« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の10件の記事

2015年11月29日 (日)

平沢進 WORLD CELL 2015

平沢進LIVE
#worldcell2015
東京ドームシティホールに到着しました!




サロン始まって毎日がもうバタバタバタバタほんとに忙しいですが、
これは、外せない
というか外さずに済みました。
ここ数ヶ月全く情報を追えていなかった平沢進さんのライブに行けるのは
あっこのおかげですありがとう!


たぶんこれまでブログに書いたことがないとおもうのですが、2年前から平沢進さんのファンです。
生まれて初めて ファンクラブ というものに入りました。(しかし今年のバタバタに紛れて更新しそびれ現在会員資格失効中、、)

マックス・ラーベと平沢進さんは
私が大切にしている大きな光のその一つ。


行ってきます!


明日はサロンdeうたタネ♪です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

来週30日サロンdeうたタネ♪のゲストは浅葉裕文

サロンdeうたタネ♪
来週30日のゲストミュージシャンは若手最注目スウィングジャズギタリスト浅葉裕文


ギター片手に各国を旅しながらおそるべき短期間で彼が身につけたジャズのフィーリングはバーニー・ケッセルやチャーリー・クリスチャンなど現在若手では表現できる人の少ない、大胆さと繊細さを併せ持つ秋の陽の中にゆるりと舞う大きな枯葉のような色っぽいシブさ。





音色はこちらからどうぞ



クマ子はジャズシンガーのはずなのにサロン始まって以来あまりジャズ色なく、
来月の「月刊・上山実」の上山×熊田ワールドもはたしてどれだけジャズに寄るか謎なので30日は貴重な機会です(^-^)

#秋深まるジャズナイトをお見逃しなく
#レコードタイムもあります






#サロンdeうたタネ♪
11月2日より始まりました「サロンdeうたタネ♪」
私、熊田千穗と親友の小説家・中島桃果子が毎週月曜日夜の原宿に開く予約制の音楽サロンです🍷


Music Charge ¥2500
Open 20時 @Jazz union
(((o(*゚▽゚*)o)))
くわしくはtwitterにて随時発信してゆきます☆



サロンdeうたタネ♪ Twitter
サロンdeうたタネ♪ブログ始めました…クマ子と夫人が投稿します。

会場は原宿【JAZZ UNION】
ラフォーレからすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

サロンdeうたタネ♪23日のゲストは近郷画伯!

23日月曜日のサロンdeうたタネ♪
はこれまでうたタネにはチラシ装画や装花や写真撮影と多様な形で参加してくれていた近郷美穂が歌手・ピアノとして出演します。
実は彼女は10代で声楽を学んでいた人です。

美穂は大学からの友達。
徹底した美意識を持つ彼女は、ぼんやりふやふやといつでも雰囲気や気分で芝居していた私にとってはスキあらば怒られる恐い人でもありました。(それは今も変わらない。。)

歌なんて歌ったこともなかった私が初めて芝居の中で歌を歌う役に付いた時は、さすがに怒るよりは心配の方が大きかったらしく😓じっくり私を見つめていろんなアドバイスをしてくれた事は嬉しいありがたい思い出です。

今に至るまでずっと大好きな「矢野顕子」「はっぴいえんど」という偉大な音楽を私に教えてくれたのも彼女です。

リハ動画

中島が編集してくれたこの動画を見ても実際にそばで歌を聴いても、彼女がいま歌や芝居でなく写真や花を仕事にしていて、私が歌ってるのなんでなんだろとつくづく思いますが、巡りって面白い。
めぐりめぐって彼女が久しぶりに歌うタイミングに私が共演するという事が嬉しいです。

来週月曜23日祝日は、
近郷画伯とクマ子の
『ゴスペルナイト☆』

Open 20時 @Jazz union
(((o(*゚▽゚*)o)))
くわしくはtwitterにて随時発信してゆきます☆

☆twitter…https://twitter.com/salondeutatne
☆ブログ…http://salondeutatane.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

11月9日サロンdeうたタネ♪ Duwrite May

9日のサロンdeうたタネ♪、出演はお久しぶりのDuwrite Mayでした。


熊田千穗・増田信太郎のDuwrite May、
もう12年前になりますが西麻布のバーで演奏を始めた頃からのお客様、その後麻布十番インフォキュリアス時代のお客様やDuwrite Mayの活動を通して知り合った方など、長くお付き合いしてくださり見守ってくださる方々がいらっしゃることを
ほんとに、ほんとにありがたく思っています。

9日サロンはそんな方が久しぶりに集まった貴重な嬉しい夜になりました。
そんなに古くから聞いてくださっているということは、退屈な未亡人こと中島桃果子とも必ずどこかで会っているわけで(笑)
(西麻布、麻布十番の当時の各バーとか、HUBの客席とか、神楽坂テンカラーズとか、いろんな所で)











そうそう中島は私が西麻布で歌ってたころは西麻布近辺に、麻布十番で歌ってたころは麻布十番になぜか住んでいました。それも偶然なんだけどね、嬉しいよね。

私自身、信太郎くんと合わせるのが久しぶりで結構どぎまぎしましたが、、
信太郎くんはいまなんと舞台稽古の真っ最中。
ギタリストとしての劇伴奏ではなく、役者としてチェーホフのワーニャ叔父さんに出るというではないですか!テレーギン役でギターを弾くのですがもちろんセリフありほぼ出ずっぱり。
稽古場から楽器かかえて原宿に駆けつけてくれました。






役者かぶれのジャズギタリストの
ギターはジャニーニ
ブラジルの素晴らしいギター



それこそ西麻布、麻布十番時代の信太郎くんだったら絶対に考えられない役者デビューに(だって私がどんだけMCで話振ってもシカトしてたのに!)私だけでなくお客様がものすごく驚いていた事が、可笑しく嬉しく、、(^-^)
ライブ中もどんどんしゃべるしね。
「変わったねぇぇ〜」と何度も言われてましたね(笑)

ライブしながらそんな会話をみんなでできる空間というのは本当に初めてで、
レセプションでもそれは思ったのですが
今回のDuwrite Mayのように長くやっているユニットを持ち込んだ場合サロンの良さがさらにわかるなあと思いました。




西麻布時代からのお客様は実はピアノもギターも弾いて歌も歌えちゃうんですが(atarashiという名前で時々ライブもしてます)信太郎くんギターをかりて飛び入りしてもらったり、
そして「千穗さんこのベースにサインして欲しい」と突然ベースを抱えて登場した遠藤さんにも半ば無理やり演奏してもらったり(ごめんね、でもとても楽しかった、ありがとうね)、普通のライブでは絶対出来ない事ばかり。みんなでお酒を飲みながら。








今回の出演者は

お金持ちの退屈な未亡人、、モカティーナ・モカコ
クマ子、、熊田千穗
役者かぶれのジャズギタリスト、、増田信太郎



そして、翌週16日月曜はですね、
ツイッター、Facebookなどでお知らせしていたのですが
未亡人が大切な人の一周忌のため館におらず
(それが亡き夫かどうかは謎)
慣れないクマ子ひとりにサロンを任せるのは、 さすがにどれだけ退屈していても不安ということでサロンはお休みでした。

何時も通りにJAZZ UNIONの1日店長熊田が
ジャズ喫茶JAZZ UNIONを営業しておりました。





※皆様、私は毎週月曜・水曜とJAZZ UNIONの1日店長をしてます。月曜もサロンが始まるまで13〜18時は喫茶店としてオープンしてますのでそちらもぜひ遊びに来てくださいね〜



さてさて次回11月23日(祝)のサロンguestはなんと、うたタネではお馴染み、
毎回チラシ装画を描いてくれていた近郷画伯!!!(((o(*゚▽゚*)o)))
クマ子と画伯の「ゴスペルナイト☆」をお送りします!!
OPEN/20時より




ご来場希望のお客様は

moccatina+salondeutatane@gmail.com

あるいは私までご連絡ください。
ブログコメントやツイッターやフェイスブックからでもどうぞ(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

新宿トラッドジャズフェスティバル2015

いろいろあってもやっぱりジャズは楽しいと思う。




いろいろあってもやっぱりジャズは楽しいと思う。
ほんとに。





今年も新宿トラッドジャズフェスティバル、
どうもありがとうございます。
雲が開いて遠くへ流れ、青く晴れた2日目のステージ。



スタッフの皆さま、本当にありがとうございます。
そして、遠くからもお出かけくださるお客様にも
今年も本当にありがとうございます。



朝イチ(12時)のステージ、客席に登場した瀬川昌久先生はお変わりないどころか以前よりもお元気そうで、「熊田千穗さんを聴きに来ました」と本部に直接いらしたのを実行委員が慌てて会場までご案内されたそうです。
後で委員の方にその事を聞いて私は崩れそうでした。
崩れたよ。


瀬川先生、どうもありがとうございます。


崩れている場合ではない。
(すくっ)←立ち上がる音

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

明日はサロンdeうたタネ♪

一週間のなんと早いことか!
サロンオープンからこっち打ち合わせしたりツイッターアカウント作ったりサロン用のピアノをお借りして搬入したり先々のサロンミュージシャンへの打診などしてるうちにもう明日はサロンdeうたタネ♪の日です。



アカウントは @salondeutatne です。
(私のミスでutatneになってるの、、aが一個抜けてるの、、要注意して検索してみてください)

明日のゲストは増田信太郎guitar、今月舞台役者デビューもしちゃう彼が稽古場から駆け付けてくれます。
ぜひお出掛けください、お待ち致しております!

サロンdeうたタネ♪

☆日時:11月9日(月) 20時より(ライブは21時から)
☆Music charge : ¥2500/ Welcome drink付

☆原宿JAZZ UNION
http://www.odm.co.jp/jazzunion/
ラフォーレからすぐです。

CAST
クマ子、、熊田千穗
退屈な未亡人、、モカティーナ・モカコ

GUEST
役者かぶれのジャズギタリスト、、増田信太郎






なつかしのDuwrite Mayの写真、場所はインフォキュリアスです!
じつはこれを撮ったのは


夫人こと中島だったりします。

全部つながっとるねえ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

エッフェル塔、うんエッフェル塔。

やっと、エッフェル塔を手に入れました。



ずっとエッフェル塔の置物が欲しかったのです。

エッフェル塔の置物は
たとえ同じ物が日本で買えたとしても
たとえ中国製であったとしても
フランスに行った人が買ったフランス土産でなくてはならない。
たとえフランス中で売っていたとしても
できればパリで買ってきて欲しい。


と、思っていて
数年前に中島もかこのパリ旅行中に
ふと思い出し
「あ!!もし間に合ったらエッフェル塔の置物を買ってきて、よくあるお土産の小さいやつでいいの!」
とメールしたのだけど、
その時は確かもう次の国に移動してたかなにかで
タイミングが合わなかったのでした。


なんでこんなに欲しいのか
理由はまるでわからないのですが。



歌をいつも聞いてくださるKさんが
奥様とフランス旅行に行くと聞いた途端に
「エッフェル塔の置物買ってきてくれませんか!?」
とお願いしていました。
「エ、エッフェル塔?」
と驚かれたけれど
お願いした通りの物を買ってきてくださった。


本当にどうもありがとうございます。
そしてお帰りなさい(^-^)/




いま譜面の前に、東京タワーとともに並べた所です。
クリームグリーンの小鳥は、以前さとみに貰った子。
アイスクリームちゃんといいます。



はい、深夜の不思議ちゃんブログでした。
お風呂入ってこようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

サロンdeうたタネ♪始まりました、レセプションの様子と来週のお知らせ!

中島桃果子(小説家)扮する“ お金持ちで退屈な未亡人”と私扮する“クマ子”が登場人物となり毎週月曜日夜に原宿のジャズ喫茶JAZZ UNIONをお借りして開くサロン、「サロンdeうたタネ♪」
2日のレセプションにお越しいただきました皆様に心から感謝いたします!

予約制を取っているのは10名程しか入れない場所だから。
とはいえ毎週やっていくうちにはお客様1人しかいない!なんて日だってある可能性はいくらでもあるわけで、昨日また中島と打ち合わせをしましたが、すでに2月のテーマまでを考えミュージシャンへの打診や準備などやること沢山。
毎週ってすごいことです。

それでも、楽しい場所に育てていけそうな予感に満ちた第1回目のサロンdeうたタネでした。

















中島と私のまわりの沢山の人達の協力を得て
それぞれの持っている知恵や力を借りて
始めることのできたサロンです。


今回の出演者は


クマ子、、熊田千穗
お金持ちの退屈な未亡人、、モカティーナ・モカコ
サーカスで拾ったピアノ弾き、、杉浦秀明
未亡人の館のコック、、もろちゃん
モーンテンバリュー伯爵、、オーナー先生


さてそして早速来週9日月曜日のお知らせ!
1週間て速い!

9日のサロンdeうたタネ♪、ミュージシャンは最近舞台役者デビューも決まったギタリスト増田信太郎。
という訳で久々のDuwrite Mayです。
当日は芝居の稽古場からギターを持って信太郎くんが駆けつけてくれます。
場所はもちろん原宿JAZZ UNION
http://www.odm.co.jp/jazzunion/
オープン20時
ライブは21時ころからのスタートです。
MC2500円

ご予約は kiraboshi12@gmail.com
までよろしくお願い致します。


さて2回目、どんな夜になるかなー!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

11月12月スケジュール☆

サロンdeうたタネ レセプション @原宿JAZZ UNION
昨晩無事幕を開けることができました!
どうもありがとうございました。
サロンスケジュールにつきましては、少々お待ちください。
来週9日月曜ももちろん開催します。(この日はライブなしサロン)

■2015年11月2日(月)
サロンdeうたタネ レセプション @原宿JAZZ UNION


初回キャストはこんな感じでした

クマ子・・熊田千穗
サーカスで拾ったピアノ弾き・・杉浦秀明
退屈な未亡人・・モカティーナ・モカコ
未亡人の館のコック・・もろちゃん

■2015年11月6日(金)赤坂見附nidai

熊田千vocal
綾子vocal
伊藤充志piano
20:00スタート~4回ステージ程。
チャージ2,000円

nidai/facebookページ 

■2015年11月10日(火)赤坂見附nidai

熊田千vocal
杉浦秀明piano
あだっちpiano

スタート~4回ステージ程。
チャージ2,000円

nidai/facebookページ 

■2015年11月15(日)新宿トラッドジャズフェスティバル
12:00~12:40 G's Bar
熊田千穗vocal
上山実piano
加藤人bass
益田英生clarinet


■2015年11月17日(火)赤坂見附nidai

熊田千vocal
杉浦秀明piano
ありなpiano

スタート~4回ステージ程。
チャージ2,000円

nidai/facebookページ 


■2015年11月27日(金)赤坂見附nidai

熊田千穗vocal
伊藤充志piano
ありなpiano

スタート~4回ステージ程。
チャージ2,000円

nidai/facebookページ 

■2015年12月4日(金)国分寺 パーティ演奏
■2015年12月6日(日)阿佐ヶ谷マンハッタン

熊田千穂(vo) 玉木勝(bs)後藤沙紀(pf) 鈴木郁(ds)
20:00~(2set) Charge:¥2,800-(1drink付)

■2015年12月12日(土)新潟・八海山泉ヴィレッジ

今年も八海山に行ってきます

■2015年12月24日(木)神楽坂10’colors
うたタネ クリスマスナイト(仮タイトル)
 クリスマスイヴはテンカラでうたタネライヴします。
いつもの女主人が今夜は一人で開けるバーになりそう、
てなわけでみなさんディナーは済ませてからお出かけください。
(いつも食べて!食べて!注文して!って言ってるのにゴメンナサイ、、)

cast
クマ子・・熊田千穗vocal
ピアノ弾き・・上山実piano
女主人・・モカティーナ・モカコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

「ヤッシーナイト2」矢柴俊博ひとり芝居4本立て

矢柴俊博さんの1人芝居を
早稲田小劇場どらま館で唐突に観てきました。



なぜ唐突に行ったかというと、人に頼まれたからです。
「10年振りくらいに公演案内が来たんだけど自分行けないから、代わりに観てきてくれない?」


「矢柴? だ、誰、、?」


「CAB DRIVERだよ」


「!!!!!!
マジか!まだ芝居してんのあの人!?」


という訳で。





CAB DRIVERとは早稲田の学生がやっていた小さな劇団。
18歳の時、松田正隆さんの「海と日傘」という戯曲にハマりまくった私は(「上海バンスキング」と「海と日傘」は私の二大ハマり戯曲)、その演目をやってればどこの劇団でも観に行ってたのです。

もちろん、中島を引っ張り
もう1人、さなえという同期の仲間も引っ張って3人であらゆる劇団の上演する「海と日傘」を観まくってました。
(父と母へ、いただいた仕送りはそうやって芝居のチケットにどんどん消えていきました。本当にありがとうございます。)

とてもいい戯曲で、ベテラン劇団から新劇団まで色んな所が取り上げていたし、私も目を皿のようにして折り込みチラシから公演情報を拾っていたのでCAB DRIVERの薄いチラシもすぐ見つけました。

でも私は、実はCAB DRIVERだけは期待してなかった、というかかなりナメてたのです。
「学生劇団、しかも早稲田(私もなんとなく早稲田の劇団をバカにしていた日芸生でしたのです)の劇団にあの大人の戯曲は深すぎるんじゃなーいのー?」
しかし、だからこそどんな風に取り組むのか絶対見届けねばならぬ。
「海と日傘」をこんなに愛している私としては。


だからあの日私は初めて早稲田に行ったのです。
めちゃくちゃせまーい箱で日傘も情緒もクソもないくらいぎゅうぎゅう詰めで観たその舞台には、それまで観たどの「海と日傘」とも違う切なさと奥行きがありました。


特に、主演の役者さんが素晴らしかった。
今思い返しても彼の「間」があの劇団の「海と日傘」の全てだったと思います。
とても地味な印象の役者さんなのに、目が離せなかった。


最前列で大号泣したっけ(笑)
で、すごい勢いでアンケートに感想を書いてその主演の役者さんを絶賛してきたんだけど。
「名前、間違ってたわ、、、」
別の役を演じてた役者さんの名前と勘違いしたまま感想を書いたと気付いたのは帰ってから。
あんなに褒めちぎった感想で、間違われた役者さんをぬか喜びさせたのは大きな罪だったし、私が心から感動したことは伝えられなかったなとあの日の事は今だに悔やんで思い出すのです。
矢柴俊博さん、あなたの芝居は本当に素敵で直子への思いが最初から最後まで通っていて心臓がドキドキしました。


〜〜〜はい、ここまでが前置き〜〜〜


あの矢柴俊博さんがまだ芝居してるなんて私は全然知らなかった。
しかも、今や脇役ファンタジスタとして超売れっ子!大作に出まくってると言うではないですか!
(しょっ中目にするくらいテレビに出てるのに全く気付いてなかったのですごめんなさい!!)




今や映像の人となった矢柴さんが1人芝居で早稲田に帰ってくるという企画の報せが巡り巡ってやってきたのです。
まったくねえ。
不思議だよねえ。


18年振りに観た矢柴俊博さん。
1人芝居を観たのも、芝居を観てあんなに笑ったのも本当に久しぶりです。
CAB DRIVERを主催し続けた後、映像の世界に入った矢柴さん。
あの独特すぎる地味さ、芯から芝居を愛する心が透けて見える身体、何も変わっていませんでした。
芝居だけがスケールアップしていて、そして学生時代より身軽になっていて、うまいなあうまいなあ、芝居うまいなあ、何度もそう思いました。


「海と日傘」はおそらくCAB DRIVERのかなり初期の公演だったと思うのです。
あの頃からずっと芝居し続けてるんだなあ。
4本立ての1人芝居、各戯曲を書き下ろしたのはビッグネームな作家さんばかりでした。
客席もおそらく業界関係者が殆ど。
この小劇場に。すごいことです。


全作面白かったけど、
山崎 貴さん作の「蔵の中」を私は特別に感じました。
そしてジュウノメ作の「ザ・ワールド・オブ・マイン」は文句無しのハッピー作品、矢柴さんが超絶幸せを観せてくれました。


折り込みチラシの中に大学の先輩の名前をいくつか見つけたりして。
それは役者としてだったり、制作者としてだったり。
皆がそれぞれの姿勢でやり方で、今も表現に関わりながら、今を生きる自分を表現しているのだとわかり、
私は心から強い気持ちになり
おっきなエネルギーをもらい
すごく幸せになりました。




「巻き物の先には光が書いてあるって私も思っています」

これは芝居を観ての私の心のセリフ(笑)


ありがとう、りょうさん
あなたが私に与えたのは「任務」だと思ってたから
「オッケー、遂行したげる」くらいの感じでいたけど、ほんと浅はかだったね。
あなたが与えてくれたのは「希望の光」とでも言えるものだったよ。


さて、明日は私が表現する番
「サロン de うたタネ♩」へ
どうぞお越しくださいね。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »