« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の9件の記事

2015年10月28日 (水)

「くまのうたタネ」が進化します。毎週月曜開催の新企画【サロン de うたタネ♪】のお知らせ

新企画【サロン de うたタネ♪】
〜11月2日レセプションのお知らせ〜

いつも「くまのうたタネ」を楽しみにしてくださっているファンの皆様にお知らせがございます。
数ヶ月に一度、10'colorsで全力企画だった「うたタネ」が小さな「サロン」となり、毎週月曜夜に原宿にて開かれることになりました。
(10'colorsでのライヴももちろんまた行われますよ)


場所は私が毎週月曜・水曜に1日店長をしているコンテンポラリージャズ喫茶JAZZ UNION。

10'colorsで開催している本家ライヴイベントほど大がかりではないですが、
ARTサロンとして、ライヴをしたり、みんなで映画を観たり、飛び入りアーティストがいたりと、
そんな、ゆるくも発見に満ちたサロンにしたいと考えております。




そんなうたタネサロンこと”サロン de うたタネ♪” のレセプションのご案内です。

☆日時:11月2日(月) 20時より(0時ころまで)
☆Music charge : ¥2500/ Welcome drink付〈お祝い酒は終日受付中…ƪ(•̃͡•̃͡ ƪ 〉
☆原宿JAZZ UNIONhttp://www.odm.co.jp/jazzunion/ ラフォーレからすぐです。
〈※あのイタリア野郎のお店ではありません!お間違いないよう…〉

CAST
逃げてきたクマ子…熊田千穗
謎の未亡人(退屈な金持ち)…モカティーナ・モカコ
未亡人の館のコック…もろちゃん

GUEST
今日のピアノ弾き…杉浦秀明〈うたタネ初登場!〉
主役のオーナー…先生
(先生はJAZZ UNIONのオーナー先生です)





今回のクマ子の様子はーーーーーー?

時はくるくる遡り、なんとエピソード「0」ゼロ!!
「クマのうたタネ」vol.1よりも前のお話です。
そこでどんな物語が繰り広げられるのかは、まだ秘密♪

レセプションというほどいかめしい感じではなく、
うたタネをよく知ってくれている皆様へのサロンお披露目パーティーという感じです。
気楽な気持ちでいらしてください。
おまちしています☆  2015.10.26 中島桃果子と熊田千穗

     * *

☆サロン de うたタネは会員制サロンです。
会員限定サロンページ…https://www.facebook.com/groups/salon.de.utatane/
☆エピソード0の内容に関してはブログや、ArtisticPantieのページなどでも随時公開してゆきます☆
☆女人藝術ArtisticPantieページ…https://www.facebook.com/mocatina.artistic
〈Artisicpantieのfacebookページはfacebookをやっていなくても閲覧可能です〉





※私と中島の企画はいつだって唐突なお知らせで申し訳ありません

今回はとくにわかりにくいかも、、、と
思います。
言うなれば原宿の小さなお店で予約制の小さなパーティしますよ、ということなのです。
しかも、毎週月曜日にね。
テンカラーズよりずっと小さい場所なので予約をしてください。
kiraboshi12@gmail.com
これが私のアドレスです。
とりあえずのお問い合わせもなんでも、どうぞ(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

10月23日向島「お静」LIVE

とてもとても楽しいライブをやらせていただきました。
本当にどうもありがとうございました。


サイトには築87年て書いてあるけどここは現在築91年!
戦火をくぐり抜けた、運の強いお家です。

そこに集まる趣味の良いものたち、
茶箪笥、蓄音機、真空管アンプ、囲炉裏、美味しいワインにお料理、天国、、



ギター浅葉くんと
ベース伊地知くんと3人でのライブでした。
浅葉くんとは4度目、伊地知くんとは初めて。

私にとっては久しぶりに、そして珍しく、
気負いや考えすぎなどなしに
心から楽しく歌えたライブでした。
お客様とのムードやメンバーの感覚や、なによりこのお静という家が包んでくれたことが大きかったのかもしれません。
音楽が大好きな人が集まっていました。

















卓上蓄音機は、私が持ってるのと同じサイズでした。

それとね、
こんなレジスターがあるんだよ
現役。
お祖父様から、「お店やるなら持って行きなさい」と渡されたそう。
守り神みたいなレジスターでした。







本当に
楽しいライブだったな。



そして、この後、ですよ。深夜。
この夜は私の古巣HUB浅草の送別会。
私はすでに辞めて2年近くが経ちますが、当時一緒に働いていた古株スタッフのうち3人がとうとう辞めるということで、呼んでいただきました。

実は浅葉くんもその昔3ヶ月だけHUB浅草スタッフだったのです(笑)
ライブ後二人で浅草へ。


何年ぶり!?てくらいのオールナイト、、、
つ、つらい、、、



でも声掛けてもらえてありがたいな。
若松店長、どうもありがとうございます。

そして、ともちゃんにカワタにまつやくん、
お疲れ様!一緒に働いてくれてありがとう!
新しい始まりだね!





ともちゃんと浅葉くんと




新旧入り混じったこんな写真に入れて幸せです。ほんとに!







ありがとうHUB浅草。若松店長。みんな。


帰り道はもちろん一人浅草寺へ。
働いてたころは夜中の浅草寺ばかりだったけど、今日は夜明けの浅草寺。



私にとっての浅草寺は
いつもやっぱり人がいない。
すーっと澄んだ場所。





ご挨拶が久しぶりになり、ごめんなさいと、
いろいろの報告を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

明日は向島で歌います

わりと急に決まったのでスケジュールに載せていないのですが、

明日、向島にある「お静」というワインバーで投げ銭ライブをします。





投げ銭ライブ19:30〜スタート

熊田千穗 vocal
浅葉裕文 guitar
伊地知大輔 bass

場所:向島 「お静」http://syudouan.ocnk.net/
「築87年の古民家をそのまま利用した、昭和初期の雰囲気が楽しめる和風ワインショップ&バーです。掘り出しものワインも有ります!」




☆☆ご来店の際にはぜひご予約を
4000円でプレートとワイン飲み放題付きだそうです


とのことで楽しみだなオイ!
私は飲まないけどさ、建物が楽しみ♩
向島に行くのも初めてです。

ワインのお好きな方、ぜひ
お店にでも私にでもご予約のご連絡をいただければと思います。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

新国立劇場デイズ



大学同期のやすの公演「近松DANCE弐題」千秋楽へ。



島地保武と酒井はなさんの近松への企み、溢れるユーモアとサービス精神と最高の技術、そしてそれを超える目に見えないやり取りの美しさは圧倒的で、そこにLIVE感が加わり、、、そう客席の揺れはまさにLIVEでした。


なぜ私がダンス公演に関わってるかというと、やすから歌を教えて欲しいと連絡がきたのです。
「今回近松をダンス作品にするのだけどその中で一曲歌うシーンを作りたい」と。

本番前の数回のレッスンの予定が、ゲネも本番も直前までレッスンをすることになり結局初日以外は小屋入りすることになりました。
私が歌唱指導なんてね、びっくりなのですが、
やすから連絡が来た時「あ、やすになら教えられるな」と思ったのです。


もともと日芸演劇学科演技コースで一緒だったやすは、より専門的な身体表現に目覚めて洋舞コースに転科しました。
卒業後みなバラバラになった中で彼は最終的にドイツのフォーサイスカンパニーというコンテンポラリーダンスカンパニーにメンバーとして7年間在籍し世界中を踊ったのです。

舞台表現のプロ、しかもダンス、身体表現、
身体が自由自在に使えるということは、私の拙いアドバイスでも身体が反応してくれるだろうと思ったのです。


結果、予想以上でした。

ここ、力抜いて。
そのまま、ここ意識して。
声はここから抜けるの、イメージしてみて。
もっと拡げて。


足りない言葉でも、私が伝えたいことを彼の身体がどんどん理解していってくれて、すぐに私がイメージするところの彼の良い声が出るようになりました。

しかも曲が「Amazing Grace」なんだよ!またすごいところを突いてきたよね。


で、本番はいつ?どこ?
と聞いたら
新国立劇場だって言うんだものびっくりです。
「えええ!初歌いが新国立かよ!」
笑っちゃったよ。さすがだ、やす。

初めての歌唱指導
やすという素晴らしい相手のおかげで私にとっても特別な経験になりました。

ゲネ含め舞台での彼の歌を3回聴きましたが、どんどん変わっていきました。
ああ、人の歌は意識の向け方でこんな風に変わるんだ、こんな風に耳に届くんだ。
そこにチェロが一本入った時、また世界に色がついて空間が多方面にうごめくんだ。

そして、歌はもちろん作品の一部ではあったし、ダンサーが歌うというのはセンセーショナルだったけれども何よりやすとはなさんの動きの夢のような美しさよ、
この2人でしか絶対にできない運命的な動き。matofuの衣装がその動きをさらにドラマチックに見せて、
巻き込まれる観客の体内の興奮を感じました、
上演中からかかっていたブラボーの声は、上演後ももちろん場内にまた響きました。



ところで
日芸同期の皆様がもしこのブログを見ていたら、、この並びすごくない?最も変わらないのはダッチくんだよね。あまりに変わらなくてびっくり。
ダッチくんは新国立の音響さんです。
やす、ダッチ、私、みな日芸演劇同期。








私は新国立劇場が学生の頃から好きで、いつかここに出たくて卒業後はこの側に住む!と決めて幡ヶ谷に12年住みました。
結局いまんとこ一回も出られてないどころかとっくに役者じゃなくなってるしすでに幡ヶ谷にも住んでないんだけどさ、
まさかこんな形で新国立に今呼ばれるなんてね。

何が起こるか分かんないね。


はなさんとも3人で撮っちゃった(^ ^)







そしてね、来週はこれまた同期の田中麻衣子・演出「血の婚礼」が始まります。
すごいよー!すごい2週間だ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

新国立劇場2タイトル




近松DANCE弐題、新国立劇場でゲネを見せていただきました。
大学同期の“やす”こと島地保武と酒井はなさんの2人が創り企み表現する近松の楽しさスリル儚さに興奮。明日から本番です。
裏方で私ほんの少し関わってるので(ネタバレになったらいけないので詳しく言いませんが)本番も行くよ。
音響担当はこれまた同期のダッチ君でした(^-^)


そして



翌週はこれまた同期の演出家、田中麻衣子が演出する「血の婚礼」が新国立劇場で。


同期が2週続けて新国立で公演打つなんて!
その新国立付きのスタッフまでもが同期なんて、
こんな2週間、素晴らしすぎる、嬉しすぎる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

2015神戸ジャズストリートを終えて(取り急ぎっ)

いつものように後ほどゆっくりブログにしますが、
現在家のパソコン環境が整ってなかったり、これから写真をいただけたりして、やはり時間がかかると思うので。取り急ぎ。




今年も神戸ジャズストリートに出演することができてとても光栄です。
どうもありがとうございます。

実行委員の皆様、沢山のクルーの皆様、
共演して下さった国内外の素晴らしい音楽家の皆様、
そして何より北野坂を登ってきて下さったお客様方、
今年も本当にどうもありがとうございました。

実行委員、クルーの皆様におかれましては
本番後も後片付けや記録の整理や沢山の作業がまだまだ続くと思われます。
ほんとにご苦労様です。
ありがとうございます。



前夜祭含め3日間の間に沢山の人に出会い、再会をし、
たった3日とは思えぬ程の思いや経験をまたこの身体に詰め込むことができました。

ゆっくり解いて丹念に見つめる作業を始めたところです。





We will meet again
という曲で各ステージが最後を締めくくるようになったのは去年から。
実行委員の皆様の思いの深さが現れてるんだと思います。
(私はこの曲が大好きになり、去年初めて知ってから自分のライブでも歌うようになりました。)


“keep smiling through
just like you always do
till the blue sky drives the dark cloud far away”


“明るい青空が暗い雲を遠くに追いやってしまうまで
いつも君が見せてくれるみたいなあの笑顔でいて”


オランダはブレダジャズフェスティバルにて
最後の締め括りに出演者とお客様で合唱となるというこの曲は海外の人にとってはおそらく
戦地に向かう人との再会とか、とても意味深く大切に歌われてきた曲なのではと思います。

また会う日まで、笑顔でいようね

という歌詞に色んな思いがこもってるんだろうな。


曇り空でスタートした今年の神戸ジャズストリート、最後にはこんなに明るい青空が私達を見下ろしてくれていました。







私のスカートも青空だったんでしたよ。




また来年会えますように!

(そして詳細ブログはしばらくお待ちを!!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

2015神戸1日目速報(汗

足、大丈夫ですかと声を掛けて下さるお客様がいました。
ブログ読んで下さったのだろうか、本当に有難いです。ご心配ありがとうございます。
大丈夫みたいです。
ステージではヒール履けました!




(^-^)#kobejazzstreet


パレードはぺたんこ靴で!
明日も皆さんと北野坂を登ります!




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

右足靭帯、その後 (from神戸)

さて、リハーサルを終えてホテルの部屋に戻りました。


お楽しみはこれから
まもなく前夜祭が始まります。




私はいつものジャズソングに加え、Teddy Wilson楽団のナンバー「If I were you」を歌わせていただきます。




ところで、私の足首、右足靭帯のその後なのですが
大分調子が良いです。
もう片足を引きずることはなく、スニーカーやフラットシューズでがんがん歩いています。



ぺたん





「なんか、怪我してたんだって?」
と久しぶり会った方々に聞かれ、
そうだ私、、、、その後の報告をブログに載せてないのでは、、と気付き、あわてて載せる次第です。
スケジュール更新に活動復帰を任せた気になっていました!!!
ごめんなさい!!!!

7月にお休みをいただき、
休養、治療、リハビリに集中しました。
ゆっくりと回復しながら今に至ります。
まだヒールの靴は履けないでいるのですが、
この神戸から少しずつ「慣らしヒール」を始めようと思います。




様子を見ながら、ぺたんこだったりヒールだったりして歌おうと思います。




さっきコーヒーを買いに出ました。
山の麓に建つホテルを出て
この坂道真っ直ぐおりたらあっという間に海に出る、神戸、いいなあ。
あ、坂道だって全くわからない写真ですね、、、
坂道から見た空だねこれは。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸に向かってます

ご無沙汰しています。
この3ヶ月ブログ更新はスケジュールのみ、TwitterやFacebookなどのSNSからもすっかり遠のいていました。


「生きてるの、、、?」
とご心配をおかけしながらも
(ほんとうにごめんなさいm(_ _)m)
一方で脱SNSしているのはとてもラクでもあり、
脱SNS、真剣に考えちゃうよな、、、と思ったり。

7.8.9月、この3ヶ月は星間移動のようでした、
1ヶ月につき2年分くらいの分量がありました。身体が遅れて付いていく。
それがまだ続いています。


ということは6年3ヶ月ぶりくらいにブログ更新してることになるのか。。


あ!いま窓から海が見えました。熱海かな。

気付けば今、新神戸に向かう新幹線の中です。
夏から秋へ。
6年3ヶ月の間に。




6年3ヶ月の間にも歌っていました。

9月8日赤坂見附nidaiでのライブを動画に撮っていただいたデータをずっと持っていたのですが、
一昨日ふとアップしてみようという気になり、その操作をしていたらJAZZ UNIONのお客様に
「そういえば今日Facebookに千穗ちゃんの動画上がってたよ」
と言われびっくり。
何しろ脱SNSしてますから気付きもしませんでした。



今年3月に某中学校のラグビー部卒業パーティーでのサプライズで歌った「ノーサイド/松任谷由実」のライブ動画を、サプライズ企画者の茂木さんが再度アップしていたのです。


私も自分の動画をアップしようとしたそのタイミングで、
不思議なシンクロだねぇ、、、と思いながらアップ作業を続けました。

「A Thousand Miles」
http://youtu.be/ouCxRmKcloE

「Someone to watch over me」
http://youtu.be/Uu_LYjvkVRY

そして閉店前の遅い時間に店長・渚さんの譜面を借りていきなり歌ってみた「丸ノ内サディスティック」
ピアノ杉浦くんもぶっつけで弾いてくれました。

「丸ノ内サディスティック」
http://youtu.be/IJQP9XxPGIs


後半に行くにつれお客様がいるのも忘れ夢中に無責任に歌ってる動画なのですが、楽しんでいる感じが気に入っています。

撮影は諸田さん、ありがとうございます。




それにしても歌ってる間髪が邪魔だね、バセットハウンドとかアフガンハウンドみたい。


※参考画像バセットハウンド
(アフガンハウンドを検索したら確かに髪がウザいのですが、シュッとし過ぎてるので却下)

と、思ったので切りました。




今日から3日間、神戸ジャズストリートです。

会いたい人が沢山!

神戸についたらまず美味しいコーヒーを飲もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »