を上がっていく。
右手にサークルKが見えたら左折。Azuuriを越え小さな小さな十字路をこえてすぐです!

      ArtisticPantie2015×10color’s
劇団モカティーナ夫人


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

くまのうたタネvol.4にむけて、、

久しぶりに熊田スタジオでリハでした。
5月31日うたタネの為の。
あら?ピアノの上に黒いテンガロンハットの忘れ物。誰でしょうね?
クマ子がネバダで被ってたのは茶色のテンガロンだったよね
#くまのうたタネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

5月・6月スケジュール☆

■2015年5月22日(金)赤坂見附nidai

熊田千穂vocal
りのpiano

20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ1,500円

■2015年5月26日(火)赤坂見附nidai
熊田千穂vocal
杉浦秀明piano

20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ1,500円

■2015年5月30日(土)銀座山荘 
★ Jazz@銀座山荘#34 ★


- ノスタルジック、でも新しい -

東銀座、蓄音機専門店シェルマンさんのすぐそばにあるビルの5階にある
銀座山荘さんで、ベース小林真人さんが主催するライブと蓄音機ミニコンサートの企画です。


ライブは先日ミントンハウスでも共演したギター浅葉くんとのトリオで、
蓄音機コンサートでは生誕100年を祝ってビリー・ホリディ特集、
楽しみです♪

13時00分~16時00分
参加料:2,500円(1ドリンク付き)
熊田 千穂 vocal
浅葉 裕文 guitar
小林 真人 bass

11134260_842988015767386_872473598_
※ビル5階なのですがエレベーターがなく階段でのご移動をお願い致します。
去年まで私もエレベーターなし5階建てマンションの5階に住んでたなぁ・・・慣れれば平気なんだけど、いきなりだと大変ですよね(ちなみに今は3階まで階段のマンションに住んでます。)どうぞ心のご準備を
m(_ _)m

■2015年5月31日(日)神楽坂10'Colors 
くまのうたタネvol.4
「キミとボク」—メランコリィクマ子と“ここにある”切符—

みなさん、今夜も廃墟のBarメメント・モリにお集まり頂きありがとう。今夜、何かひとつ、大切なものを 思い出すことができますようにー 

11127256_459179394241157_1746304159


■日時■ 2015年5月31日(日) 
場所 ここであってここでないBar(お馴染み神楽坂10'Colors 
開場 18:00 1幕開演19:00(2幕/20:30) 休憩あり
☆ 通し演目として上演いたしますが、1幕のみ、2幕のみのご来場もできます。

■チケット■ ¥2,000(WelcomeDrink付)
☆予約は18時開場時に来られる方のみ承ります。

■FOODに関するお知らせ■
開場時(18:00)より開演までの時間も食事ができるようになりました!
☆昨年、本田横町に彗星のごとく現れたリストランテ・アルティジャーノの岡本シェフ(別名、神楽坂のトレロカロミロ)が、「うたタネフード」を監修してくれることになりました、
乞うご期待!もちろん休憩時の食事はこれまで通り、いや以上に!? ございます!

★CAST★
クマ子…熊田千穗  
謎の女主人モリィ…モカティーナ・モカコ
馴染みのピアノ弾き…上山実
☆Special guest☆  
アラビヤを纏ってしまう女、ユヅキ…文月悠光

★STAFF★
装画&装花…近郷画伯  衣装…Miiki sugita
FOOD監修…カロミロ岡本シェフ(アルティジャーノ)
後援…アクツーノ・フミッツォ(当店オーナー)、コロ助店長

10color’s/ 神楽坂B?出口を出て神楽坂を上がっていく。
右手にサークルKが見えたら左折。Azuuriを越え小さな小さな十字路をこえてすぐです!

          ArtisticPantie2015×10color’s
            劇団モカティーナ夫人
■2015年6月2日(火)赤坂見附nidai
熊田千穂vocal
杉浦秀明piano

20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ1,500円

■2015年6月12日(金)赤坂見附nidai
熊田千穂vocal
伊藤あつしpiano

20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ1,500円

■2015年6月19日(金)赤坂見附nidai
熊田千穂vocal
りのpiano

20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ1,500円

■2015年6月22日(月)赤坂見附nidai
熊田千穂vocal
まりえpiano

20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ1,500円

■2015年6月29日(月)赤坂見附nidai
熊田千穂vocal
上山実piano

20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ1,500円



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

佐々紅華 「君恋し」音楽会-2016浅草オペラ生誕100年記念-     

                                             「君恋し」音楽会
                                -2016浅草オペラ生誕100年記念-
                                  佐々紅華の世界を訪ねて

11046215_575278989242497_66458053_2

今週末に迫った「君恋し音楽会」
そもそもどんなイベントなのかここでちょっとおはなし。
 昭和36年(1936年)フランク永井が歌って大ヒットした
「君恋し」という曲があります。

この曲を作った人のが佐々紅華という作曲家です。
でもこの曲が作られたのって大正11年頃だそうで、
そもそもは二村定一や佐藤千夜子など、浅草オペラで活躍して後にたくさんのジャズソングを歌った歌手達が歌ってヒットしていたものです。




 つまりフランク永井の「君恋し」はリバイバルヒットの大当たり!
昭和36年当時においてもすでに「懐メロヒット」だったのかもしれません。
 そんな「君恋し」という大きな代表曲を持つ佐々紅華。
大正期に日本コロンビア(当時はニッポノホンという名前でした)の図案室というところに入りデザインの仕事をしていましたが、もともとやりたかった作曲の道に進みます。
沢山の童謡を作ったあとは当時盛り上がりを見せ始めた「浅草オペラ」の世界に進出し、ミュージカルまでも作ってしまいます。







そこで二村定一に出会うわけですが、
レコードやラジオやデザインを使って自分の音楽を広める方法を知り尽くしていた佐々紅華は二村定一という歌手に自分の曲をつぎつぎ歌わせてスターにしていきます。
(このあたりの話はwikiと、先日早稲田のシンポジウム で毛利眞人さんが講演されたお話のうけうり)
ただの作曲家ではなくて、売り方までプログラムして実行してしまう
まさに凄腕プロデューサー・佐々紅華。
民謡や映画音楽までも作曲し、生涯作品数は2000を超えるほどあるのだそうで
す。
すご~~~eyeshine

___

「君恋し音楽会」フライヤー裏面は紅華新聞になってるのですが、
紅華の写真一面に載っているのは彼が作った曲のタイトル達。
これはかっこいい!




  そんな佐々紅華、最初の仕事がレコード会社のデザイン部門だったことからもわかるようにとてもセンスのいいお洒落な人だったようです。
埼玉県寄居にある京亭 は佐々紅華が自らが図案を引き、現場監督までして何年もかけて建てた数寄屋造りの自宅です。(じつは未完成という話も。。ガウディのサグラダ・ファミリアみたい)

川沿いにある京亭は現在、鮎料理を食べさせてくれる旅館になっています。
食べログ 評価も高し!)






  佐々紅華という人の音楽的偉業、なによりこんなにすごい人がいたんだよって事をもっと知ってもらわなきゃ!と始まったのが「君恋し音楽会」。
今回「キラ星トリオに」と声をかけていただいたご縁の始まりは
日比谷公会堂アーカイヴカフェでの毛利眞人さんとの蓄音機コンサート でした。

 そもそも私は「ジャズソング」つまり主にアメリカのジャズを昭和初期の日本でカヴァーした物ばかりを追っていて、佐々紅華作品を始めとする「日本オリジナルの流行歌」にはあまり詳しくないのです。
その辺の分類ってこのジャンルに首を突っ込んでいない限り、
「聞く分」にはあまり必要ないと思うのですが、
「歌う分」には多少必要がありまして、、
今回のお話をきっかけに今まで特別には突っ込んでこなかった「ジャズソングが流行った時代の日本製流行歌」というものを改めて聞きはじめました。








 
 でもね、私がすでに歌ってる佐々ナンバーもあるんですよ。
例えば青木研さんが教えてくれて「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」がレパートリーにしている「当世銀座節」。
青木研さんが「これはジャズとそれまで日本にあった音楽がすごい勢いでぶつかった時にできたという感じ。ロックやヒップホップのようだ」と言ってたこの曲は
確かに本当にアヴァンギャルドでもはや日本の曲でもなければどこの国かという想像もつきません。
歌詞は日本一ハイソでヒップな街「銀座」をこれまた斜に構えた一筋縄ではいかない言葉で綴るという多角的にエッジの効いた曲です。
 こういう「作家の勢い爆発」系の曲から童謡、ミュージカル、君恋しのような「抒情恋歌」系、はたまた民謡とどんな曲でも作れてしまった、佐々紅華はやはり天才作曲家なのでしょうね。






  佐々紅華さん(略してきましたがいきなり敬称をつけたくなりました)のお墓が「谷中にあるんですよ」と教えてくださったのが「君恋し音楽会」の大谷さん。
先日書きましたがポール・マッカートニーのライブ の前にご挨拶してきました。

Img_2583

お墓のある妙雲寺の入口

大きな木を見上げる場所にお墓はありました。







それにしても、佐々紅華さんのお墓参りをしてからポールのライブに行くなんて
現代、現在だからできること。すごい時代に生きてるなあ。
私はそういういう一見めちゃくちゃな組み合わせに見えるかもしれない行動をちゃんと理由を持ってできている自分の一見不思議に見えるかもしれない人生が好きです。
happy01
  佐々紅華さんには、タッグを組む相棒ともいえる作詞家がいます。
時雨音羽(しぐれおとわ)さん。
なんて詩的な名前なの!!(私、しょっちゅう音羽時雨と逆に言ってしまうんですが、逆でもすてき)
レコード会社も二人セットで移籍したり、まさに夫婦のようなこのコンビから沢山のヒットが生まれました。
じつは「君恋し」って最初は佐々紅華が書いた詞で歌われていたのが、
後に時雨音羽が新たに付けた詞でヒットしたそうです。
 
作詞・時雨音羽
作曲・佐々紅華
編曲・井田一郎





 それでね(長いですよ今回は、、)
歌詞を改めて読んでわかったんですが、
男の人が歌っているのでつい男の人の心を歌ったものだと思ってしまってたんですが、
女心の歌なんですね。





君恋し / 時雨音羽


1 宵闇せまれば 悩みは涯なし
  みだるる心に うつるは誰が影
  君恋し 唇あせねど
  涙はあふれて 今宵も更け行く
2 唄声すぎゆき 足音ひびけど
  いずこにたずねん こころの面影
  君恋し おもいはみだれて
  苦しき幾夜を 誰がため忍ばん
3 去りゆくあの影 消えゆくあの影
  誰がため支えん つかれし心よ
  君恋し ともしびうすれて
  えんじの紅帯 ゆるむもさびしや




3番に注目!
「えんじの紅帯 ゆるむもさびしや」
恋にやつれて痩せてしまった女の姿がここでやっと浮かびます。
1番の「唇あせねど」ですでに女性かと思うのですが、フランク永井バージョンは2番までしか歌ってない物が多く、男性の声で2番までをせつせつと唄うと、哀しい男心にも聞こえます。



私のライブを時々聞きに来て下さるある女性が実は時雨音羽さんの親類の方だったとわかったのが2年位まえのこと。
その頃は佐々紅華さんの音楽会があることすら知らなかったのに、、こんな風に歌える機会がくるなんて巡り合わせはなんて楽しいんだろう。






私が「君恋し」を歌うのは厳密には木馬亭 以来かも。
この時は本番直前に急遽全員で歌う事が決まって慌てて楽屋で合わせたのだったなぁ。。







  5月10日、もちろん「君恋し」歌います。
その他にもこの日の為に準備しています。
入場無料のこの企画、寄居はちょっと遠いかもしれないけど、
美しい建物とお庭と、美味しい鮎を使ったお弁当と音楽を楽しみに、
新緑の中へお出かけいただけましたら嬉しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

熊田千穂ウェブサイト、公開しました!


 
 DuwriteMayの頃は作っていただいたホームページがあり
(安藤さん、本当にどうもありがとうございます。あの作業に、勉強会に、、ひたすら感謝です。)その後ソロでの活動が増えてからはこのブログでほぼすべてやってきて、
特に自分用webの必要を感じていなかったのですが、この春ふと「やっぱり作ろう!」と思い立ち、ぽつぽつと作ってきたものを公開しました。

第一段階は4月終わり頃、
ツイッターのみでお知らせしてみたのですが、いざ公開すると
「わsweat01なんか思ってたのと違う」とか
「げcoldsweats02書いたはずの文章が表示されない」とか

いろいろあり、また

「個人の電話番号直接載せるのはあぶないよ」とか
「プロフィール写真と文章がかぶってると読みにくいよ」など

ご意見いただきいくつか修正しまして、
公開したのがコチラです。どうぞ見てみてください。

           

→ シンガー熊田千穂のウェブサイト 

Fullsizerender


こんな感じ

まだまだ改善していきたいのですが、完璧になるのを待ってると公開がいつになるかわかんないので。。
coldsweats01
ご覧になって頂いた方に「こうしたらもっと見やすい!」「これが見たい!」などのアドヴァイスをいただきながらさらに作っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 たとえば「熊田さんのやってる音楽の種類の広さやそれぞれの深さがありすぎて、ぱっとあなたのことを知るのがなかなか難しいから、音楽紹介ページつくったら?」
というアイディアをいただいてこんなページをつくってみました。
ジャズソングとJAZZ 
これはもっと成長させたいページです。

熊田千穂 の紹介と別に熊田千穂と銀座キラ星カルテット のページをつくってみたり、
こちらもまださらに変わっていく予定ですが写真とビデオ のページも。

 ライブのお知らせなどは直接このブログに繋がるようにしているので、このブログはこのまま続きます。


目下の悩みは「NEWS」の表示ができないこと、調べても調べてもわかんないよ~~~~(泣!)更新をお知らせする表示はどうやって出したらいいんだろう。。。

 そんなわけで、もぞもぞ更新していってる私です。
よろしくお願い致します(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »